該当の出発地をお選びください

現在、出発地の対象エリアは
関東版<東京23区>で設定されております。ご出発地を変更する場合は、 該当の地域をプルダウンより選択してください。

閉じる

インターネット会員 ログイン

はじめての方はこちら

閉じる

会員メニュー いつもご利用ありがとうございます。

閉じる

高山祭ツアー特集 高山祭ツアー特集

高山祭とは

高山祭とは、日枝神社の春の「山王祭(さんのうまつり(4月14・15日開催))」と桜山八幡宮の秋の「八幡祭(はちまんまつり(10月9・10日開催))」の二つの祭をさす総称で、16世紀後半から17世紀の発祥とされています。日本三大美祭の1つです。
巧みな人形の動きを披露するからくり奉納や仕掛けが施された戻し車など、素晴らしい屋台芸術を見ることが出来ます。絢爛豪華な12台の屋台が飛騨高山の街を華麗に彩ります。

秋の高山祭の様子

祭りを楽しむ際の注意事項

  • 祭り会場周辺(特に屋台のからくり奉納の周辺)は大変混雑します。スリなども発生していますので、手荷物の管理には十分ご注意ください。
  • 夜は寒くなりますので、防寒対策をしっかり行なってください。
  • 夜のお祭は特に暗いので、側溝に落ちないように注意してお歩きください。側溝には“ふた”がない所があります。

春の高山祭「山王祭」(4月14・15日開催)

長い冬が終わり、高山に春の訪れを実感させてくれる「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社(山王様)の例祭です。毎年4月14日・15日に祭の舞台となる安川通りの南側・上町には、「山王祭」の屋台組の宝である屋台12台が登場します。うち3台がからくり奉納を行うほか、祭行事では賑やかな伝統芸能も繰り広げられます。また、祭と桜の開花が重なると、更に美しい景色を見ることができます。

秋の高山祭「八幡祭」(10月9・10日開催)

高山の秋の終わりを感じ、また秋の実りの感謝を実感できる「八幡祭」は、旧高山城下町北半分の氏神様である桜山八幡宮の例祭です。
毎年10月9日・10日になると、安川通りの北側・下町に「八幡祭」だけの11台の屋台が登場します。屋台が町を巡る曳き廻しや布袋台のからくり奉納などの伝統的な祭行事を楽しむことができます。

▲高山祭について 高山祭旅行・ツアーの先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員