東京スカイツリー®ツアー・旅行 東京スカイツリー®ツアー・旅行

東京スカイツリー®と東京スカイツリータウン®はこんなところ!

東京スカイツリー®

POINT1 東京スカイツリーのこと教えて!

2003年に在京放送事業社6社が地上デジタル放送に向け新しい電波塔を求めたことがきっかけで建設計画がきまった電波塔です。東京都心部で立ち並ぶ200m級の超高層ビル群による影響を受けにくくすることなどを目的に、08年7月に工事着工しました。新しい地上デジタル放送・通信時代の中核として、また災害時の情報拠点としての機能が期待されております。

POINT2 スペシャルビューが楽しめるのは2つの展望台!

地上から350mにある『東京スカイツリー天望デッキ』は、5mを超える大型のガラスを360度に配置し、東京を見下ろす大パノラマが広がります!さらに100m上ったところにある、地上450mの『東京スカイツリー天望回廊』では、まるで空中を散歩しているような感覚を味わえる天望回廊があり、関東をさらに見渡すことができます。

POINT3 夜のライティングは2パターン

照明コンサルタントの戸垣浩人氏が手がけたライティングデザインで、「雅(みやび)」は日本の美意識を現す江戸紫を仕様。「粋(いき)」は日本の江戸の心意気を現している。オールLED照明で省エネも意識しており、2種類のライティングは日替わりで点灯されます。

POINT4 東京スカイツリータウンへ行こう!

東京スカイツリーの足元に広がる東京スカイツリータウン。東西長さ約400mにおよぶ東京スカイツリータウンは、タワーを中心にショップやレストランが集まる東京ソラマチや水族館、プラネタリウム、オフィスタワーで構成されています。

武蔵 最上部の高さは634m! むさしと覚えよう!東京スカイツリー天望回廊(450m)ガラス張りの空間が広がる天望回廊で散歩を楽しもう! 東京スカイツリー天望デッキ(350m)360度東京を見下ろす大パノラマが広がります! 東京スカイツリータウンは東京スカイツリーを含む大型複合施設です。

アクセス

東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅
東武スカイツリーライン・京成押上線・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線
押上(スカイツリー前)駅

東京スカイツリータウン®

東京ソラマチ®

イメージ

イメージ

東京スカイツリーの足元に広がる「東京ソラマチ」は、「新・下町流」をコンセプトとして、新しい下町を世界に発信していく商業施設で、ファッションや雑貨、グロッサリー、スイーツ、レストランなど専門店を中心とした都内最大級の300を超える店舗で構成します。

新業態や都内初、商業施設(SC)初出店もあり、ここでしか買えない東京ソラマチ限定商品を取り揃える店舗も出店するなど、オリジナリティあふれるバラエティ豊かな店舗構成となっています。

東京ソラマチに行くツアーの検索はこちら

すみだ水族館

イメージ

東京スカイツリータウンウエストヤードの5階と6階の2層からなる『すみだ水族館』。上下フロアのつながりは、複数のルートから成り、それぞれに楽しみ方が異なります。決められた順路は無く、何度も行き来し、心行くまで水族館内を回遊し、さまざまな角度や視点で水槽を鑑賞することができます。又、小笠原の海を再現した「東京大水槽」やペンギン・オットセイを間近で見れる室内開放プール型水槽など見どころがたくさん。

都市にいながら「いきもののいのち」とそれをはぐくむ「水」を体感していただけます。

(画像提供:すみだ水族館)

コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン

イメージ

イーストヤード7Fの「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン」は、最先端の技術と設備を導入したプラネタリウムです。映像が正面に見えるなだらかな傾斜型ドームは、より映像の世界へ入り込んだ感覚を体感いただけます。座席は宇宙空間に漂うような浮遊感を味わえるよう、こだわりぬいたつくりとなっています。

日常を離れた幻想的な空間で、星空の感動をご体験ください。

(画像提供:コニカミノルタプラネタリウム株式会社)

アクセス

東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅
東武スカイツリーライン・京成押上線・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線
押上(スカイツリー前)駅

▲東京スカイツリー®はこんなところの先頭へ

決定