白神山地ツアー(旅行)特集 白神山地ツアー(旅行)特集

白神山地2大みどころ

暗門の滝エリア(青森県)

イメージ

暗門の滝

白神山地で最も有名な名勝のひとつがこの暗門の滝。3つの滝から構成されており、典型的なV字谷地形から流れ落ちる滝付近一帯は、けわしい岩壁に囲まれ、ブナや松などの老樹が生い茂っています。
白神山地を象徴する人気スポットです。

アクアグリーンビレッジ ANMONセンターハウスから
往復約2〜2.5時間

イメージ

ブナ林散策道

「暗門の滝歩道入口」の手前を左に上がると「ブナ林散策道」に続きます。ブナ林を1時間ほどで気軽に散策できるコースです。落ち葉で出てきた腐葉土が重なっているので道はふかふか。タイミングによってはめずらしい動物達に出逢えるかもしれません。

暗門の滝エリアへ行くツアーを探す

暗門の滝エリアへ『バス』で行くツアー

暗門の滝エリアへ『列車・飛行機』で行くツアー

暗門の滝エリアトレッキングマップ

イメージ

十二湖・青池エリア(青森県)

イメージ

十二湖・青池

十二湖は白神山地の西側に位置し、江戸時代に起きた大地震によって沢がせき止められ、地盤が陥没して33個の湖や沼が形成されたといわれています。しかしながら小さい池は森の中に隠れてしまい、大きな池だけが12個見えたことから「十二湖」といわれるようになりました。その中でも青いインクを流したような色といわれる「青池」が有名です。

十二湖・青池エリアへ行くツアーを探す

十二湖・青池エリアへ『バス』で行くツアー

十二湖・青池エリアへ『列車・飛行機』で行くツアー

十二湖・青池エリアトレッキングマップ

イメージ

白神山地その他のみどころのご紹介

マザーツリー(青森県)

イメージ

通称「白神ライン」と呼ばれる道の途中にある津軽峠。この津軽峠にそびえるブナの巨木が「マザーツリー」と呼ばれています。推定樹齢が400年、木の高さ約30メートル、幹回り約465センチ、という巨木であり、すべてを包みこむ「森の母」として、白神の地を見守っています。マザーツリーのその太い幹に手を触れて、樹齢400年の巨木からパワーをもらいましょう。

岳岱(秋田県)

イメージ

標高620メートルの秋田県藤里町にあるブナの天然林です。正式名称は「岳岱自然観察教育林」で、平成4年に自然観察教育林として指定されました。ベンチもあり、一部車椅子でも利用可能なウッドチップの歩道も整備されていることから、とても歩きやすくなっています。青森白神の暗門の滝などにくらべると、訪れる人も少なく、のんびりと散策を楽しむことができます。

くろくまの滝(青森県)

イメージ

水の落ちる様子が「熊の立つ姿」のように見えることから名づけられた、落差85メートル・幅15メートルにも及ぶ「日本の滝百選」のひとつ。轟音と共に流れ落ちる名瀑は県内屈指の迫力です。

ミニ白神(青森県)

イメージ

ミニ白神は世界遺産地域の約20キロメートル北にあり、広さはおよそ52ヘクタール。人の手が加えられていない自然のままのブナ林の中には、樹齢約200年を超えるブナも多く見受けられます。

▲白神山地の見どころからツアーを探すの先頭へ

決定