三陸ツアー・旅行 三陸ツアー・旅行

三陸の食・名産・お土産情報

ウニ

イメージ

(イメージ)

三陸は、国内でも珍しいリアス式海岸があり潮の流れが活発。親潮と黒潮が混じるため様々な海の栄養分が常に供給されている。恵まれた環境に育まれたウニは他の産地と一線を画す美味しさ。

カキ

イメージ

(イメージ)

栄養豊富な三陸の海と、牡蠣が旬を迎える秋から春にかけて、夜明け前から職人が手作業により丁寧に育てられる。ぷりっと太って旨みが凝縮。豊熟した三陸産の牡蠣ならではの濃厚な甘みを楽しみたい。

フカヒレ

イメージ

(イメージ)

中国料理の高級食材として有名なフカヒレですが、元々はマグロ延縄漁業の際に釣れたサメからとられたのが始まりと言われてる。日本は世界でも有数のフカヒレ生産国と言われているが、その中でも気仙沼産のものに関しては加工技術に優れているため高級品として扱われている。

アワビ

イメージ

(イメージ)

三陸の海は親潮と黒潮がぶつかり、また海岸沿いには山や森林がひろがっており、栄養が豊富。その豊かな海藻類を食べて育つ三陸のアワビは、旨味・甘味がたっぷり。また三陸のリアス式海岸は潮の流れもよく、北の冷たい水の中で育ったアワビは身の締まりも良く絶品。コリコリとした食感と味わい深い甘みが最高の逸品。

いちご煮

イメージ

(イメージ)

青森県八戸市とその周辺の三陸海岸の伝統的な料理で、ウニとアワビの吸物である。赤みが強いウニの卵巣の塊が、野イチゴの果実のように見えることからこの名がついた。海の旨みが詰まった贅沢な一品。

まめぶ汁

イメージ

(イメージ)

久慈や九戸郡で食されている郷土料理である。クルミや黒砂糖を包んだ団子を、野菜などと共に出汁で煮込んだ料理である。まめぶとは、中に入っているクルミ入りの団子を指す。

かもめの玉子

イメージ

(イメージ)

さいとう製菓が製造している岩手県大船渡市の郷土菓子。白餡を薄いカステラ生地で包んで焼き上げ、全体をホワイトチョコレートでコーティングした卵型の菓子である。季節により限定の味が発売されるので年間を通して楽しみたい。

岩泉ヨーグルト

イメージ

(イメージ)

岩手県岩泉町は、1,000m級の山々に囲まれ、豊かな緑を蓄えた山林が町の面積の93%を占めている。広大な自然の中で育った牛の、美味しい牛乳で製造されている「岩泉ヨーグルト」。原料になる生乳を生み出す牛を丹念に育てて、澄んだ綺麗な水を使って作られた岩泉ヨーグルトは、ワンランク上の美味しさを出している。新鮮でコクのある味わい、まろやかな口触りはここにしかないおいしさ。ぜひ一度体験してみてはいかが。

琥珀

イメージ

(イメージ)

藩政時代、琥珀細工師を20人も抱えていたという久慈市は、日本一の琥珀産地。琥珀のように植物に属する宝石は極めて珍しいもの。そのため、生成の過程で古代の昆虫、花などが自然に入りこんだ石もあり、これは、大変希少性を持ち、学術的にも価値がある。宝飾品としても人気が高く、250色もあるといわれる多彩な色の琥珀を丹念に磨き上げ、ネックレスや時計などに仕上げられる。

▲三陸ツアー・旅行 三陸のグルメ・名産情報の先頭へ

決定