見附島(みつけじま)

画像提供:石川県観光連盟

能登のシンボルとしてポスターなどでもよく見られる名所。島の形が軍艦に似ているところから別名「軍艦島」とも呼ばれる、高さ28mの奇岩です。
見附島から昇る朝日は大変美しく、一度は見ていただきたい絶景です。

能登のシンボルとしてポスターなどでもよく見られる名所。島の形が軍艦に似ているところから別名「軍艦島」とも呼ばれる、高さ28mの奇岩です。
見附島から昇る朝日は大変美しく、一度は見ていただきたい絶景です。

ツアーの検索はこちら

禄剛崎灯台(ろっこうざきとうだい)

能登半島最先端に位置する「禄剛崎灯台」。日の出と落ち日の両方が見られることでも知られる白亜の灯台です。
無人の灯台であるため、内部の見学はできませんが、年に数回一般公開があります。奥能登に来たならぜひ「日本の灯台50選」にも選ばれている美しい灯台へお出かけください。

能登半島最先端に位置する「禄剛崎灯台」。日の出と落ち日の両方が見られることでも知られる白亜の灯台です。
無人の灯台であるため、内部の見学はできませんが、年に数回一般公開があります。奥能登に来たならぜひ「日本の灯台50選」にも選ばれている美しい灯台へお出かけください。

ツアーの検索はこちら

白米の千枚田(しらよねのせんまいだ)

イメージ

小さな田が幾何学模様を描いて海岸まで続いている「白米の千枚田」。
田の枚数は国指定部分で1004枚もあり、「世界農業遺産」にも登録されています。

小さな田が幾何学模様を描いて海岸まで続いている「白米の千枚田」。
田の枚数は国指定部分で1004枚もあり、「世界農業遺産」にも登録されています。

ツアーの検索はこちら

輪島(わじま)の朝市

イメージ

千年の歴史を誇る「輪島の朝市」は、日本三大朝市のひとつとしても有名です。値段は交渉次第、買う人も売る人もこれが楽しみのひとつです。
そして、買う人も女、売る人も女、と呼ばれる能登の名物をお楽しみください。営業時間:朝8時頃〜正午頃
定休日:正月三が日と毎月第2・第4水曜日

千年の歴史を誇る「輪島の朝市」は、日本三大朝市のひとつとしても有名です。値段は交渉次第、買う人も売る人もこれが楽しみのひとつです。
そして、買う人も女、売る人も女、と呼ばれる能登の名物をお楽しみください。営業時間:朝8時頃〜正午頃
定休日:正月三が日と毎月第2・第4水曜日

ツアーの検索はこちら

能登金剛・巌門(のとこんごう・がんもん)

イメージ

長い年月をかけて作りだした貫通洞門は、幅6メートル、高さ15メートル、奥行き60メートルにもなる石川県を代表する景勝地です。日本海の荒波によって浸食された迫力のある海岸線が朝鮮半島有数の景勝地「金剛山」に匹敵する見事な景観であることから「能登金剛」の名がつけられました。

長い年月をかけて作りだした貫通洞門は、幅6メートル、高さ15メートル、奥行き60メートルにもなる石川県を代表する景勝地です。日本海の荒波によって浸食された迫力のある海岸線が朝鮮半島有数の景勝地「金剛山」に匹敵する見事な景観であることから「能登金剛」の名がつけられました。

ツアーの検索はこちら

千里浜なぎさドライブウェイ

イメージ

千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイは、日本で唯一の車で砂浜を走れる全長は約8kmのドライブウェイ。夏は海水浴客でにぎわいます。
この海岸の特徴は「砂のきめ細かさ」にあります。一粒一粒の砂が海水を含んで引き締まり、固まっているため、大型観光バスでも自転車やバイクでも自由に走行することができます。

千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイは、日本で唯一の車で砂浜を走れる全長は約8kmのドライブウェイ。夏は海水浴客でにぎわいます。
この海岸の特徴は「砂のきめ細かさ」にあります。一粒一粒の砂が海水を含んで引き締まり、固まっているため、大型観光バスでも自転車やバイクでも自由に走行することができます。

ツアーの検索はこちら

のと鉄道

イメージ

のどかな里山と静かな海沿いを進む、全8駅の能登半島唯一のローカル線。
「能登さくら駅」と呼ばれる能登鹿島駅は、春にはホームが“桜のトンネル”になり、春は多くのお花見客でにぎわいます。

のどかな里山と静かな海沿いを進む、全8駅の能登半島唯一のローカル線。
「能登さくら駅」と呼ばれる能登鹿島駅は、春にはホームが“桜のトンネル”になり、春は多くのお花見客でにぎわいます。

ツアーの検索はこちら

聖域の岬(せいいきのみさき)

イメージ

能登半島は、独特な地層構造を持っているため、自然界のパワーが集まる場所とされ『日本三大パワースポット』の1つと言われています。
空中に浮いているような「空中展望台」から、大きなパワーを感じてみませんか。

能登半島は、独特な地層構造を持っているため、自然界のパワーが集まる場所とされ『日本三大パワースポット』の1つと言われています。
空中に浮いているような「空中展望台」から、大きなパワーを感じてみませんか。

ツアーの検索はこちら

総持寺祖院(そうじじそいん)

イメージ

現在横浜にある「總持寺」の別院として知られる古刹です。
福井県にある永平寺と共に「曹洞宗大本山」として栄え、広い寺内には、山門、経蔵、仏殿、法堂(はっとう)、僧堂、などが建ち並び、禅寺らしい静かで落ち着いた時間が流れています。

現在横浜にある「總持寺」の別院として知られる古刹です。
福井県にある永平寺と共に「曹洞宗大本山」として栄え、広い寺内には、山門、経蔵、仏殿、法堂(はっとう)、僧堂、などが建ち並び、禅寺らしい静かで落ち着いた時間が流れています。

ツアーの検索はこちら

気多大社(けたたいしゃ)

イメージ

能登国一宮、そして名前の通り「多くの気が集まる神社」として知られており、近年では「縁結びの神様」としても人気があります。
本殿を含め国の重要文化財に指定されている棟も多く、境内裏には立ち入ることのできない「入らずの森」が広がります。

能登国一宮、そして名前の通り「多くの気が集まる神社」として知られており、近年では「縁結びの神様」としても人気があります。
本殿を含め国の重要文化財に指定されている棟も多く、境内裏には立ち入ることのできない「入らずの森」が広がります。

ツアーの検索はこちら

上時国家(かみときくにけ)・下時国家(しもときくにけ)

イメージ

上時国家・下時国家は、壇ノ浦の戦いで敗れた平家一門の武将・平大納言時忠の末裔と呼ばれる時国家の邸宅で、約800年の歴史を誇る北陸地方最大級の国指定重要文化財の建物です。総欅の玄関や書院造りの大納言の間など、当時の豪農の生活が垣間見られる貴重な建物です。

上時国家・下時国家は、壇ノ浦の戦いで敗れた平家一門の武将・平大納言時忠の末裔と呼ばれる時国家の邸宅で、約800年の歴史を誇る北陸地方最大級の国指定重要文化財の建物です。総欅の玄関や書院造りの大納言の間など、当時の豪農の生活が垣間見られる貴重な建物です。

ツアーの検索はこちら

ヤセの断崖

イメージ

断崖絶壁が続く海岸線の一部で、海面からの高さが35メートルもあり、断崖の上に立って、身を乗り出して崖下を覗くと身が「やせる」思いがすることから「ヤセ」の名がついたと言われています。
松本清張の小説『ゼロの焦点』の舞台として多くの人に知られることとなりました。

断崖絶壁が続く海岸線の一部で、海面からの高さが35メートルもあり、断崖の上に立って、身を乗り出して崖下を覗くと身が「やせる」思いがすることから「ヤセ」の名がついたと言われています。
松本清張の小説『ゼロの焦点』の舞台として多くの人に知られることとなりました。

ツアーの検索はこちら

能登島

イメージ

七尾湾に浮かぶ島で、のとじま水族館、ガラス美術館、海水浴場などの人気スポットがあります。
昭和57年4月に能登島大橋が開通したことにより、観光客が多く訪れるようになりました。

七尾湾に浮かぶ島で、のとじま水族館、ガラス美術館、海水浴場などの人気スポットがあります。
昭和57年4月に能登島大橋が開通したことにより、観光客が多く訪れるようになりました。

ツアーの検索はこちら

能登空港

イメージ

2003年7月7日に開港した、能登半島唯一の空港。
日本初の試みとして、空港そのものが道の駅「能登空港」として活用されています。
国内線は羽田空港からの午前1便、午後1便のみ。羽田−能登を片道たった1時間で結びます。

2003年7月7日に開港した、能登半島唯一の空港。
日本初の試みとして、空港そのものが道の駅「能登空港」として活用されています。
国内線は羽田空港からの午前1便、午後1便のみ。羽田−能登を片道たった1時間で結びます。

ツアーの検索はこちら

雨晴海岸(あまはらしかいがん)

イメージ

雨晴海岸は日本の渚百選の一つにも選ばれており、海の向こうには3,000メートル級の立山連峰をのぞむことができます。
源義経が奥州へ落ちのびる途中に、にわか雨があがることをこの地で待った、という「義経岩」があり、地名「雨晴」の由来ともなっています。

雨晴海岸は日本の渚百選の一つにも選ばれており、海の向こうには3,000メートル級の立山連峰をのぞむことができます。
源義経が奥州へ落ちのびる途中に、にわか雨があがることをこの地で待った、という「義経岩」があり、地名「雨晴」の由来ともなっています。

ツアーの検索はこちら

須須神社(すずじんじゃ)

イメージ

須須神社には源義経が航海安全祈願で訪れた際に奉納したとされる「蝉折の笛」という名笛が納められています。
日本海側一帯の守護神とされ、第10代祟神天皇の時代に創建されたといわれる由緒ある神社です。

須須神社には源義経が航海安全祈願で訪れた際に奉納したとされる「蝉折の笛」という名笛が納められています。
日本海側一帯の守護神とされ、第10代祟神天皇の時代に創建されたといわれる由緒ある神社です。

ツアーの検索はこちら

能登半島ツアー・旅行ならクラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きならしっかりサポート!輪島、白米の千枚田、気多大社といった観光スポットの情報や、食のおすすめ、人気のホテルなどをご紹介。ツアーの検索・お申し込みも簡単です。

決定