上高地ツアー特集日本有数の山岳リゾート、信州が誇る景勝地 上高地ツアー特集日本有数の山岳リゾート、信州が誇る景勝地

上高地 服装と持ち物

上高地は標高1,500メートルの高地にあるため、ふもとの松本市(標高約600メートル)に比べ、気温が5度〜10度ほど下がる場合があります。
特に春先・秋口などには最低気温が氷点下となる事もあり、ゴールデンウィーク頃までと、10月中旬頃以降は積雪することもありますので、防寒の準備が必要となります。
また、夏でも最低気温が10度を下回る時がありますので、必ず一枚ははおる物をご持参下さい。
また、山岳地帯でもあるため、天気の変化が早い場合があります。散策の際は雨具をお持ちになることをお薦めいたします。

早春・晩秋(4〜5月中旬・10〜11月)

この時期は雪が降ることもあります。平地の冬の服装でお越しください。フリースやダウンジャケットの上から、風を通さない上着を着るのがおすすめです。

【服装例】
フリース又はダウンジャケット、ウインドブレーカー、厚手のズボン、毛糸などの手袋・帽子、暖かめの靴
【気温】
4月 7.4℃/10月 12.7℃

イメージ

春・秋(5月中旬〜6月下旬、8月中旬〜9月下旬)

朝晩は霜が降りることもありますので、お泊まりの方は上着を忘れずにお持ちください。また春は日差しが非常に強くなりますので、日焼け対策をしっかりしてお越しください。

【服装例】
薄手のフリース、ウインドブレーカー、歩きやすい長ズボン、つばのある帽子、薄手の手袋、スニーカー等の歩きやすい靴
【気温】
5月 14.3℃/6月 17.1℃/9月 17.3℃

イメージ

夏(7月上旬〜8月下旬)

晴れた日中はTシャツでも大丈夫ですが、朝晩や天気の悪い日は気温が下がりますので、薄手の上着をご用意ください。また、虫よけスプレーなどがあると快適です。

【服装例】
長袖のシャツ、ウインドブレーカー、歩きやすい長ズボン、キャップ、スニーカー等の歩きやすい靴
【気温】
7月 21.2℃/8月 21.4℃

イメージ

雨の日

上下が分かれるタイプのカッパが便利です。キャップがあると、フードをかぶっても視界がそれほど悪くならず快適に歩けます。
カッパと折り畳み傘の併用をお勧めします。

【服装例】
トレッキングシューズや長靴など、防水できる靴があると快適です。スニーカーの場合は防水スプレーなどをご利用ください。

イメージ

▲上高地ツアー・旅行 服装と持ち物の先頭へ

決定