クラブツーリズム TOP国内旅行を探す伊勢神宮旅行・ツアー伊勢の魅力を知る千種さんに学ぶ 伊勢の魅力神嘗祭

日本人の心の原点に会いに行こう 伊勢の神宮

千種清美さんと学ぶ 伊勢の神宮と神宮式年遷宮について

式年遷宮の今 〜御白石持行事始まる〜

御白石(イメージ)

御白石(イメージ)

10月の遷御の儀に向けて、新しい社殿のまわりに敷き詰める御白石を奉献する御白石持行事が7月26日から始まりました。平成18、19年に行われた御木曳行事と同じく、伊勢市民と全国からの崇敬者によるご奉仕です。9月1日までの週末は多いときで一日10団もの奉献団が御白石を両宮へ曳いていきます。町中に木遣りの唄や奉曳車のワン鳴りが響き、伊勢は賑やかな夏になります。一般の方は参加できませんが、近くで見ると、その活気を体感することができます。この行事も遷宮と同じく、20年に一度のこと。遷宮を支えるかつての神領の民である伊勢市民の心意気をぜひご覧いただきたいです。

神嘗祭(イメージ)

神嘗祭(イメージ)

神嘗祭 かんなめさい
伊勢神宮の一年の中で最も重要なお祭りが、神嘗祭です。神が嘗める(食べる)とは、その年に収穫された新穀を神に供え、感謝を捧げるというもの。もともとは日本神話に基づきます。天照大神が高天原から孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が天下る際、三種の神器(鏡、剣、勾玉)を授けたことはよく知られていますが、もう一つ渡しものがあります。それが稲穂です。天照大神は天上界で育てていた稲穂を瓊瓊杵尊に授け、地上界を豊かな国にしなさいと告げるのです。古代においては、稲作は尊い神から頂いたものとされ、毎年収穫された新穀を供えて、感謝申し上げてきたのです。この神嘗祭が20回を数えると、社殿を新しくする遷宮。そのため式年遷宮のことを『大神嘗祭』ともいいます。
懸税 かけちから
神嘗祭のときに、内宮、外宮の正宮や、別宮の御垣(みかき)に稲束が掛けられます。これを懸税と呼びます。貨幣社会の今とは違い、古代にあってはお米を税金として納めました。伊勢神宮もかつては神(じんぐん)からの税や役夫工米(やくぶくまい)で支えられていましたから、その名残といえるのでしょう。
正宮の御垣に掛けられた紙垂(しで)のついた根付きの稲束は天皇陛下が皇居で育てられたお初穂。陛下も神さまに稲を奉献しているのです。そして、全国からも稲束が届けられます。長さや太さがまちまちなのも、各地から送られたものだからでしょう。懸税の「税」は、「ちから」と読みます。まさに稲は人々の「ちから」なのです。
懸税(イメージ)

懸税(イメージ)

新嘗祭(イメージ)

新嘗祭(イメージ)

新嘗祭 にいなめさい
毎年11月23日に行われるのが、新嘗祭です。天皇陛下が皇居で育てられた新穀を神にお供えするお祭りで、皇居をはじめ、全国の神社でも執り行われます。伊勢神宮では豪華な神饌(お食事)が供えられる大御饌(おおみけ)が外宮で早朝の午前4時から、天皇陛下から勅使(ちょくし)が遣わされ、幣帛(へいはく)が奉られる奉幣(ほうへい)が午前7時から行われます。そして内宮は大御饌(おおみけ)が午前11時、奉幣(ほうへい)が午後2時からとなります。ちょうどこの頃は神宮の周囲の山々がうっすらと色づき始め、神域も秋の風情が漂います。勅使は神宮の神職らの白い斎服とは異なり、黒い装束を着用し、幣帛を納めた辛櫃(からひつ)の近くで参進されます。
紅葉
常緑の森に覆われる神域ですが、11月中ごろから12月初めは紅葉に彩られます。ひと雨ごとにその色を鮮やかにしていきますが、とくに内宮の御手洗場や風日宮橋あたりはカエデが色づき、しっとりとした美しい秋の景色を堪能できます。
また、内宮近くに干支守りなどを奉製する宇治工作場があります。ここは毎年11月中ごろになると、100メートルほど続くイチョウ並木が色づくのです。秋の青空に黄色い葉のコントラストが鮮やかで、私は毎年楽しみにしています。
紅葉(イメージ)

紅葉(イメージ)

伊勢の神宮へ訪れるツアーのご案内

  • 関東出発
  • 東海出発
  • 関西出発
  • 北海道出発
  • 東北出発
  • 九州出発
CLUB TOURISM STYLE vol.33
旅と人生を愉しむ情報誌 CLUB TOURISM STYLE vol.33
「テーマのある旅」の中から注目の旅行をご紹介する記事のほか、お買い物情報や新商品情報など、旅行以外のお役立ち記事も満載。
「旅行と人生を愉しむ選ばれた人に」お届けする、ライフスタイル情報誌です。

≫CLUB TOURISMについて

「伊勢学」のエキスパート・千種清美さんに、伊勢神宮と「式年遷宮」を通じて現代に受け継がれている日本の心について、語っていただいた記事が掲載されています。

記事を読む(デジタルカタログ)

「お伊勢さん」と親しまれている伊勢の神宮へ行くならクラブツーリズム!2013年に20年に一度の神様のお引越しである式年遷宮を終え、新しくなった神殿や外宮・内宮を両参りするツアー、おかげ横丁の散策を楽しむツアーなど添乗員付きで安心。ツアーの検索・ご予約も簡単。

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員