神秘の島・壱岐、国境の島・対馬へ 壱岐・対馬ツアー特集 神秘の島・壱岐、国境の島・対馬へ 壱岐・対馬ツアー特集

対馬 見どころマップ

対馬 見どころマップ

  • 対馬 見どころマップ

対馬 観光スポット

韓国展望所

イメージ

(イメージ)

韓国をイメージして作られた展望所。対馬の北端、韓国まで49.5kmの距離にあり、秋から冬、雨上がり、風の強い日など天気に恵まれれば韓国釜山が望める。

異国の見える丘展望台

イメージ

(イメージ)

「韓国展望所」同様、釜山まで矢行く50kmに位置する。海にせり出した展望台からは大パノラマが望め、夜は漁火も見える。

対馬野生生物保護センター

イメージ

(イメージ)

ツシマヤマネコをはじめとした対馬の生き物や自然についてじっくり学べる。また、ここで飼育されているツシマヤマネコをガラス越しに観察することができる。

舟志のもみじ街道

イメージ

(イメージ)

舟志川沿いにおよそ7km続く紅葉の美しいスポット。11月上旬頃にはもみじ祭りが開催され、紅葉狩りに訪れる観光客で賑わっている。新緑の時期も美しい。

和多都美神社

イメージ

(イメージ)

豊玉町の名前の由来にもなった豊玉姫命と「海彦山彦」の神話で知られる彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)を祭神とする海宮。海に面して立つ鳥居は、大潮の満潮時には2mも海中に沈む。

烏帽子岳展望台

イメージ

(イメージ)

標高176mの烏帽子岳の山頂近くに整備された展望所。駐車場から階段を10分ほど上ると、日本有数のリアス式海岸「浅茅湾」の雄大な景観が楽しめる。

城山(金田城跡)

イメージ

(イメージ)

663年白村江の戦いに敗れた中大兄皇子が国の守りの最前線として築かせた日本最古級の城跡。1350年前に倭国(当時の日本)が城壁や石塁、城門や水門、住居跡がしっかり残っている様子は圧巻。

万関橋

イメージ

(イメージ)

明治後期、南下政策をとるロシアとの戦争の機運が高まり、日本海軍は水雷艇を対馬海峡東水道に出撃させるため、明治34年(1901年)、久須保水道(万関瀬戸)を開削した。
この万関橋は、その開削された瀬戸に架かり、対馬の上下島を結んでいる。

姫神山砲台跡

イメージ

(イメージ)

31箇所ある、対馬の砲台跡の中でも保存状態がよく、レンガ造りの弾薬庫はどこか異国情緒を感じさせる。

小茂田浜神社

イメージ

(イメージ)

対馬は、1274年の文永の役(元寇)において最初に襲撃を受けた土地。対馬島主宗家の初代・宗助国(そうすけくに)は一族郎党80余騎とともに、佐須浦(小茂田浜〜現在の金田小学校周辺)に上陸してきた元・高麗の大軍と5時間にわたって激しく交戦し、全滅。小茂田浜神社には、資国以下、戦死した将士の霊を祀っている。

上見坂公園

イメージ

(イメージ)

公園内に展望所があり、リアス式海岸・浅茅湾や白嶽の眺望が楽しめる展望所の背部には、明治期の日露戦争に備えて建造された上見坂堡塁(ほうるい)がよい状態で残されている。

石屋根倉庫

イメージ

(イメージ)

対馬で産出される板状の石で屋根を葺いた衣類・什器・食料などの貴重品を保管する伝統的な高床式の建物。かつては対馬各地で見られたが、現在は椎根の地区に数棟が集中。

万松院

イメージ

(イメージ)

対馬藩二代目藩主・宗義成(そうよしなり)が父・義智(よしとし)の冥福を祈って元和元年(1615年)に建立した。伊達家、前田家とともに日本三大墓所として知られ、百雁木と呼ばれる石段が幽玄な雰囲気を醸し出している。

対馬藩お船江跡

イメージ

(イメージ)

対馬藩の御用船を係留した船だまりで寛文3年(1663年)の造形とされている。お船江を持つ藩は多いが、これほど見事に原型を留める例はまれで、近代史上貴重な遺構。

豆酘崎

イメージ

(イメージ)

厳原町の南西端に位置。先端部まで遊歩道が整備されており、海蝕による断崖や東シナ海に浮かぶ灯台などが見られる。

観光情報館ふれあい処つしま

イメージ

(イメージ)

厳原町の中心部にあり、観光案内所のほか、対馬の歴史や自然を紹介する「観光の間」、対馬土産がそろう「特産品の間」のほか、ご当地グルメが味わえる食堂も併設。

対馬 ホテルのご紹介

朝陽上対馬の宿 花海荘

イメージ

(イメージ)

対馬海峡を望む高台にあり、窓からは美しい日の出や漁り火が望め、雄大な景観の宝庫を満喫できる。ホテル敷地内には遊歩道も整備され、ホテル下のビーチまでも歩いていける。ホテル目の前にある小島は干潮時には歩いて渡ることもできる。

対馬グランドホテル

イメージ

(イメージ)

対馬唯一の温泉完備のホテル。夜には漁火を望みながらゆったり浸かれる。全23部屋の全室が海側を向いて建ち、パノラマオーシャンビューのレストランでは、対馬産の新鮮な山海の幸だけでなく、B級グルメや創作料理も楽しめる。

東横INN対馬厳原

対馬の中心地・厳原に位置する快適なシティホテル。フェリーターミナルから徒歩約10分、お土産店や観光情報が集まる「ふれあい処つしま」にも近く便利な立地が人気。Wi-Fiも完備でビジネス客にも好評。

ホテル対馬

イメージ

(イメージ)

宗家10万石の城下町、厳原の中心に位置するビジネス・観光に便利なホテル。バス・タクシー会社も運営しており、個人旅行の場合でも島内移動の手配もすばやく対応できるのが魅力。

対馬 郷土料理・名産品のご紹介

かすまき

イメージ

(イメージ)

ろくべえ汁

イメージ

(イメージ)

黄金あなご

イメージ

(イメージ)

対州そば

イメージ

(イメージ)

藻塩

イメージ

(イメージ)

写真提供:(一社)対馬観光物産協会

▲壱岐・対馬ツアー・旅行 対馬のご紹介の先頭へ

決定