飛騨高山・奥飛騨旅行・ツアー 飛騨高山・奥飛騨旅行・ツアー

飛騨路(飛騨高山・奥飛騨)への旅の魅力

新穂高ロープウェイ 日本初の2階建てゴンドラで、北アルプスの山々を!!

イメージ

槍ヶ岳・穂高連峰に一番近い展望台へは、新穂高温泉駅から、第1ロープウェイで鍋平高原駅まで行き、第2ロープウェイに乗り換え、終点の西穂高口駅まで一気に上ります。ロープウェイは全長3,200m、標高差1,039mのスケールを誇る大迫力!
第1ロープウェイは全面ガラス張り、第2ロープウェイは日本初の2階建て大型ゴンドラで空中散歩を楽しむことができます。「こんなに山が近いなんて!」という感動をぜひ!

日本アルプス登山特集はこちらから

日本アルプス登山ツアー特集

高山「古い街並」 朝市での買い物や、食べ歩きの楽しい高山へ

写真提供:社団法人岐阜県観光連盟

写真提供:社団法人岐阜県観光連盟

宮川にかかる赤い中橋(なかばし)が印象的な「古い町並」は、情緒ある風景を眺めながら散策を楽しむことができる、飛騨エリアで最も多くの人が訪れる観光地です。民芸品や名産品が所狭しと並ぶお店をのぞいたり、「牛串焼き」や「みたらし団子」などの手軽な食べ歩きも魅力のひとつ。宮川沿いには、日本三大朝市のひとつとも呼ばれる「宮川朝市」が朝早くから市が並んでいます。
春と秋には日本三大美祭のひとつである「高山祭」が行われ、季節を変えて何度も訪れたい街のひとつです。

飛騨の里 飛騨に残された古く懐かしい建物たちが集まる民家郡

イメージ

JR高山駅から車で10分ほど離れた場所にある、昔ながらの飛騨の農村の暮らしを体験できる施設が集まった集落博物館。国の重要文化財4棟を含む、30余棟が立ち、合掌造の民家などが飛騨各地から移築復元されています。水車小屋が回り、静かな時間が流れるこの場所では、なつかしい飛騨の農山村の暮らしや、昔から飛騨に伝わる季節の行事を再現し、未来へ伝えています。
「見て、触れて、体感して」をモットーに、実演や体験教室を随時開催していることも魅力のひとつです。

乗鞍スカイライン 雲上の爽快ドライブ

イメージ

乗鞍スカイラインは乗鞍岳周辺の自然環境を保護する為にマイカー帰省が実施されております。その為バスツアーで行くのが便利でおすすめです。
乗鞍の畳平バス停周辺に広がるお花畑は、高山植物の宝庫♪散策をじっくり楽しむことができます。
また、乗鞍畳平からは魔王岳などの登山も楽しめます。

一度は泊まりたい!名湯・秘湯天国の岐阜へ!

いわずとも知れた有馬、草津と並ぶ「日本三名泉」のひとつ。平安時代から続く古湯でもあります。飛騨川が流れる河原に沿うようにして温泉旅館が立ち並び、温泉街には9つもの「足湯」があります。足湯では地元の人も観光客も一緒になってくつろぐ姿が見られ、思いがけないおしゃべりがはずむことも。ぬるっと肌にまとわりつくような名湯は入ってみないとわかりません。一度といわず、二度三度。何度もお訪ねいただきたい名湯です。

バスで行く

列車・飛行機で行く

北アルプスの玄関口ともいえる飛騨の奥地に、「平湯温泉」「福地温泉」「新平湯温泉」「栃尾温泉」「新穂高温泉」の5つの温泉が山に囲まれてこんこんと湧いています。この温泉郷の目玉はなんといっても、全国有数の「露天風呂」天国!露天がなくちゃ、奥飛騨温泉とはいえない?!といっても過言ではないほど。静かな静かな山あいの温泉地で、ゆ〜ったりとした時間を過ごしてみませんか

バスで行く

列車・飛行機で行く

濁河温泉

標高1,800mの地に湧く、日本でも有数の高地に湧く秘境の温泉地として知られています。
下呂温泉から2時間、という深い山奥にありながらも、江戸時代中頃には発見され、明治の頃には宿泊施設が整ったという記録も残る古湯です。茶褐色の湯色は空気に触れることで赤褐色に変わるといわれ、泉質は含土類芒硝泉。温泉街から霊峰・御嶽山を臨み、「なにもない」夜には、満点の星空を楽しむことができます。秘湯好きにはたまらない温泉といえるでしょう。

バスで行く

列車・飛行機で行く

恵那峡温泉・鷲ヶ岳温泉・飛騨高山温泉・長良川温泉など、岐阜県内の温泉に泊まるコースはたくさんあります。あなただけのお気に入りの温泉を見つけてみませんか。
※温泉地名は各コース詳細をご確認下さい

バスで行く

列車・飛行機で行く

▲飛騨高山・奥飛騨旅行・ツアー 下呂温泉 観光地・温泉地のご紹介の先頭へ

決定