萩ツアー・旅行 萩ツアー・旅行

動画で見る山口県の魅力はこちら

萩温泉郷のおすすめ宿

北門屋敷(ほくもんやしき)

イメージ

萩のおもてなしを感じる和洋折衷のお宿。かつて萩の先人たちが和の精神を以て洋を学んだように北門屋敷では「旅館」という日本のおもてなしの心をもってロマンチックな洋の優雅さや華やかさを取り入れています。四季折々、和洋の花木に彩られる ホクモンガーデン もそのひとつ。ガーデンを囲むように建物を配した館内ではあらゆる場所からお庭をお楽しみいただけます。風の薫りや光を感じ、季節の色を愛でながらのガーデン散策もおすすめです。

ツアー検索はこちらから

雁嶋(がんじま)別荘

イメージ

和のオーベルジュ萩八景 雁嶋別荘。情緒溢れる町並み、穏やかな川や海を臨む萩の素晴らしさを感じられるお宿。
チェックイン時には、クラシックモダン薫るリビング。オープンテラスの客室棟ラウンジは、川側の景色と陽の光を存分に取り入れた造り。客室は全室リバービュー(川眺望)または、キャナルビュー(運河眺望)で、テラス付の全天候型の露天風呂も備えています。美しい萩の景色を存分に楽しめるお宿です。

ツアー検索はこちらから

萩観光ホテル

イメージ

日本海を一望する絶景のお宿。萩温泉郷の一つで、泉質は塩化物冷鉱泉。神経痛や関節痛、打ち身に効能があります。自慢の展望露天風呂は、日本海を眼下に、夕日に染まる萩湾、朝日に輝く夕凪湾、それぞれの表情をお楽しみいただけます。お料理も食材に恵まれた日本海の幸を活かし、旬の食材を一つ一つ丹精込めてご用意しています。

ツアー検索はこちらから

萩グランドホテル天空

イメージ

城下町萩のランドマーク、萩グランドホテル天空。お湯はもちろん自家源泉。大浴場は、広々とした四季折々に美しい庭園を眺めながら、開放的な大浴場でおくつろぎいただけます。露天風呂は、緑と光と風に包まれた萩市内最大級の庭園パノラマ大温泉。屋上展望台もあり、情緒溢れる萩の町を一望できます。

ツアー検索はこちらから

萩焼の宿 千春楽(せんしゅんらく)

イメージ

萩の観光、城下町散策に最高の立地。萩焼作家、金子信彦氏の作品を随所に取り入れた館内。全体が萩焼で作られた陶器風呂と日本海を望む露天風呂。どちらも一度は入る価値があります。お食事は、萩ならではの、採れたばかりの新鮮な魚介や、旬の素材に技を生かし、趣を凝らした、味わい深いお料理をお客様に提供しております。

ツアー検索はこちらから

萩の宿 常茂恵(ともえ)

イメージ

山口県萩市での観光拠点に最適な萩の宿 常茂恵。宿そのものが、萩・城下町をイメージしており、館内では、萩の歴史や文化を感じていただけます。また、全ての客室から日本庭園の景観を愛でることができ、萩前の海の幸などを使った美味しいお料理、常茂恵が受け継ぐ「迎賓館としての誇り」で極上のひとときをお過ごしいただけます。

ツアー検索はこちらから

グルメ・名産

夏みかん

イメージ

萩城下町の土塀からのぞく夏みかんは、萩の情緒を感じさせる風景となっています。5月の上旬〜中旬頃には、白い小さな花が咲き誇り、萩の町を甘い香りで包みます。萩城下町の夏みかんの花のかおりは、環境省選定「かおり風景100選」に選ばれています。そのままで食される事もありますが、マーマレードやゼリーなどにも加工され、萩市の特産品になっています。

イメージ

萩城下町の土塀からのぞく夏みかんは、萩の情緒を感じさせる風景となっています。5月の上旬〜中旬頃には、白い小さな花が咲き誇り、萩の町を甘い香りで包みます。萩城下町の夏みかんの花のかおりは、環境省選定「かおり風景100選」に選ばれています。そのままで食される事もありますが、マーマレードやゼリーなどにも加工され、萩市の特産品になっています。

ツアー検索はこちらから

蒲鉾

イメージ

萩の蒲鉾は、江戸時代より鮮度の高いエソ・小鯛などを材料として作られ始め、萩の蒲鉾はこの地方特有の焼抜という製法で作られています。味は淡白で、弾力が強く、表面がつややかできれいな事が、全国的にも有名な特長です。現在では、蒲鉾製造も機械化されて、「うす」と呼ばれる機械で魚を練って作るようになりましたが、今でも職人さんがその日の魚の状態を見極めて微妙な調整をし、その店の味を守っています。

イメージ

萩の蒲鉾は、江戸時代より鮮度の高いエソ・小鯛などを材料として作られ始め、萩の蒲鉾はこの地方特有の焼抜という製法で作られています。味は淡白で、弾力が強く、表面がつややかできれいな事が、全国的にも有名な特長です。現在では、蒲鉾製造も機械化されて、「うす」と呼ばれる機械で魚を練って作るようになりましたが、今でも職人さんがその日の魚の状態を見極めて微妙な調整をし、その店の味を守っています。

ツアー検索はこちらから

見蘭牛(けんらんぎゅう)

イメージ

和牛原種の見島牛とオランダ産ホルスタインの交配で誕生した見蘭牛は、萩のブランド牛です。肉質は、霜降りが豊かで、香りが高く、極上の品質を持ち合わせています。食し方は、肉本来の味を楽しむ牛刺しや、自然のコクがダイレクトに伝わる網焼きなどが楽しめます。

イメージ

和牛原種の見島牛とオランダ産ホルスタインの交配で誕生した見蘭牛は、萩のブランド牛です。肉質は、霜降りが豊かで、香りが高く、極上の品質を持ち合わせています。食し方は、肉本来の味を楽しむ牛刺しや、自然のコクがダイレクトに伝わる網焼きなどが楽しめます。

ツアー検索はこちらから

むつみ豚

イメージ

むつみ豚は、萩市のむつみ地区で飼育されています。ストレスなく育つよう配慮された環境で、飼料にも自家配合の乾燥したパン粉が使われています。肉質は、臭みがなく、柔らかいのが特徴です。脂もすっきりとしていて、ジューシーで甘みのある味が地元で好まれています。

イメージ

むつみ豚は、萩市のむつみ地区で飼育されています。ストレスなく育つよう配慮された環境で、飼料にも自家配合の乾燥したパン粉が使われています。肉質は、臭みがなく、柔らかいのが特徴です。脂もすっきりとしていて、ジューシーで甘みのある味が地元で好まれています。

ツアー検索はこちらから

ふぐ

イメージ

山口県の冬の味覚といえばフグ。毒があるため、長い間食べることが禁じられていましたが、山口県生まれの初代総理大臣・伊藤博文がおおいに気に入り、解禁にしたというエピソードもあります。萩では、山口県の天然フグの大半を漁獲しています。漁の最盛期は2月〜4月。フグ特有の噛締めや旨みを味わうふぐ刺しや、ぷりぷりした食感と深いコク、仕上げの雑炊で旨みを味わい尽くすふぐちりなどでお召し上がりいただけます。

イメージ

山口県の冬の味覚といえばフグ。毒があるため、長い間食べることが禁じられていましたが、山口県生まれの初代総理大臣・伊藤博文がおおいに気に入り、解禁にしたというエピソードもあります。萩では、山口県の天然フグの大半を漁獲しています。漁の最盛期は2月〜4月。フグ特有の噛締めや旨みを味わうふぐ刺しや、ぷりぷりした食感と深いコク、仕上げの雑炊で旨みを味わい尽くすふぐちりなどでお召し上がりいただけます。

ツアー検索はこちらから

けんさきいか

イメージ

味が甘く濃厚なけんさきいか。梅雨明けから秋が漁の最盛期です。鮮度保存が難しい為、生きたまま港まで運ばれます。本来の旨みが味わえる活きイカの姿造りが代表的な食し方です。吸盤が吸い付くゲソは、天ぷらにしても楽しめます。

イメージ

味が甘く濃厚なけんさきいか。梅雨明けから秋が漁の最盛期です。鮮度保存が難しい為、生きたまま港まで運ばれます。本来の旨みが味わえる活きイカの姿造りが代表的な食し方です。吸盤が吸い付くゲソは、天ぷらにしても楽しめます。

ツアー検索はこちらから

金太郎

イメージ

金太郎という呼び名はヒメジの地方名です。体長は約15cm程、赤淡色の小さな魚です。味は、大型の魚にも勝る濃厚な甘みをもっています。冬が旬で、刺身はもちろんのこと、そのまま炙れば、ほっこりとした食感が楽しめます。

イメージ

金太郎という呼び名はヒメジの地方名です。体長は約15cm程、赤淡色の小さな魚です。味は、大型の魚にも勝る濃厚な甘みをもっています。冬が旬で、刺身はもちろんのこと、そのまま炙れば、ほっこりとした食感が楽しめます。

ツアー検索はこちらから

萩焼

イメージ

萩焼の歴史は、16世紀末の朝鮮出兵の際に、毛利輝元が招いた陶工李勺光、李敬の兄弟が、萩市で毛利家の御用窯として開いたことに始まります。その後、江戸時代に毛利の御用窯として発展してきた萩焼。昔から「一楽二萩三唐津」と評され、茶人を初め多くの人に愛されています。萩焼ならではのやさしい色、手触りの良さ、ざんぐりした土の味わい、装飾の素朴さに特徴があります。

イメージ

萩焼の歴史は、16世紀末の朝鮮出兵の際に、毛利輝元が招いた陶工李勺光、李敬の兄弟が、萩市で毛利家の御用窯として開いたことに始まります。その後、江戸時代に毛利の御用窯として発展してきた萩焼。昔から「一楽二萩三唐津」と評され、茶人を初め多くの人に愛されています。萩焼ならではのやさしい色、手触りの良さ、ざんぐりした土の味わい、装飾の素朴さに特徴があります。

ツアー検索はこちらから

▲萩ツアー・旅行 グルメ・名産・温泉情報の先頭へ

決定