自衛隊基地関連ツアー・旅行 自衛隊基地関連ツアー・旅行

自衛隊基地関連ツアーの目的

陸・海・空各自衛隊の基地、教育機関など一部の自衛隊関連施設では、広く民間の方々へ自衛隊の任務・役割を知っていただくために基地見学を行っています。

自衛隊への理解を深めてもらうとともに、民間の皆様との交流を深めることが主な目的です。

「自衛隊の基地、施設とはどういうものなのか?」「毎日どんな訓練をしているのか?」「基地、施設の役割とはどういうものなのか?」など、見学によって自衛隊の任務や基地施設の役割を深く理解することができます。

クラブツーリズムでは、“旅”を通じて多くの方々に基地や自衛隊教育機関等の関連施設の見学をご案内しています。

個人ではなかなか見ることが出来ない貴重な体験をツアーで体験ください!

イメージ

イメージ

マナーを守って自衛隊基地や基地関連施設をお楽しみください

全ての自衛隊基地および基地関連施設は国の管理下にあり、日々訓練を重ね規律正しく有事に備えております。自衛隊基地および基地関連施設を見学するという特殊性をご理解いただきご参加ください。

見学に際してお守りいただきたいこと

1. 脚立・三脚・一脚の持ち込みは禁止です。

※航空機が駐機する場所(エプロン)は、大勢の来場者で溢れかえります。その様な状況下で、脚立・三脚・一脚を使用することは周りの方の迷惑になり、接触による事故や怪我の危険性があります。そのため基地および基地関連施設の多くは、脚立・三脚・一脚の持ち込みが禁止されています。ご理解ご協力をお願いいたします。(ごく稀に持ち込みが許可される場合もございますが、その際はツアー参加者にその都度ご案内いたします)

2. 航空機が駐機する場所(エプロン)では、傘の使用は禁止です。

※航空機が駐機する場所(以下エプロン)は、大勢の来場者で溢れかえります。その様な状況下で、傘をさす行為は周りの方の迷惑になり、接触による怪我や航空機の排気などにより傘が飛ばされるなどの事故の危険性があります。そのため基地および基地関連施設の多くは、エプロン周辺での傘の使用を禁止しています。雨天時の見学にはカッパやポンチョをご用意ください。

3. 敷物(レジャーシート)は持ち込み禁止です。

※傘と同様に、航空機の排気などにより敷物(以下レジャーシート)が飛ばされるなどの事故の危険性があるため、基地および基地関連施設の多くはレジャーシートの持ち込みを禁止しています。
(最近では、レジャーシートの使用可能エリアを設ける基地および基地関連施設もございます。その際はツアー参加者にその都度ご案内いたします)

4. 見学する上で不適切と思われる服装での参加はおやめください。

※見学する上で不適切であり、服装は次のとおりです。下記のイラストとあわせてご確認ください。
◆不適切な服装
*奇抜で派手な服装(迷彩柄や軍服風の衣類など)
*露出の多い服装(タンクトップ、キャミソールなど)
*階段や梯子の昇降などに危険をきたす服装(スカートなど)
◇好ましい服装
*帽子の着用(頭部の保護、日射病や熱射病対策としても有効)
*長袖の着用(夏は日射病・熱射病対策として、冬は防寒着として有効)

5. 必ず歩きやすい靴でご参加ください。

※基地や基地関連施設では、非常に広い場所であるため、長時間・長い距離を歩きます。履きなれた歩きやすい靴でご参加ください。また見学する上で不適切であり、基地および施設入場時に注意される履物は次のとおりです。下記のイラストとあわせてご確認ください。
*ハイヒール、ミュール、サンダル、下駄。その他のスリッパ形状の履物(クロックスなど)

6. 飲酒されている方は、基地および基地関連施設へ入場できません。バス車内や見学の飲酒もお止めください。

※基地および基地関連施設へは、安全確保や風紀維持のため、飲酒された方の入場はできません。ツアー中のバス移動時も飲酒はお止めください。

「他の人は守っていないのに、なぜ自分たちは禁止されるのか!?」とお感じになられることと存じますが、安全で楽しくご見学いただくためにご協力をお願いいたします。また自衛隊基地および基地関連施設の特性と存在意義もご理解いただき、見学に際してのマナーをお守りくださいますようお願い申し上げます。

  • 好ましい服装
  • 好ましくない服装

▲自衛隊基地関連ツアー・旅行の先頭へ

決定