該当の出発地をお選びください

現在、出発地の対象エリアは
関東版<東京23区>で設定されております。ご出発地を変更する場合は、 該当の地域をプルダウンより選択してください。

閉じる

インターネット会員 ログイン

はじめての方はこちら

閉じる

会員メニュー いつもご利用ありがとうございます。

閉じる

ウクライナ・ベラルーシ・モルドバ旅行・ツアー・観光 ウクライナ・ベラルーシ・モルドバ旅行・ツアー・観光

ウクライナ担当より 〜ウクライナ・モルドバ・ベラルーシに行ってきました〜

(イメージ)

担当:浅田

2018年4月中旬に現地に行ってきました。
ウクライナ・モルドバ・ベラルーシの3カ国ともに旧ソ連の一部であった過去を持ちますが、辿ってきた歴史や文化、現在のロシアとの関わり方など、特徴がそれぞれ異なります。
4月下旬で既に愛のトンネル(ウクライナ)はお写真のように新緑が茂っていました。治安も問題なく、現地の食事はロシア料理に起源があることもあり、ボルシチなど日本人の口によく合います。
まだまだ日本人観光客も少ない国々、是非この機会にお越しください!

2020年4月出発以降ツアー

おすすめポイント

  • ターキッシュエアラインズを利用することで、2020年度はビザなしで3カ国を巡ります!
  • 各出発日22名様限定。バスの座席はおひとり2席を確保(空港〜ホテルの送迎間を除く)
  • これまで好評だった観光地はそのまま。2020年度は新たに世界遺産の街・リビウへご案内!

観光地情報

ウクライナ

東ヨーロッパ最古の歴史を誇るキエフが首都のウクライナは、ヨーロッパではロシアに次いで2番目の広さを誇ります。黄金の屋根や、美しい装飾が施された教会は街の中でも一際目立つ建物で、中には世界遺産に登録されているものも。郊外には最近絶景本にて紹介されて、世界一ロマンチックなトンネルといわれる「愛のトンネル」があるのもこの国。ヨーロッパ随一の美男美女の多い国には観光の見所もたっぷりあります。

世界遺産ぺチェルスカヤ大修道院

イメージ

(イメージ)

かつてロシアへのキリスト教普及に大きな貢献を成した世界遺産。
現在残るウクライナ・バロック様式の建造物群は、ピョートル1世の時代に再建されたものです。

聖アンドレイ教会

イメージ

(イメージ)

伝説上、ウクライナの地において初めてキリスト教を伝来したとされる使徒アンドレイに由来しています。

愛のトンネル

イメージ

(イメージ)

大切な人と歩くと願い事が叶うと言われています。
緑の木々に包まれた美しい愛のトンネルは、最近注目の観光スポットです。

世界遺産聖ソフィア大聖堂

イメージ

(イメージ)

キエフ中心部にある市内の現存最古の聖堂。
現代において、11世紀から18世紀までのウクライナ建築史上最も名立たる教会であるとされています。

チェルノブイリ博物館

イメージ

(イメージ)

チェルノブイリ原発事故の被害を克明に伝える博物館。
事故前の人々の生活を記録したフィルム、事故現場で働いた消防士や軍人の服などの資料が展示されています。

キエフ大学

イメージ

(イメージ)

ウクライナの中心的な地位を持つ、1834年に創立されたウクライナで2番目に古い大学です。
ひと際目を引く校舎の赤色の理由には諸説あるようです。

ベラルーシ

世界で最も北にある内陸国であるベラルーシは、国土の約半分が森に覆われ、緑豊かな国です。世界遺産に登録されている2つのお城などが観光の見所です。首都のミンスクの街は戦争で一度壊されましたが、ソ連が復興の象徴としてミンスクを再建したので、スターリン建築が大通り沿いに数kmに渡って続く、広々ときれいな街並みが出来ました。東欧の独裁国家として暗いイメージがあるかもしれませんが、実際に訪れてみると、その治安の良さと人の良さに驚かされるはずです。

世界遺産ミール城

イメージ

(イメージ)

ルネサンス様式やゴシック様式でつくられた城は圧巻。
17〜18世紀の戦火で破壊され、1812年に再建されたが世界大戦でも被害を受けた、歴史あるお城です。

世界遺産ネスヴィジ城

イメージ

(イメージ)

16世紀から19世紀にかけてラジヴィウ家という貴族の居城でした。ベラルーシの人々にとって「最も美しい城(宮殿)」であり、世界遺産に登録されています。

ブレスト要塞

イメージ

(イメージ)

第二次世界大戦で1ヶ月間の凄まじい抵抗を続けた「英雄要塞」
入り口にある巨大な正門はソ連の象徴である星が刻まれています。

ミンスクの聖霊教会

イメージ

(イメージ)

1633年から1642年にカトリック教会の修道院として建てられましたが、1852年にロシア正教の教会となったバロック式の教会。

モルドバ

世界最古のワイン生産地域のひとつとも言われ、紀元前3000年頃からワインの生産を始めていた歴史を持つモルドバ。世界最大のワイン貯蔵庫であるミレスチミーチワイナリーなど、有名ワイナリーがいくつもあります。小国ならではの複雑な歴史を物語る様に、東部には未承認国家沿ドニエストル共和国や、南部にはガガウズ自治区が存在しています。

モルドバワインのワイナリー

イメージ

(イメージ)

モルドバは世界的に有名なワインの一大産地です。
昔からヨーロッパ貴族に愛され、現在でも英国王室御用達のワインとして有名です。

キシニョフ大聖堂

イメージ

(イメージ)

第二次世界大戦時に破壊され、その後美しく再建されました。
教会の中も荘厳で美しく必見です。

ウクライナ・モルドバ・ベラルーシの料理

ロシア料理に起源を持ち、日本人の口にもよく合います♪

キエフ風カツレツ

イメージ

(イメージ)

料理名はウクライナの首都・キエフが由来とされていますが、正確な発祥の地は不明。
ナイフで切ると、バターソースが溢れ出てきます。

ボルシチ

イメージ

(イメージ)

世界3大スープにも数えられるボルシチは、実はウクライナ発祥。
温かいスープは観光客にも大人気。

ドラニキ

イメージ

(イメージ)

ベラルーシの国民食で、美味しいじゃがいもを利用したパンケーキです。

海外旅行説明会

▲ウクライナ・ベラルーシ・モルドバ旅行・ツアー・観光の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員