シンガポール・マレーシア旅行・ツアー・観光 シンガポール・マレーシア旅行・ツアー・観光

シンガポール観光地ガイド

シンガポールの魅力

イメージ

東南アジアの中心都市として発展著しいシンガポール。
話題のショッピングモール・カジノがセットの複合施設マリーナベイ・サンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(植物園)など家族やお友達など幅広く楽しめるレジャー施設、またリゾートアイランドのセントーサ島や洗練されたサービスでもてなされるホテルライフなども魅力です。もちろん有名なマーライオンやラッフルズホテルなどの歴史ある建築物も見所のひとつ。ぜひ、魅力溢れるシンガポールへ出かけてみませんか?

観光地

シンガポールMAP

  • オーチャードロード
  • シンガポールフライヤー
  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
  • シンガポール植物園
  • セントーサ島
  • アラブストリート・リトルインディア
  • ナイトサファリ
  • マリーナベイ・サンズ
  • マーライオン公園
  • ラッフルズ卿上陸地点
  • チャイナタウン

オーチャードロード

イメージ
オーチャードロード(イメージ)

多くの観光客で賑わうシンガポールのメインストリートとも言われる場所です。近代的なホテル、美しい街路樹の並ぶ歩道沿いには日本でもおなじみの高島屋や伊勢丹などのショッピングセンターやハイブランドからローカルデザイナーのショップまでたくさん立ち並んでいます。自由散策でショッピングを楽しみたい方におすすめです!

シンガポールフライヤー

イメージ
シンガポールフライヤー(イメージ)

日本人建築家である故・黒川紀章氏がデザインしたマリーナエリアにある高さ165メートルの世界最大級の観覧車です。カプセルは長さ7メートル、幅4メートル、高さ4メートル、重量が16トンと巨大で総数は28基、一つのカプセルの定員は28名です。これは「28」という数字がシンガポールでは縁起の良い数字とされていることが由来となっています。これだけ大きいので1周にかかる時間も約30分、2周して観覧車内でゆっくりと約1時間のディナーを楽しむプランもあります。日中はシンガポール湾を囲む高層ビル群やマーライオン、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイなどの名所をご覧いただけますし、夜は夜景を満喫することもできます!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

イメージ
スーパーツリー(イメージ)

  • イメージ
    ガーデン・ラプソディ(イメージ)
  • イメージ
    ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(イメージ)

「近未来」をテーマとして、2012年6月にオープンした世界最大級となる植物園施設です。総面積約110ヘクタールという広大な敷地を有し、今注目のシンガポールの観光施設となっています。園内にはユニークな建築をたくさん盛り込んだ施設が点在しており、暑い中でも冷房完備の温室なので、ゆっくりと世界中の植物をご覧いただけます。まず見ておきたいのが巨木をイメージした高さ最大50メートルのスーパーツリー群です。鉄骨部分の植物が成長すると、より大きくなる設計になっています。夜はツリーがライトアップされ、音楽に合わせて幻想的に光の色が変わる「ガーデン・ラプソディー」も見応え抜群です。

必見!
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの3つのみどころ

スカイウェイ

イメージ
スカイウェイ(イメージ)

地上22メートルのツリー上に吊り橋「スカイウェイ」が設置されていて、空中散歩を楽しむことができます。吊り橋の上からはマリーナ地区にある観光名所が見渡せるだけでなく、橋の床が金網状で透けているのでスリルも満点です!
※ツアー中にご案内するコースにて荒天時、入場出来ない場合は現地にて5シンガポールドル(変動する場合あり)をご返金させて頂きます。

フラワードーム

イメージ
フラワードーム(イメージ)

天井がガラス張りになっている1万2,000平方メートルのドームです。ドーム内の室温は年間を通して25℃前後に保たれているので、通常国内では見ることができない地中海性気候と半砂漠地帯に生息する約500種類以上の植物を見ることができます。

クラウドフォレスト

イメージ
クラウドフォレスト(イメージ)

大きなドームにある落差約35メートルの大きな滝が特徴です。世界的にも珍しい低温多湿な東南アジアや熱帯アメリカ、アフリカ高知に広がる雲霧林を再現しています。土を必要としない着生植物やウツボカズラなどの食虫植物を見ることもできます。

シンガポール植物園・ラン園

イメージ
シンガポール植物園・ラン園(イメージ)

イメージ
シンガポール植物園・ラン園(イメージ)

イメージ
シンガポール植物園・ラン園(イメージ)

1859年に開園し、2015年にシンガポール初の世界遺産となった今最も注目すべき観光地の一つです。52ヘクタールの広さをもつ園内には、1,000以上の原種と、2,000種以上の交配種からなりたつ6万本以上のランを所有する世界最大規模のラン園があります。花時計を設置したフラワーガーデンをはじめ、熱帯植物の原生林やジンジャーガーデンなどもぜひ立ち寄ってみたい場所です。

セントーサ島

イメージ
セントーサ島のマーライオンタワー(イメージ)

  • イメージ
    シーアクアリウム(イメージ)
  • イメージ
    セントーサ島(イメージ)

水や緑をふんだんに使用してマーライオンタワーなど見所満載の南国風リゾートアイランド。2012年11月にオープンした地下にある水族館・シーアクアリウムとさまざまなプールが楽しめるアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークからなるマリンライフパークも外せません。夜はレーザー光線と花火、噴水などを使ったプロジェクションマッピングもあります。島内にある人気のテーマパーク、ユニバーサルスタジオは2010年開業。日本に続いてアジアでは2番目・東南アジアでは初のユニバーサルスタジオになります。無料ショーやカジノなどのエンターテイメントも充実しており大人から子供までお楽しみいただけます。

チャイナタウン・アラブストリート・リトルインディア

イメージ
チャイナタウン(イメージ)

多民族国家・シンガポールならではの雰囲気が味わえるのはこちらの3つのエリア。アラブ系商人が19世紀に移り住み、今も多くのイスラム教徒が住むアラブ・ストリート、かつて中華人居住区として指定され、今も中国寺院や料理店などが立ち並び、多くの人で賑わうチャイナタウン、伝統衣装のサリーやアクセサリーの店が並びヒンドゥー寺院やカレーが香るリトル・インディアなどそれぞれの民族の特徴を今なお残している町が続きます。チャイナタウンのスリ・マリアマン寺院や、アラブストリートのサルタン・モスクなど代表的な歴史的建造物が残っており、ぜひ訪れてみたいものです。

富の噴水

イメージ
富の噴水(イメージ)

ギネスブックにも登録された高さ約13.8メートルの世界最大級の噴水。通常の噴水とは異なり、内側に水が流れ落ちる構造になっていますがこれは内側に落ちる水は富が逃げないという風水の考えに基づいて設計されたためです。中心にある噴水の水に手を触れて3回時計回りに回るとお金持ちになれると言われています。夜にはライトアップした巨大な噴水を見ることができます。

ナイトサファリ

イメージ
ナイトサファリ(イメージ)

35万平方メートルの熱帯雨林の中に約137種類、2,500頭の動物を飼育し、見ることが出来る世界でも珍しい夜のみオープンする動物園です。自然環境の中で植物を食べ、狩りをする動物の生態を間近で観察することができます。全長3.2キロメートルの園内は専用のトラムで巡ります。スリル満点でお子様から大人まで楽しめます。

ラッフルズアーケード

イメージ
ラッフルズアーケード(イメージ)

各国の著名人達を魅了してきた、シンガポールを代表するコロニアルホテル。ホテルの歴史を物語るラッフルズ博物館や専用ショップのラッフルズアーケードなど、宿泊客以外も楽しめる場所。このホテルのロングバーで生まれたカクテル「シンガポールスリング」は非常に有名です。また伝統的なハイティーが人気!!

マリーナベイ・サンズ

  • イメージ
    マリーナベイ・サンズ(イメージ)
  • イメージ
    夜のマリーナベイ・サンズ(イメージ)

カジノからショッピングモールなどの複合施設からなる人気の大型ホテルです。地下には高級ブランドを含むショッピングモールや、屋上にある2つのタワーの上に乗ったサンズスカイパークは、まるで宙に浮く船のようです。
※屋上のプールはご宿泊者のみの利用となります。ご注意ください。

泊まるだけじゃない!
マリーナベイ・サンズの楽しみ方

展望台

イメージ
展望台(イメージ)

地上200メートル、57階にある展望台です。プールの利用は宿泊客のみですが、ここは誰でも入ることが出来ます。
※荒天時、安全の都合上、急遽入場ができない場合は現地にて25シンガポールドル(変動する場合あり)をご返金いたします。

ショッピングモール

イメージ
ショッピングモール(イメージ)

数々のブランドショップが立ち並ぶショッピングモールも宿泊客の方だけでなく、どなたでも立ち寄ることができるエリアです。中にはスーパーなどのショップやフードコート、さらにはカジノもあり、様々な形で楽しむことができます。

ワンダーフルショー・レーザーショー

イメージ
ワンダーフルショー・レーザーショー(イメージ)

マリーナ湾の水を利用した水のスクリーンに映像を写すワンダーフルショーと、この映像に合わせて流れる、ハイパーレーザーも照射される大迫力の美しいレーザーショーは必見です!毎日20時と21時半から13分ほど開催されています。
※スケジュールは変更となる場合があります。

マーライオン公園

イメージ
マーライオン(イメージ)

  • イメージ
    夜のマーライオン(イメージ)
  • イメージ
    マーライオン公園(イメージ)

上半身はライオン、下半身は魚のシンガポールのシンボルともいえる像。一番有名なのはマーライオン公園にある口から水を噴き出している高さ8メートルのものですが、実はシンガポール内に5体のマーライオンがあり、他に37メートルあるセントーサ島のマーライオン、マーライオン公園のミニマーライオン、シンガポール政府観光局本局の前、フェーバー山にもあります。

★夜には高層ビルを背景に像がライトアップされ、また一味違ったマーライオンの姿を見ていただくことができます。

ラッフルズ卿上陸地点

イメージ
ラッフルズの像(イメージ)

1819年にイギリス人のトーマス・スタンフォード・ラッフルズ卿が、初めてシンガポールの地に降りたったといわれる地点です。ラッフルズ卿は東インド会社の管理をしており、近代シンガポールの父といわれています。シティーホール周辺のラッフルズ卿上陸地点では、上陸を記念して白いラッフルズの像が建てられています。周りは散策にもぴったりの遊歩道です。

リバークルーズ

イメージ
リバークルーズ(イメージ)

シンガポール川を運行するクルーズ船で、約30分の船旅ではマーライオンやクラーク・キー、ラッフルズ卿上陸地点、オペラハウスやマリーナベイ・サンズなどシンガポールの街並みを一挙に見ることができます。

食事

イメージ
チキンライス(イメージ)

チキンライス海南鶏飯

シンガポールを代表する大衆料理。街を歩けばたくさんの丸ごとの鳥がぶら下がったチキンライスの屋台に出会えます。チリソースを少しかけて食べるピリッとした味が癖になる料理です。

イメージ
チリクラブ(イメージ)

チリクラブ

カニを1匹丸ごとチリソースで煮込んだシンガポールの名物料理。そのまま食べてもよし、揚げパン、チャーハンにかけて食べるのもよし。シンガポールに行ったなら一度は食べてみたい料理です。

イメージ
飲茶(イメージ)

飲茶

本格中華が味わえる飲茶天国シンガポールでは欠かせない料理の一つです。ホテルで優雅な飲茶、現地の方も御用達のローカル飲茶、さらに少し小腹が空いた時に手軽に食べられる飲茶など一言では表せない多様なスタイルを楽しんでいただけます♪ぜひ現地でお試しください♪

シンガポールのビール

シンガポールのビールと言えばアジア各国でも飲まれているタイガービール。澄んだ黄金色をしていて、日本人にもなじみのあるラガー味なので、飲みやすいです。とてもさっぱりしているので、暑いシンガポールで飲むと、爽快感が味わえること間違いなしです。

イメージ

お土産

Food
美味しいお土産

イメージ
(イメージ)

カヤジャム

シンガポールの朝食定番であるカヤトーストに欠かせないのがカヤジャム。カヤジャムは、ココナッツミルクに卵やお砂糖を一緒に煮詰めてつくられます。中にはフルーツの王様、ドリアンを入れたドリアン味のカヤジャムもあります。

イメージ
(イメージ)

紅茶

シンガポールならではのフルーツなどのフレーバーがあり、国民がたしなむアフタヌーンティーは中国茶だけでなく、香り豊かな紅茶まで、その種類は多種多様です。バラまき土産としても最適なスーパーで手軽に買えるものもあります。

イメージ
(イメージ)

チョコレート

チョコレートの中でもシンガポールに行ったからには試してみたいのがドリアン味のチョコレートです。臭いはドリアンそのもの、でもチョコレートにすることでチャレンジしやすいかも?ご家族・ご友人をあっと驚かせたい方にはおすすめです。

イメージ
(イメージ)

ドライフルーツ

一番人気は、やはりマンゴーのドライフルーツです。その他にもいろいろなトロピカルフルーツがあるので様々な味を試してみるのもいいですね。シンガポールは中国文化も入ってきているため、サンザシや生姜のお砂糖漬けもよく見かけます。

イメージ
(イメージ)

プラウンロール

いわゆる「エビの揚げ春巻き」です。チリのピリッとした辛みとエビ風味がスナックとしても、お酒のおつまみとしても合うことからとても人気があります。ぜひお酒好きな方にお一つお買い求めください♪

Goods
シンガポールならではの雑貨のお土産

イメージ
(イメージ)

マーライオングッズ

シンガポールのシンボルでもあるマーライオンのお土産はとても人気があります。マーライオンをかたどったクッキー、チョコレートなど多種多様でこれを渡せば、一目でシンガポールに行った!というのが伝わります。

イメージ
(イメージ)

タイガーバーム

トラの絵が目印のシンガポール発祥の軟膏。関節や筋肉の痛みを緩和し、筋肉の疲れを癒してくれます。知る人ぞ知る人気のお土産です。頭痛や虫さされにも効くようで、効能は多岐にわたります。

イメージ
(イメージ)

ラッフルズホテルグッズ

名門ホテル・ラッフルズホテルのオリジナルグッズはそれだけで“高級感“が溢れています。厳選されたホテルブランドの紅茶から、ホテルの入り口にたつドアマンのぬいぐるみまでいろいろなグッズから、お客様のお気に入りの一つを見つけてみてはいかがでしょうか?

知って得するシンガポールトリビア

知っているようで知らなかった
シンガポールのトリビアをこちらでご紹介!

アジアの経済の要・近代国家

イメージ
富の噴水(イメージ)

貿易、金融、交通の中心としても世界銀行から9年連続で世界で最もビジネス展開に良い国とされた実績と、世界第3位の一人あたりの国民所得を持つアジアのリーダー的な国です。教育、医療なども高水準で、その民族・文化的多様性から、英語の浸透率も高い近代国家です。

高い医療水準とモラル

イメージ
マーライオン(イメージ)

世界でも最高といわれる医療水準は、各国から医療関係者も訪れるほど。公的病院は安価な診療費を設定しつつもサービスの質を落とさぬよう、運営されています。また、タバコのポイ捨て、交通違反をはじめ、トイレの水の流し忘れ、紙屑のポイ捨てにも罰金などが科せられ、国内でのチューインガムの販売は、ポイ捨ての温床になることから禁止されているなど、公衆道徳の維持が推進されています。

世界が認める安全な国

イメージ
シンガポールの高層ビル(イメージ)

国際的な調査機関によると、シンガポールは危険度124位(安全度で言えば1位)と評価され、日本より安全の評価が良い国です。また、世界平和度指数ランキングでも、162か国中16位と高い評価を受けています。犯罪発生率も日本よりも遥かに低く、旅行客にとっては安心して訪れることの出来る国です。

▲シンガポール・マレーシア旅行・ツアー・観光 シンガポール観光地ガイド

決定