憧れの豪華客船 キュナードライン 憧れの豪華客船 キュナードライン

クイーン・エリザベス 航海日誌

ラグジュアリー客船担当:深作 華緒里

ラグジュアリー客船担当:
深作 華緒里

皆様こんにちは!

2019年春のクイーン・エリザベス日本発着クルーズの船内スタッフをしてまいりました深作華緒里と申します。今回は英国の伝統客船「クイーン・エリザベス」でめぐる、日本周遊クルーズをご紹介いたします。憧れの客船に飛行機に乗らず乗船できるチャンス。この機会にぜひ、「クイーン・エリザベス」の魅力を体験してみてはいかがでしょうか。

1日目 英国の伝統客船「クイーン・エリザベス」に横浜から乗船

イメージ

クイーン・エリザベス船体(イメージ)

普段は、飛行機で移動してからではないと乗船できない憧れの客船“クイーン・エリザベス”。横浜に現れた9万900トンの紺と赤の重厚で美しい船体は圧巻です。出港の際には、中学生のブラスバンドがお見送りの演奏をしてくれました!

2日目 終日航海

  • イメージ

    アフタヌーンティ(イメージ)

  • イメージ

    アフタヌーンティ(イメージ)

横浜を出港し、広島に向けてクルージング。
今日は、朝から船内イベント尽くし。朝のストレッチやデッキの散歩など皆様楽しんで参加されていました。

午後、昼食が終わるとお待ちかねのアフタヌーンティータイム。スコーンや紅茶、コーヒーとともに英国風の優雅なひとときをお楽しみいただくことができます♪
そして、デッキから遥か彼方の水平線に夕日が沈みゆく絶景をお楽しみいただいた後は、お待ちかねの夕食のお時間です。本日のドレスコードは、「ブラック&ホワイト」。モノトーンの装いでフルコースのお食事をお楽しみいただきました!

3日目 広島

イメージ

宮島(広島・イメージ)

3日目は広島に寄港。船会社主催やクラブツーリズム主催のオプショナルツアーに参加したり、ご自身でタクシーを使って観光したり、過ごし方は本当に人それぞれ。岸壁にも多くの屋台が出ていました♪

今回、クラブツーリズムのオプショナルツアーでは原爆ドームや宮島、厳島神社など広島の観光どころへご案内。ぽかぽかしたお天気だったので、厳島神社の鳥居を見ながらアイスを食べたり、あんみつを食べたり、ゆったりと観光を楽しみました。

4日目 終日航海

  • イメージ

    厨房見学ツアー(イメージ)

  • イメージ

    タオルアート(イメージ)

広島から出港し、韓国・釜山へのクルージング。
本日は午前中・午後の2回に分けて、厨房見学ツアーが開催されました♪いつもは見ることのできないキッチンの裏側を見られるチャンス!ツアーの最後にはおいしいプレゼントもありました☆
船内では、絵画教室やタオルアート教室などおすすめのイベントが盛りだくさん。ご自身の興味や趣味に合わせて自由にイベントを選べます。イベントで作ったタオルアートの写真を見せてくださったお客様もいらっしゃいました♪

5日目 釜山

  • イメージ

    カルビ焼き(イメージ)

  • イメージ

    甘川文化村(釜山・イメージ)

5日目は、韓国の釜山に寄港。
自由行動で、マッサージを楽しんだり、市場の散策を楽しんだりと、皆様思い思いに楽しまれていました。
クラブツーリズム主催のオプショナルツアーでは、カラフルな街並みが可愛らしい甘川文化村散策や、カルビ焼き肉の昼食付の釜山満喫のコース、海東龍宮寺や韓国八景に数えられる月見道へ行く絶景めぐりのコースもありました。やはり、おすすめはカルビの昼食!韓国といえばカルビや海鮮鍋などおいしいものがたくさん。船内では毎日、クラブツーリズムのお客様専用のカウンターを設け、船内でのお困りごとの他、自由行動の過ごし方やタクシーの乗り方、おすすめのレストランなどもご案内しておりますので、外国船の船内ですが言語の不安は全く不要です!たくさんのお客様が船内スタッフおすすめのレストランへ行って食事を楽しんでいらっしゃる様子でした。

6日目 長崎

イメージ

軍艦島(長崎・イメージ)

最後の寄港地は、長崎。軍艦島のクルージングや三菱重工業長崎造船所資料館など、歴史深く、異国情緒のあふれる長崎の観光をお楽しみいただきました!長崎名物・卓袱料理やちゃんぽんなど、久しぶりの日本食で嬉しかった!とのお声をたくさんいただきました♪

7日目 終日航海

イメージ

船内食事(イメージ)

いよいよ最終日。あっという間の7日間でした。
最終日とはいえど、イベントは盛りだくさん!サックス奏者によるコンサートやブティックでのセールなど・・・下船準備をしたくない〜とおっしゃっているお客様もいらっしゃいました。名残惜しい気持ちを胸に、皆様最終日の豪華なディナーを愉しまれていました♪

帰港

楽しかった思い出をもとに、それぞれの帰路へ・・・。

決定