フィリピン特集−マニラ・セブ島・ボホール島−一年中温暖な癒しの国へ フィリピン特集−マニラ・セブ島・ボホール島−一年中温暖な癒しの国へ

フィリピンの魅力

魅惑のルソン島

メトロマニラ

©日本アセアン

フィリピンの政治、経済、文化、交通、情報の中心地で、17の行政地域(市や町)の集合体である。面積636平方キロメートル、人口約1,155万人で、世界でも第15位の規模を誇る大都市圏(メトロポリス)を形成している。

サン・オウガスチン教会(マニラ)

イメージ

1606年に完成し、現存する石造りの教会としてはフィリピン最古のバロック様式の教会。内部にある18世紀のパイプオルガンが必見。1993年に世界遺産登録。

サンチャゴ要塞

イメージ

(イメージ)

スペイン統治時代に150年もの歳月をかけて建造された要塞。フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの記念館もある。

リサール記念碑

イメージ

フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの埋葬されている高さ15メートルのモニュメント。フィリピン各地への距離の起点となるゼロポイントにもなっている。

コレディレラ(バナウェー)の棚田群

イメージ

山の急斜面に沿って階段状に開墾された棚田群。そのスケールの大きさから『天国への階段』と呼ばれている。およそ2000年の歴史があり、1995年に世界遺産に登録された。

メトロマニラ

©日本アセアン

フィリピンの政治、経済、文化、交通、情報の中心地で、17の行政地域(市や町)の集合体である。面積636平方キロメートル、人口約1,155万人で、世界でも第15位の規模を誇る大都市圏(メトロポリス)を形成している。

サン・オウガスチン教会(マニラ)

イメージ

1606年に完成し、現存する石造りの教会としてはフィリピン最古のバロック様式の教会。内部にある18世紀のパイプオルガンが必見。1993年に世界遺産登録。

サンチャゴ要塞

イメージ

(イメージ)

スペイン統治時代に150年もの歳月をかけて建造された要塞。フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの記念館もある。

リサール記念碑

イメージ

フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの埋葬されている高さ15メートルのモニュメント。フィリピン各地への距離の起点となるゼロポイントにもなっている。

コレディレラ(バナウェー)の棚田群

イメージ

山の急斜面に沿って階段状に開墾された棚田群。そのスケールの大きさから『天国への階段』と呼ばれている。およそ2000年の歴史があり、1995年に世界遺産に登録された。

第2次世界大戦の激戦地として知られるレイテ島

マッカーサー上陸地点

イメージ

1944年10月20日にマッカーサー他6人の米軍兵士がフィリピン奪回の第一歩を印した場所。現在は、その模様を金色のブロンズ像で表現している。

リモン峠

イメージ

日本軍第一師団の慰霊碑のある峠。凄まじい戦場だったこの地に慰霊する日本人は多い。

マッカーサー上陸地点

イメージ

1944年10月20日にマッカーサー他6人の米軍兵士がフィリピン奪回の第一歩を印した場所。現在は、その模様を金色のブロンズ像で表現している。

リモン峠

イメージ

日本軍第一師団の慰霊碑のある峠。凄まじい戦場だったこの地に慰霊する日本人は多い。

癒しのセブ島

サント・ニーニョ教会

©日本アセアン

1565年に建てられた最も古い教会。過去に2度焼失しており、現在の建物は1740年に再建された。「奇跡を呼ぶ聖像」として厚い信仰を集めているサント・ニーニョ(幼きイエス・キリスト)の像が納められている。毎年1月にシヌログ祭りが開催される。

マゼラン・クロス

イメージ

マゼランが1521年にセブ島に訪れた際に建てたといわれる木製の十字架。訪れた人は、赤い蝋燭を灯して願い事をしている。

サンペドロ要塞

イメージ

フィリピンで最も古い要塞。1565年に建設が始まり、1738年に木造建築から堅固なサンゴ石の姿に生まれ変わった。沈没船から引き上げられた遺品なども展示されている。

マゼラン記念碑&ラプラプ像(マクタン島)

イメージ

冒険家マゼランの記念碑と、その侵略行為に勇敢に立ち向かい、マゼランを戦死に追いやった英雄ラプラプの像が立つ。

サント・ニーニョ教会

©日本アセアン

1565年に建てられた最も古い教会。過去に2度焼失しており、現在の建物は1740年に再建された。「奇跡を呼ぶ聖像」として厚い信仰を集めているサント・ニーニョ(幼きイエス・キリスト)の像が納められている。毎年1月にシヌログ祭りが開催される。

マゼラン・クロス

イメージ

マゼランが1521年にセブ島に訪れた際に建てたといわれる木製の十字架。訪れた人は、赤い蝋燭を灯して願い事をしている。

サンペドロ要塞

イメージ

フィリピンで最も古い要塞。1565年に建設が始まり、1738年に木造建築から堅固なサンゴ石の姿に生まれ変わった。沈没船から引き上げられた遺品なども展示されている。

マゼラン記念碑&ラプラプ像(マクタン島)

イメージ

冒険家マゼランの記念碑と、その侵略行為に勇敢に立ち向かい、マゼランを戦死に追いやった英雄ラプラプの像が立つ。

不思議な島 ボホール島

チョコレートヒル

イメージ

なだらかな円錐型の丘が、周囲一帯に延々と連なっていて、その数は1001個あり、展望台からの眺めは、とても幻想的で美しい。島の中心部に位置している。

ターシャファンデーション

イメージ

世界最小と言われるメガネザル「ターシャ」は、体調約10センチで、丸々とした大きな目が特徴。現在は、絶滅危惧種とされているので、保護センターなどで観ることができる。

チョコレートヒル

イメージ

なだらかな円錐型の丘が、周囲一帯に延々と連なっていて、その数は1001個あり、展望台からの眺めは、とても幻想的で美しい。島の中心部に位置している。

ターシャファンデーション

イメージ

世界最小と言われるメガネザル「ターシャ」は、体調約10センチで、丸々とした大きな目が特徴。現在は、絶滅危惧種とされているので、保護センターなどで観ることができる。

食事

シニガン・スープ

©日本アセアン

魚介類または肉を具とした酸味のきいた独特のスープ。酸味のもとは、タマリンド。お米にかけて食べるのがフィリピン流。

レチョン(豚の丸焼き)

©日本アセアン

豚の丸焼きは、誕生日やお祝い事の時に振舞われる料理で、皮は北京ダックのようにパリパリで、お肉はジューシーでとても美味しい。

ハロハロ

イメージ

紅芋アイスやナタデココ、トウモロコシなどが入ったかき氷。現地の言葉で「ごちゃまぜ」という意味。

フルーツ

イメージ

フィリピンは東南アジアの中でも有数のフルーツ生産国。年間を通して食べる事のできるマンゴーやパパイヤ、パイナップル、スターアップルなどがある。特にフルーツの王様「ドリアン」はフィリピンが格別に美味しいと言われている。

シニガン・スープ

©日本アセアン

魚介類または肉を具とした酸味のきいた独特のスープ。酸味のもとは、タマリンド。お米にかけて食べるのがフィリピン流。

レチョン(豚の丸焼き)

©日本アセアン

豚の丸焼きは、誕生日やお祝い事の時に振舞われる料理で、皮は北京ダックのようにパリパリで、お肉はジューシーでとても美味しい。

ハロハロ

イメージ

紅芋アイスやナタデココ、トウモロコシなどが入ったかき氷。現地の言葉で「ごちゃまぜ」という意味。

フルーツ

イメージ

フィリピンは東南アジアの中でも有数のフルーツ生産国。年間を通して食べる事のできるマンゴーやパパイヤ、パイナップル、スターアップルなどがある。特にフルーツの王様「ドリアン」はフィリピンが格別に美味しいと言われている。

▲フィリピン旅行・ツアー・観光 フィリピンの魅力の先頭へ

決定