クラブツーリズム TOP海外旅行を探す中近東ヨルダン旅行・ツアー・観光よくあるご質問

中近東特集 ペトラ遺跡(ヨルダン)・イスラエル・ドバイ・オマーン・ペルシャ(イラン)

  • ペトラ遺跡(ヨルダン)
  • イスラエル
  • ドバイ
  • ペルシャ(イラン)
  • オマーン

よくあるご質問

トラベルインフォメーション

Q1 気候と服装は?

イメージ
ヨルダンの首都アンマンの気温は、同時期の東京の気温とほぼ同じとなりますので、基本的には、日本にいらっしゃるときと同じ服装でお越しいただくとちょうどよいでしょう。ただし、ペトラ遺跡の観光は、終日徒歩観光となるため、日中の日差しの強さもあり体感温度も暑くなりますので、気温にあわせて脱ぎ着して調整できる重ね着スタイルが便利です。夏の時期は、かなり気温が高くなるため十分な日差し対策と水分補給を徹底してください。また冬から春、秋から冬に関しては、砂漠の気候の特徴として朝晩冷え込むことが多くありますので、ウィンドブレーカーなどの防寒着をお忘れないようにご準備ください。

Q2 観光のベストシーズンはいつ?

ヨルダンは、一年中どの季節でも観光できますが、気候が落ち着く春や秋が、快適に旅できるベストシーズンだといわれています。夏場は、気温が非常に高くなるため、ペトラ遺跡の観光の際には、十分な日差し対策と水分補給が必要です。また、冬でも死海の浮遊体験がお楽しみいただけるかどうか、というご質問をよくいただきますが、死海は海抜マイナス400mの低地に位置し、冬場も含めた一年中、ご案内することができますので、ご旅行の際には水着をお持ちください。
  • イメージ
    (イメージ)
  • イメージ
    (イメージ)

Q3 ペトラ遺跡は結構歩くの?

  • イメージ
    (イメージ)
  • イメージ
    (イメージ)
ペトラ遺跡は広大な遺跡となっており、終日かけての観光となります。そのため、他の観光地に比べると歩く箇所が多くなります。ただ、一部区間に馬や馬車など、有料ではありますが、歩行を短縮することができる手段もございますので、上手に活用されるとよいでしょう。ただし、ロバやラクダなど、生き物、場所によっては非常に危険ですので、一部区間を除いては、基本的に徒歩観光となります。詳細は、「ペトラ遺跡の楽しみ方」をご参照ください。

Q4 イスラム教国だから、お酒は飲めないの?服装など厳しいの?

イメージ

ヨルダンの一部のレストランやホテルでは、アルコールの提供がないこともございます。ただし、イスラム教の国ではありますが、旅行者に対して禁酒を課すことはございませんので、提供のあるレストランではお飲みいただいて問題ありません。また、服装に関しましても、ヨルダンはあまり戒律の厳しい場所ではございません。コースによってはマダバの教会(キリスト教)などにご案内することもあるため、あまり露出の激しい服装はおすすめできませんが、あまり過度に注意する必要はないでしょう。

Q5 食事は?

ビュッフェ形式の食事が多いので、好みにあわせてお召し上がりいただけます。ただし、日本と比べて肉料理が中心となりますので、心配な方は日本からインスタント食品やお菓子、また念のため胃腸薬などお持ちいただくことをおすすめします。また、水道水は、口に含んだりうがい程度なら問題ありませんが、飲料用としてはミネラルウォーターをお飲みください。ミネラルウォーターは、レストラン、お手洗い休憩で立ち寄るお土産屋さんのカフェ、ホテル、ペトラ遺跡内などで手軽に購入できます。
  • イメージ
    (イメージ)
  • イメージ
    (イメージ)

Q6 持っていくお金はどうすればいい?物価は?

ヨルダンの現地通貨はヨルダンディナールとなっておりますが、どこもアメリカドルが通用するため、日本からはアメリカドルをお持ちください。現地通貨に両替する必要はありません。ヨルダンではお手洗いチップが必要であり、そのお金は現地通貨となりますが、米ドルでの支払いが可能で2名様で1ドルくらいとなっております。また枕チップも一泊1ドルあたりが相場です。ヨルダンの物価は、皆様が想像されている以上に高めです。現地の方々の利用する店などでは全体的に日本より物価が安いですが、ツアーでご案内する観光地におきましては、比較的高めの物価となっております。たとえば、レストランでソフトドリンクを頼まれる場合、ソフトドリンクで4〜8USドルくらい、アルコール類では、ビール1杯7〜10USドルくらい、グラスワインで約10〜12USドルくらいかかります。ミネラルウォーターは購入する場所にもよりますが、約2USドル〜4ドルくらいが目安です。

イメージ

Q7 人気のお土産はある?

ヨルダンといえば、圧倒的に人気が高いのが、死海製品となります。死海の石鹸や泥パック、ハンドクリームなど様々なブランドが展開しており、商品の種類もいろいろあります。石鹸1つは約4ドルくらいで売られており、その他のコスメ商品は物により、30ドルくらいのものもあります。また、民芸品やラクダのぬいぐるみ、デーツ(なつめやし)のお菓子などもポピュラーなお土産です。これらのお土産は、バスの移動の途中に寄る土産屋さんなどで売られています。またデーツは、アンマンの空港などでもきれいに包装されたタイプのものなどが売られており、好き嫌いはありますが、人気があります。

死海グッズ
死海グッズ(イメージ)

Q8 中東と聞くと、治安が心配。大丈夫?

周辺国の情勢により、不安定なイメージを持たれる方も多いですが、ヨルダンの治安は安定しております。また、ヨルダンの人々は親日家も多いことや、欧米やその他の国や地域と比べてスリなどの犯罪率も低いなど、日本人の方がにとっても旅行しやすい環境となっております。ただし、情勢に左右されることもございますので、弊社におきましては常に現地の状況について情報収集を行い、定期的に現地の安全確認を行っております。ツアーが催行される限りは皆様を安全な形でご案内させていただきますのでご安心ください。

イメージ

中近東のヨルダン旅行・ツアー・観光のよくあるご質問なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。ヨルダン、イスラエル、ドバイなどの観光地や、中近東のおすすめのツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

▲ヨルダン旅行・ツアー よくあるご質問の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員