イスラエル観光旅行・ツアーイスラエル観光旅行・ツアー

Q1気候と服装は?

イメージ

  • 夏の気温は日中40度を超えることもあるなど非常に暑くなります。冬は多少気温が下がるものの、日中の徒歩での観光中などは日差しが強くなり汗ばむこともございます。
  • 十分な日差し対策(日焼け止め・帽子・スカーフ・サングラス)、薄手の長袖に上着を重ね着し、脱ぎ着しやすい服装をご準備いただくことをお薦めします。
  • 非常に乾燥しています。保湿クリーム、マスクは必携です。
  • 死海周辺の気温は年間を通して温かいため、一年中死海の浮遊体験が可能です。
  • 降水量に関しては少ないものの、冬場は雨が降ることもございますので、雨具のご準備もお願いします。

Q2イスラエルの観光はどのくらい歩きますか?

イメージ

各都市間の移動は、基本的にバスになりますが、エルサレムの旧市街など、車両の入れない場所においては、徒歩での観光が基本となります。エルサレムの観光などは、朝バスを降りてから終日徒歩での移動となることも多くございますので、歩きやすい靴でご参加ください。

Q3観光・食事・服装など特別な準備が必要ですか?

イスラエルの観光では、一部ベツレヘムの観光を除いて、経験豊富な日本語ガイドがわかりやすく解説させていただくので、ご好評いただいております。また、様々な宗教の聖地ではありますが、服装や食べ物に関しても、旅行者にとって厳しい規定などはありませんので、安心してご参加ください。教会の観光などにおいて露出の激しい服装を避けるなどの最低限の注意は必要ですが、レストランやホテルではアルコールの提供もあり、比較的旅行しやすい土地といえます。

  • イメージ

    (イメージ)

  • イメージ

    (イメージ)

Q4治安は大丈夫でしょうか?

イメージ

イスラエルの国全体で見ると、国境沿いなど一部の箇所では危険度の情報も出ておりますが、弊社のご旅行でご案内する、エルサレムやティベリアなどの都市は現在のところ(2017年1月現在)、治安は問題なく観光できます。常に現地とコンタクトをとりながら、安全確認を行っておりますので、安全な限りでツアーを実施させていただいております。

ほかのヨーロッパ等の地域に比べ、スリ・強盗は少ないといわれておりますが、貴重品の管理に関しましては細心の注意をお願いいたします。夜間の一人歩きにつきましてはご遠慮ください。

<ツアー中の防犯対策として>

  • 財布・カメラ・貴金属類などの貴金属を見せないようにする
  • 歩道の真ん中を歩き、複数の人間で行動するようにする
  • 身動きのしやすい服装・手持ち鞄ではなく肩掛け鞄で必ず体の前で持ち歩く

Q5食事が心配。お水も飲める?

イメージ

様々な宗教の人々の住む都、エルサレムをはじめイスラエルの食事は、豊富なバリエーションがあり、日本人のお客様の口にもあう、といわれています。ホテルの食事は基本的にビュッフェとなり、様々な種類の中から選んでお召し上がりいただけますのでご安心ください。水道水は、うがいや歯磨きでの使用は問題ありませんが、飲料用にはミネラルウォーターをお求めください。

Q6両替のお金はどうすればよい?物価は?

イメージ

現地通貨はイスラエルの新シェケルになりますが、アメリカドルが広く通用しますので、ご旅行の際には日本よりアメリカドルをお持ちください。物価は日本と同じか、それより少し高く感じます。ツアー中、お金を使用する場所としては、食事中のお飲み物代、枕チップ、お土産などがありますので、この分を考慮してお持ちください。目安として、ソフトドリンクで4〜5ドル程度、ビール4〜8ドルくらい、グラスワイン7〜10ドルくらいとお飲み物代はレストランによっても異なります。その他枕チップは目安1〜2ドルくらいです。お土産は個人差がありますので、たくさん買う方は、大目にお持ちください。基本的には現金でのお支払いをおすすめしますが、一部のお店では、クレジットカードが通用する場所もございます。

<通貨とトイレ・枕チップとお水>
ドルが通用します。なるべくドルでお買い物をすると現地通貨でおつりがくることがほとんどなので、シェケルに両替しなくてもすごすことができます。現地通貨へ両替をする場合は1日30ドルを目安にご両替ください。

現地通貨 : 新シェケル(NIS)/ 1新シェケル 約30円(2017年1月)

  • トイレチップ:1回2シェケル
  • 枕チップ:1泊ひとり1ドル
  • お水(ミネラルウォーター):一部地域を除き水道水は飲料できますが、水道水は石灰分が多いのでミネラルウォーターをお勧めします。

▲イスラエル旅行・ツアー・観光 よくあるご質問の先頭へ

決定