メキシコ旅行・ツアー・観光

よくあるご質問 | 南米・中米のメキシコ旅行・ツアーなら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適。チチェンイツァ、カンクン、テオティワカン、セノーテ、マヤ遺跡など有名なメキシコ観光地からトラベルインフォメーションまでご紹介。

よくあるご質問

Q1.気候と服装は?また、ベストシーズンはいつですか?

イメージ

シーズン

メキシコは、四季の変化がなく、主に季節は雨季と乾季に分けられ、雨のほとんど降らない乾季が観光のベストシーズンといわれます。
気温は1年中変動が少なく、最高気温はメキシコシティでは20℃前後、メリダ・カンクンでは27℃前後です。

【雨季】(5〜9月)

昼間は晴れていても、スコールのような激しい雨が降ります。雨具が必需品になります。
※雨は一日中降り続くということは少なく、夕方からスコールのような激しい雨が降ってはすぐ止むことが多いので、観光には影響が出ることは少ないです。

【乾季】(10月〜4月)

湿度が低く、比較的過ごしやすい季節です。
2〜3月は、南米のように群生はしていませんが、ジャカランダの花が咲く季節です。
※見頃は前後する場合がございます。

服装

【メキシコシティ】

メキシコシティのある中央高原は、海抜2,000mを超える高地のため比較的涼しく、一年中寒暖の差が激しいのが特徴です。3〜6月は、気温が高く、昼間は夏服で十分過ごせますが、朝晩の温度差が激しいため、温度調整できる羽織物を必ずご準備ください。
7月〜2月は、湿度も低く比較的過ごしやすいですが、朝晩の気温が10℃以下になることもあります。セーターやジャケットをご準備ください。

【メリダ・カンクン】

メリダ・カンクンはメキシコシティよりも湿度が高くなります。半袖1枚でも過ごせます。
日差しが強いので、日差し対策に薄手の長袖を基本として、バスの冷房対策に羽織物を1枚ご準備いただくとよいでしょう。観光中は日差しを避けるために帽子・サングラス・日傘があると便利です。
また、ひんやりシートや冷却タオルなど暑さ対策グッズもおすすめです。

Q2.メキシコの観光はどれくらい歩きますか?特にピラミッドの登頂はどれくらい歩きますか?

【メキシコで歩くところが多いのは遺跡観光です。約1時間半〜2時間歩きます。
歩きやすい靴、両手が使えるよう斜めがけのバッグやウエストポーチがおすすめです。

【遺跡観光時の荷物持込に関してのご注意】
遺跡見学の際リュックサックや肩から背負う大きなお荷物の持ち込みが禁止となります。遺跡見学時には斜めがけの肩掛けかばん等をご用意ください。
メキシコの遺跡には、ほぼ日陰がありません。帽子・サングラス・日傘等の日差し対策があるといいでしょう。
歩行に心配のある方は、お気兼ねなくご相談ください。また、日中の観光は気温も上がり汗をかきやすいのでこまめな水分補給を心がけましょう。

(例)

チチェンイツァ遺跡

ピラミッド(エルカスティージョ)や、球戯場、戦士の神殿、天文台等を観光して回ります。
※現在ピラミッドの登頂はできません。

テオティワカン遺跡

テオティワカン遺跡ではピラミッド(太陽のピラミッド)に登ることができます。

Q3.メキシコの通貨・両替について知りたいです。

通貨

メキシコの通貨単位はメキシコペソです。
1メキシコペソ=6円(2017年4月現在)
※現地ではあまり両替する時間や場所がありませんので、成田空港でお済ませください。
メキシコペソを扱っている両替所は、成田空港ターミナル クラブツーリズム受付カウンター横にございます。
※アメリカドルも流通しておりますが、近年、場所によりアメリカドルの通用度が低くなっており、使えない場合もございますのでご注意ください。

メキシコシティ・メリダ

物価は日本と比べて安いです。基本的にメキシコペソでのお支払いとなります。
※市場では、お店によってはアメリカドルでのお支払いも可能です。また、その場合、メキシコペソでのお釣りとなる場合がございます。
市場では基本的に定価がございません。交渉次第で、お値段が決まります。値段交渉もメキシコ旅行の醍醐味の一つとなりますので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

カンクン

物価は一気に上がり観光地価格となるため、日本とあまり変わりません。
ショッピングモールも近くにあり、アメリカドル・メキシコペソ・クレジットカードもご利用できます。

チップについて

ホテルや空港のポーター代、レストランでの食事のサービス料等基本的にチップ代はご旅行代金に含まれております。

[ご旅行でお支払いいただくチップ]

■ホテルでの枕チップ
目安:1泊おひとりさまにつき1アメリカドルまたは10〜15ペソ

■レストランでのお飲み物のチップ
添乗員よりチップ含めたお飲み物の代金を、お食事の際ご案内いたします。
目安:ビールなどのアルコール類:50ペソ〜100ペソ位
ソフトドリンク:30ペソ〜50ペソ位
※お飲みものの代金は、ペソでのお支払いとなります。

Q4.メキシコではどんな食事が食べられますか?

メキシコ料理は2010年に世界文化遺産に登録され、注目を受けています。日本でもファーストフードでサルサバーガー、コンビニでトルティーヤ巻きもあり、親しまれています。現地のものを現地で、雰囲気や文化を感じながらお召し上がりください。

【アラチェラステーキ】ひと工夫でタコスに変身!お好みで (1)トルティーヤに、野菜や (2)サルサを挟みタコスにするのがメキシコ流です。焼き肉でいうハラミの部分。やわらかく食べやすい点が人気。【食事をしながらマリアッチディナー】食事をしながら、メキシコを代表する楽団「マリアッチ音楽」をお楽しみいただけます。

ワンポイント
  1. 【(1)トルティーヤとは??】トウモロコシの粉に塩や水を混ぜて練り、伸ばして焼いたもの。メキシコ人の主食であり、日本でいう白米にあたります。
  2. 【(2)サルサとは??】味を引きしめるソース。アボガド・チレ・トマト等に混ぜ合わせ、その種類は何百通りにもなります。

【クラブツーリズムこだわりポイント】辛いものが苦手な方に向け、サルサは別添えでお出ししています。辛いものが苦手な方でもお好みで調整できます。

Q5.メキシコで日本の電器製品は使えますか?

メキシコの電圧は110V(ボルト)、60Hz(ヘルツ)です。プラグの形状はAタイプで日本と同じです。日本の電器製品を使う場合は、変圧器を使用することが推奨されていますが、最近の携帯電話やノートパソコン、デジタルカメラの充電器の中には、110Vに対応している製品も多く、あらかじめ説明書などで対応電圧を確認していただくことをお勧めします。

Q6.メキシコの水は飲めますか?

水道水はうがいや歯磨きに問題はありませんが、石灰分が強い水質のため、日本人には合いません。
お腹を壊してしまう可能性もあるので、ミネラルウォーターをお飲みください。
メキシコは暑く、汗もかきやすいので、1日ペットボトル(500ml)2本以上を目安に水分補給をするといいでしょう。

お勧め飲み物

ビール

メキシコビールは種類も豊富で、喉越し爽やか!女性でも、飲みやすいと言われています。
メキシコ料理にも相性抜群です。

■XX(ドスエキス)

メキシコ定番の銘柄。アメリカでも大人気です。

■Corona(コロナ)

日本でもなじみ深いコロナビール。本場メキシコの地で飲んでみては?

■SOL(ソル)

ビーチエリアで人気のある爽やかな飲み心地。カンクンで是非。女性でも飲みやすいビールです。

ソフトドリンク

■ハマイカジュース(ハイビスカスのジュース)

すっきりとして不思議な味わい。ビタミンCも豊富で、夏バテ対策にもピッタリです。

■リモナーダ(レモネード)

爽やかな酸味。遺跡観光の後に飲むのがおすすめ。お水と同様、炭酸のあるもの、ないものが選べることも。
日本では珍しいオレンジネードもございます。

クラブツーリズムこだわりポイント

ビール(イメージ)
ビール(イメージ)

観光中は1日1本のミネラルウォーターのサービスをしているコースもございます。

ワンポイント

お水はアグア・コンガス(炭酸入り)とアグア・シンガス(炭酸抜き)の2種類があります。暑い日には炭酸入りのお水も喉ごし爽やかです。

Q7.オールインクルーシブとは何ですか?

イメージ
(イメージ)

カンクンのお泊りホテルのプランで、「オールインクルーシブ」=「飲み放題・食べ放題」となります。
レストランやバーでのお食事・お飲み物、お部屋の冷蔵庫内のビール、ルームサービスも全てご旅行代金に含まれているホテルプランとなります。
※高級なお酒・ボトルワイン・ロブスターやスパ等、一部メニューを除きます。
※コースによって、オールインクルーシブプランをご利用できないものもございます。

(例)
朝起きて、ルームサービスでブレックファスト、ビーチに出てのどが乾いたらトロピカルなソフトドリンクで一息。バイキングでのディナー後はバーで旅の思い出話をしながら、メキシコビールをお楽しみ。

Q8.メキシコの人気のお土産はありますか?

メキシコ民族衣装のウィピル(メキシコのブラウス)

  • イメージ
  • 民族衣装のウィピル(イメージ)
    民族衣装のウィピル(イメージ)

花柄模様の刺繍がアクセントで、「可愛い」とお客様からも人気です。地域ごとに素材や刺繍の特徴が異なります。

赤ちゃんサイズから、子供用・大人用まであり、お孫さん・お子様のお土産に喜ばれます。もちろん、ご自身のお土産にもピッタリです。

テキーラ・カルーアチョコレート

イメージ
カルーアチョコレート(イメージ)

メキシコといえばテキーラやカルーアのようなお酒をイメージする方が多いのではないでしょうか。
チョコレートの中にほんのりメキシコのお酒を詰め込んだテキーラチョコレート、カルーアチョコレートといったメキシコ定番土産があります。
お帰りの空港の免税店でもご購入できます。

Q9.メキシコの治安について知りたいです。

近年、治安の悪化はありません。
ただし、空港や観光地では、スリや置引きに注意が必要です。海外旅行でのお約束(1.高価なものを身につけない。2.人通りの少ないところは避ける。3.手荷物から目を離さない。4.貴重品は肌身離さず携帯する)をお守りいただければ、観光を楽しめます。

Q10.虫よけスプレーは必要ですか?持参しても良いですか?

2016年11月7日現在、メキシコ全土にジカ熱の影響により海外安全情報「レベル1・十分注意してください」が発出されています。ツアーで行く場所での大きな流行はございませんが、ご心配な方は虫除け対策をしてツアーにご参加ください。
長袖・長ズボンで肌を覆うだけでも十分な虫除けになります。
※ジェル状のものを持参する場合は、スーツケースに入れてご準備ください。
スプレータイプの虫よけは、空港で没収されてしまいますので、ご注意ください。

Q11.飛行機の移動時間はどのくらいかかりますか?また、機内サービスはどのようなものがありますか?

行きは直行便でメキシコシティへ約13時間、帰りはメキシコシティから成田までは約15時間になります。

成田〜メキシコシティ間 国際線
機内食の回数:2回(出発後1時間半〜2時間で夕食と到着2時間までに朝食が出ます)

カンクン〜メキシコシティ間 国内線(所要:約2時間30分)機内食なし

よくあるご質問 | 南米・中米のメキシコ旅行・ツアーなら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適。チチェンイツァ、カンクン、テオティワカン、セノーテ、マヤ遺跡など有名なメキシコ観光地からトラベルインフォメーションまでご紹介。

▲メキシコ旅行・ツアー・観光 よくあるご質問の先頭へ

決定