香港・マカオ観光旅行・ツアー香港・マカオ観光旅行・ツアー

香港・マカオ・深センマップ

マップ

  • 香港
  • 黄大仙寺院(こうたいせんじいん)
  • 文武廟
  • レパルスベイ
  • スターフェリー
  • マカオ
  • 聖ポール天主堂
  • セナド広場
  • 媽閣廟(まっこうみょう)
  • マカオタワー
  • 深セン

香港

中華文化とイギリス文化の絶妙な融合を体験できる「香港」

イメージ

香港は観光地としては有名ですが、名所旧跡や観光スポットは少ないにもかかわらず、世界の人々をひきつけます。
その理由は「美食天国―グルメの都」であることや高級ブランドをはじめ世界中の商品が集まるところで魅力が溢れているからでしょう。
グルメ・ショッピングでストレスを発散し、夜景やマッサージなどで癒されに香港を訪れてみてください。

黄大仙寺院(こうたいせんじいん)

イメージ

地元の人に広く信仰されている黄大仙が祀られている道教寺院。どんな願い事でもかなえてくれるといい伝えられている。

2階建てトラム

イメージ

ガタゴトと揺れながら香港島北部を東西に走るトラムは、単に移動手段として安くて便利というだけではなく、賑やかな街中を縫うようにして走るトラムの2階席から素晴らしい眺めが楽しめます。

文武廟

イメージ

文神と武神が祀られた香港最古の道教のお寺。文武廟という名前の通り、文学の神と武道の神が祀られている。

レパルスベイ

イメージ

美しい半月形のビーチがある、香港の高級住宅街。1950年代のアメリカ映画、「慕情」の舞台にもなった。

スターフェリー

イメージ

ビクトリアピークの尖沙咀(チムサーチョイ)と中環(セントラル)を結ぶ有名な船・スターフェリー。漢字の名前は「天星小輪」。100年もここを往復しています。

香港の夜はおもいっきり満喫しなきゃ損!

アベニューオブスターズの夜景(イメージ)

アベニューオブスターズの夜景(イメージ)

香港は観光地としては有名ですが、名所旧跡や観光スポットは少ないにもかかわらず、世界の人々をひきつけます。
その理由は「美食天国―グルメの都」であることや高級ブランドをはじめ世界中の商品が集まるところで魅力が溢れているからでしょう。
グルメ・ショッピングでストレスを発散し、夜景やマッサージなどで癒されに香港を訪れてみてください。

ビクトリアピークからの夜景(イメージ)

ビクトリアピークからの夜景(イメージ)

夜景の名所として知られる高さ552メートルの香港島最高峰。
山上からは香港島や九龍の超高層ビル群やヴィクトリア・ハーバー、周囲の島々などが一望のもとに見渡せる。

香港の中心部・ネイザンロード(イメージ)

香港の中心部・ネイザンロード(イメージ)

尖沙咀から旺角まで南北に走っている大通り。
始点は、九龍の南部ビクトリア・ハーバーから少し北の梳士巴利道(Salisbury Road)との交差点であり、終点は北の界限街との交差点である。

マカオ

街全体が歴史・文化の博物館!世界文化遺産「マカオ歴史市街地区」

イメージ

2005年7月、マカオの22の歴史的建造物と8カ所の広場が「マカオ歴史市街地区」として世界文化遺産に登録されました。
旅行者にとって世界遺産は観光の対象ですが、マカオ市民にとってここは今なお生活空間そのもの。また建築物・史跡など有形のものに限らず、様式、宗教的寛容さ、食文化など多くの無形文化が街と共に共存しています。

聖ポール天主堂

イメージ

マカオのシンボル協会の前面部分だけ残ったファザード。かつては東洋一と称されたキリスト教の建築物だったが1835年に火事で消失した。

セナド広場

イメージ

地面にはめ込まれたモザイク模様とパステルカラーのコロニアル風建造物が印象的な広場。周囲には世界遺産が点在する。

媽閣廟(まっこうみょう)

イメージ

中国語で「マァゴッミィーウ」と呼ばれることから、マカオの地名発祥の地とも言われている。境内には中国のジャンク船が置かれている。

マカオタワー

イメージ

338メートル(1,109フィート)の高さを誇り、棟には全景を見渡せるデッキ状の展望台部分やレストラン、映画館、ショッピングモールが設けられている。

深セン

中国の特別経済区として発展してきた街「深セン」

イメージ

香港と深河を隔てて北側に位置する深セン。
中心部には高層ビルが林立します。
香港に比べ物価が安いこともあり、ショッピングに訪れる人も多く、通貨は中国人民元ですが、観光で回る場所やタクシーなどでは香港ドルもそのまま使える場所もあります。週末や連休には入境審査に長蛇の列ができるほどです。

▲香港・マカオ旅行・ツアー・観光 観光地のご案内の先頭へ

決定