クロアチア・スロベニア旅行・ツアー・観光 クロアチア・スロベニア旅行・ツアー・観光

クロアチア・スロベニアの魅力

クロアチア観光地情報

クロアチア

東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する共和制国家。国土の西側がアドリア海に面した風光明媚な国。1991年にそれまで連邦を構成していたユーゴスラビアから独立を果たしました。様々な時代の面影を残す遺跡や都市はダイナミックな迫力。ヨーロッパ屈指のリゾート地として世界中から注目を集めています。

地図

  • プリトヴィツェ湖畔国立公園
  • イストラ半島
  • ザダール
  • シベニク
  • ザグレブ
  • トロギール
  • スプリット
  • ドゥブロヴニク
  • プリトヴィツェ湖畔国立公園
  • イストラ半島
  • ザダール
  • シベニク
  • ザグレブ
  • トロギール
  • スプリット
  • ドゥブロウニク

スプリット

人口20万人を抱えるクロアチア第2の都市スプリットはアドリア海沿岸最大の港町となっております。アドリア海の島々への航海の起点にもなっています。3世紀に活躍したローマ皇帝ディオクレティアヌス帝が余生を過ごした宮殿がそのまま旧市街になったという珍しい起源をもつ町となっております。その現存するディオクレティアヌス宮殿そのものが世界遺産に登録されています。大聖堂には鐘楼がそびえ、階段にて鐘楼に上るとスプリットを一望することも出来ます。
ディオクレティアヌス宮殿北の「金の門」付近にはグルグール司教像が立っており、左足の親指に触ると幸運になるといわれており、多くの人が触ってピカピカに輝いています。宮殿外も雰囲気の良い路地や広場などがたくさんあり、街歩きに最適です。また、毎日街の広場では多くの屋台が並ぶ青空市場でのお買い物も楽しめます。

  • 鐘楼

    イメージ

    (イメージ)

  • ディオクレティアヌス宮殿

    イメージ

    (イメージ)

  • 魚市場

    イメージ

    (イメージ)

  • スプリットの街並み

    イメージ

    (イメージ)

  • 青空市場

    イメージ

    (イメージ)

ザグレブ

クロアチアの首都ザグレブ。イタリアのベニスなどの海洋都市国家の影響が強い沿岸の街とは異なり、長い歴史をともにしたハンガリーとオーストリアに大きな影響を受け、ハプスブルク時代の面影を漂わせる雰囲気を持つ街です。中世以来の町並みに加え、数多くの博物館等があり、クロアチアの文化的な中心地でもあります。
なかでも、ザグレブのシンボルでもある美しい聖母被昇天大聖堂、屋根のモザイクが印象的な聖マルコ教会、数多くのカフェやレストラン、ショップに囲まれたイエラチッチ広場などがおすすめとなっております。

  • ザグレブ聖母被翔天大聖堂

    イメージ

    (C)Zagreb Tourist Board

  • イエラチッチ広場

    イメージ

    (イメージ)

  • 聖マルコ教会

    イメージ

    (イメージ)

まだまだ見逃せない魅力あふれる都市

シベニク

イメージ

(イメージ)

ダルマチア地方独特の美しい旧市街が残る港町シベニク。入り組んだ路地が多い旧市街は情緒あふれ徒歩観光に最適。
街のシンボルは1431年から1555年まで120年以上かけて建設されたルネサンス様式の傑作、世界遺産「聖ヤコブ大聖堂」です。

トロギール

イメージ

(イメージ)

トロギールは街の周りを城壁に囲まれた小さな島で、町全体が世界遺産に登録されています。狭い旧市街にさまざまな時代にわたる教会や歴史的建造物並ぶさまは、まるで中世建築博物館のようです。聖ロヴロ大聖堂は格別で鐘楼にも上ることが出来ます。

イストラ半島

イメージ

(イメージ)

絵ハガキのような美しい港町「ロヴィニ」、円形劇場で有名な古代ローマの遺跡が眠る街「プーラ」、世界遺産エウフラシウス聖堂が有名な「ポレチュ」など小さなかわいらしい街からなるイストラ半島。アドリア海に囲まれた美しい港町等をゆっくり散策するのがおすすめです。

ザダール

イメージ

(イメージ)

10世紀にダルマチア地方の中心都市として栄えたザダール。南北に長いクロアチアのアドリア海沿岸、ちょうど真ん中に位置する小さな港町。迷路のような旧市街がかわいらしく、世界各国から、観光客が訪れます。

▲クロアチア・スロベニア旅行・ツアー・観光 クロアチア観光地情報の先頭へ

決定