2020年2月開催 熱狂のリオ・デ・ジャネイロへ!リオのカーニバル特集 2020年2月開催 熱狂のリオ・デ・ジャネイロへ!リオのカーニバル特集

リオのカーニバルとは

カーニバルの魅力

2019年3月 リオのカーニバルに行ってきました!

スタッフ:前嶋

スタッフ:前嶋

添乗員としてお客様とリオのカーニバルに行ってきました!一晩中続く華やかなパレードと、熱気溢れる会場の雰囲気に圧倒されました。予選を勝ち抜いたチャンピオン達のパレードは迫力満点です!また、カーニバルだけでなくリオの街の観光もたっぷりお楽しみ頂けるツアーとなっております!皆様も是非、情熱のサンバのリズムをリオで感じてみませんか?

リオのカーニバルとは世界で一番熱狂的!出場者2万人以上!世界最大の謝肉祭(カーニバル)!

  • 謝肉祭(カーニバル)は世界中のカトリックの国で行われてますが、リオのカーニバルは世界最大級であり、最も熱狂的といわれています。
    統一されたテーマをもとに、1チーム3,000〜6,000人の大規模なグループが行進をして、コンテスト形式で優勝を競い合います。華やかな衣装、ダイナミックな音楽とリズム。観客も皆、思わず自然に身体を揺さぶり踊り出してしまいます。是非!年に一度の祭典・リオのカーニバルを肌で感じてください。

さらに!選ばれたものだけ出場できるチャンピオンパレードも見逃せない!

  • 例年、リオのカーニバル本番の数日後に「チャンピオン・パレード」が開催されます。
    こちらは、本番のコンテストで上位入賞を果たしたチームだけが出場できるパレードで、会場は本番と同じサンボドロモ。
    ハイレベルなパフォーマンスを堪能できるため、特に旅行者にとっては観覧する価値のある恒例のイベントです。
    踊り子さんが豪華な衣装や飾りを観客に貸してくれるのも、お祭り最終日のチャンピオン・パレードならでは。本物の衣装を着て、ダンサー気分で記念撮影ができるかもしれません。

    「クラブツーリズムのこだわり」

    クラブツーリズムでは、チャンピオンパレードを観賞するコースを多数ご用意しています。

リオのカーニバルの構成と採点方法

カーニバルのパレード構成

1チーム約2,000人〜4,000人(打楽器は最低200人以上)山車は最低8〜12、制限時間1チーム65分以上80分以内。
チームには以下のように様々な役割があります。

  1. 総監督
    (DIRETORIA DE HARMONIA)
  2. パレードのテーマ構成、衣装担当
    (CARNAVALESCO)
  3. 作曲家
    (COMPOSITOR)
  4. 打楽器部門の監督
    (DIRETORIA DE BATERIA)
  5. 白いレースのコスチュームで行進する女性
    (BAHIANA)
  6. パレードを先導し紹介する男性
    (MESTRE-SALA)
    ポルタバンデイラをエスコートする役割。
  7. エスコーラの旗を持って行進する女性
    (PORTA-BANDEIR)
    エスコーラ1の気品ある美女が選ばれます。

カーニバルの採点方法・基準

各審査員は8.00〜10.00の持ち点で、8.10、8.20、8.30などと採点。
項目ごとに5人の審査員が採点し、最高得点と最低得点が削除された残りの3人の得点を加算して正式な総合得点とします。
審査項目は10項目あります。

  1. 打楽器の演奏(BATERIA)
  2. リズム・歌・踊りのハーモニー(HARMONIA)
  3. テーマ局の歌詞とメロディー(SAMBA-ENREDO)
  4. 踊り(EVOLUCAO)
  5. 衣装(FANTASIA)
  6. パレードのテーマ(ENREDO)
  7. パレードを先導(時間調整)(COMISSAO DE FRENTE)
  8. 山車と装飾(ALEGORIAS ADERECOS)
  9. 旗を持った女性とエスコートの男性の踊りの調和
    (MESTRE-SALA E PORTA-BANDEIRA)
  10. パレード全体の調和(CONJUNTO)

以上10項目の審査で勝ち残ったチームのパレードを楽しめるのが「チャンピオンパレード」となっております。

サンボドロモ(会場)について

リオのカーニバルは「サンボドロモ」(サンバ競技場の意)と呼ばれ、7万人以上を収容できる巨大な会場で行われます。下の図のように南北に長く、中央の道をダンサーや山車のパレード隊が行進します。クラブツーリズムのツアーでは、圧倒的な迫力を間近で体感できる、特別観覧席に皆様をご案内いたします。

イメージ

  • イメージ

Q1.特別観覧席とは?

カーニバル会場の一般観覧席はポルトガル語でセトール(SETOR)と呼ばれ、上の図の通り10以上の区画に分けられています。セトールのさらに前部に位置するのが、フリッサ(FRISA)と呼ばれる特別観覧席で、右の写真では黄色の部分になります。2020年は、このフリッサ席を確約してご案内します。目の前を通過する山車やダンサーとの距離も近く、熱狂的な臨場感を味わえます。

Q2.お店などはあるの?

お席の後ろ側には例年出店が出店しており、軽食やお飲み物、またTシャツなどのグッズをお求め頂くことも可能です。

Q3.トイレはどこにあるの?

お手洗いもお店同様にお席の後ろ側にございますので、観覧中いつでもご自由にご利用いただけます。

イメージ

フリッサからはダンサーが間近に見られます!
大迫力のパレードをお楽しみください!(イメージ)

▲リオのカーニバルとは リオのカーニバル旅行・ツアー・観光の先頭へ

決定