該当の出発地をお選びください

現在、出発地の対象エリアは
関東版<東京23区>で設定されております。ご出発地を変更する場合は、 該当の地域をプルダウンより選択してください。

閉じる

インターネット会員 ログイン

はじめての方はこちら

閉じる

会員メニュー いつもご利用ありがとうございます。

閉じる

紅葉のカナダ旅行・ツアー特集 紅葉のカナダ旅行・ツアー特集

絶景のメープル街道

メープル街道 マップ

メープル街道とは、北はケベック州のケベック・シティから、南はオンタリオ州のナイアガラまで、全長約800kmに及ぶルートはメープル(カエデ)の木が多く群生し秋になると一斉に紅葉することから、日本では「メープル街道」の名で親しまれています。まるで山が真っ赤に燃えているような、ダイナミックな紅葉を見ることができます。この地域には、主にイギリスとフランスの2つの文化圏があり、トロント、オタワ、モントリオールといったカナダの経済を支える大都市や、世界遺産都市ケベックや古都キングストン、首都が置かれているオタワなど、カナダ建国の歴史に欠かせない都市も点在しており、現地では「ヘリテージ・ハイウェイ(歴史街道)」と呼ばれています。

  • ローレンシャン高原
  • アルゴンキン州立公園
  • ナイアガラの滝
  • ケベック
  • モントリオール
  • モンテベロ
  • オタワ
  • サウザンドアイランズクルーズ

メープル街道とは、北はケベック州のケベック・シティから、南はオンタリオ州のナイアガラまで、全長約800kmに及ぶルートはメープル(カエデ)の木が多く群生し秋になると一斉に紅葉することから、日本では「メープル街道」の名で親しまれています。まるで山が真っ赤に燃えているような、ダイナミックな紅葉を見ることができます。この地域には、主にイギリスとフランスの2つの文化圏があり、トロント、オタワ、モントリオールといったカナダの経済を支える大都市や、世界遺産都市ケベックや古都キングストン、首都が置かれているオタワなど、カナダ建国の歴史に欠かせない都市も点在しており、現地では「ヘリテージ・ハイウェイ(歴史街道)」と呼ばれています。

メープル街道の主要都市

モントリオール

カナダ第二の都市モントリオールは、フランスのパリについで大きなフランス語圏の都市でもあるので、北米のパリとも呼ばれています。街を彩る紅葉が美しいです。観光で欠かせないのはノートルダム大聖堂。外観もさることながらその内装は美しく、息をのむほどです。中には7,000本ものパイプを持つ大きなパイプオルガンがあります。
また、モントリオール郊外にはオカ州立公園という紅葉名所があります。見頃が少し遅めなのでモントリオール市内より遅い時期に紅葉が楽しめます。

  • イメージ
    モントリオールの紅葉(イメージ)
  • イメージ
    オカ州立公園(イメージ)

ケベック

ケベックシティは豊かな歴史と文化に育まれたケベック州の州都です。19世紀に造られた城壁の内側にある旧市街は世界遺産に指定されています。まるでヨーロッパのような情緒ある街並みが広がるケベックシティを象徴するのが、名門ホテル「フェアモント・シャトー・フロンテナック」です。お城のような姿のホテルと周辺の紅葉…何とも絵になる景色です。ケベック周辺の紅葉も大変きれいなので、車窓からの紅葉もお楽しみください。

  • イメージ
    ケベックの紅葉(イメージ)
  • イメージ
    郊外の紅葉(イメージ)

オタワ

現在のカナダの首都・オタワ。経済の中心はカナダ最大の都市トロントですが、ここオタワは政治の中心となっています。イギリス系・フランス系の移民の対立が歴史的背景にあるカナダですが、オタワは両移民都市のちょうど中間に位置しているので中立的だということで、ビクトリア女王が首都に定めました。オタワ川の対岸にはケベック州のガティノーを望むことができます。風光明媚な国会議事堂やバイワードマーケットでのお買い物なども楽しみです。

  • イメージ
    国会議事堂(イメージ)
  • イメージ
    バイワードマーケット(イメージ)

サウザンドアイランズ

サウザンドアイランズとは、セントローレンス川に浮かぶ大小様々な島の総称です。その数はなんと1,800以上もあり、そのうち人が住んでいる島は983あるということで、高級別荘宅が立ち並ぶエリアでもあります。中でも、ある大富豪が愛する妻の為に建てたボルト城や、国境を有する橋の中で世界最小と言われるものを持つザビコン島などを眺めながら進んでいく約60分のクルーズにご案内します。ちなみにあのサウザンドレッシングは、なんとここが発祥の地です。お土産におひとついかがでしょうか。

  • イメージ
    サウザンドアイランズクルーズ(イメージ)
  • イメージ
    ザビコン島(イメージ)

モンテベロ

モンテベロは、トレンブランビレッジから車で約90分の場所に位置する、知る人ぞ知る紅葉名所です。ログハウス調のリゾートで名高い名門ホテル「フェアモント・シャトー・モンテベロ」があることでも有名。郊外には、カナダの動物を間近に見られる「オメガ・パーク」もあります。トレンブランビレッジより少し標高が低いため、紅葉のピークは少しだけ遅めに訪れることが多いです。

  • イメージ
    モンテベロの紅葉(イメージ)
  • イメージ
    オメガ・パークの動物(イメージ)

シャルルボワ地方

シャルルボワ地方は、ケベックから北上したところに広がる高級リゾートエリア。セントローレンス川と切り立つ崖、山岳が織り成す風景は古くから北米の上流階級の避暑地や紅葉名所として知られています。この地域にある「ベ・サン・ポール」という街は、シャルルボワの美しい自然に魅かれて多くの芸術家たちが移り住んだ街として有名で、散策がとても楽しいところです。

  • イメージ
    フェアモント・マノアリシュリー(イメージ)
  • イメージ
    紅葉散策(イメージ)

イースタンタウンシップス

イースタンタウンシップスは、モントリオールの東約80kmに広がるエリアで、特に秋の紅葉の美しさで有名です。18世紀、アメリカ独立戦争の際にロイヤリストが多く移住した歴史があり、既存のケベック文化と融合した独特の文化が生まれたといわれております。数々の湖やなだらかな丘が広がり、紅葉の赤と湖の青のコントラストは大変素晴らしいです。

  • イメージ
    イースタンタウンシップスの紅葉(イメージ)
  • イメージ
    イースタンタウンシップスの紅葉
    (c)Kazutoshi Yoshimura

メープル街道といえばココ!
ローレンシャン高原 トレンブランビレッジ※紅葉は自然現象のため、見頃は前後する
場合があります。あらかじめご了承ください。

イメージ
トレンブランビレッジ(イメージ)

例年9月下旬〜10月上旬が見頃

モントリオールから車で1〜2時間行くと大森林地帯・ローレンシャン高原が広がります。ローレンシャン高原の奥にある、小さな集落を模したようなトレンブランビレッジ。冬場はカナダ東部最大のスキーリゾートとなり、秋には東部の紅葉のメッカともなる場所です。色鮮やかな屋根のレストランや土産物店が軒を連ねるとトレンブランビレッジを散策するのはとても心が弾みます。

メープルの森を分け入るミニハイキングへ!
アルゴンキン州立公園

イメージ
アルゴンキン州立公園(イメージ)

例年9月20日頃〜下旬が見頃

ローレンシャン高原を南下すると、東京都の約3.5倍の面積をもつ、カナダ最古の、そしてオンタリオ州最大の公園に出会います。カナダに住む人々にとっては散策やカヌー、ハイキングスポットとして有名なこの場所で、皆様は紅葉のシーズンに訪れます。クラブツーリズムではアルゴンキン州立公園にて、真っ赤に染まったメープルの雑木林の中を歩く「紅葉ミニハイキング」にご案内します。

紅葉名所としても有名! ナイアガラの滝

イメージ
ナイアガラの滝(イメージ)

例年10月中旬〜下旬が見頃

世界三大瀑布のひとつとして、一年中カナダの欠かせない観光スポットとなっているナイアガラの滝ですが、メープル街道の終点であり、秋の紅葉も見逃せません。ローレンシャンやアルゴンキンのダイナミックな紅葉とはうって変わり、ナイアガラでは穏やかでしっとりとした紅葉をご覧いただきます。メープル街道の中でも一番南に位置しておりますので、紅葉の見頃も他の都市に比べると遅いです。

気になる!メープル街道 紅葉の見頃

イメージ

  • イメージ

※紅葉は自然現象のため、見頃は前後する場合がございます。予めご了承ください。

メープル街道 フォトギャラリー

知りたい! 紅葉についてよくあるご質問

Q.紅葉とは?

A.紅葉とは落葉植物の葉が落葉するのに先立って、秋に紅色に変わることを言います。
光に透かしてみると、葉脈が浮き上がって見え、葉のつくりがよくわかります。じっと見ると太い葉脈から離れたところから紅くなっています。

Q.植物はなぜ秋になると色が変わるのか?

A.秋になり、気温が下がり日照時間が短くなると木々は冬支度を始めます。
葉と枝の間にコルク質の細胞層ができ、水や養分を運ぶ管を閉ざし、葉緑素の生産量が減少し、もともと存在していた赤や黄色の色素が見えるようになるのが紅葉です。つまり緑色は葉の本来持つ色ではなく葉緑素の色というわけです。

Q.落葉とは?

A.葉と枝の間に細胞層ができあがると、葉と枝は分かれ、風が吹くと葉がひらりと落ちるようになります。
その頃には、葉と枝の間には冬芽ができています。冬芽は鱗片葉で何重にも包まれています。冬の間、落葉樹は葉を落として休眠しているのです。

Q.葉が色づく条件とは?

A.一般に言われておりますのは、葉が色づくためには温度、光、湿度が関係しているということです。
昼間はカラッと晴れ、夜は気温がグッと下がるような、昼と夜の温度差が大きい地域では、昼間盛んに光合成が行われ、過剰に作られた糖分が夜の間に蓄積されて美しく色づくと言われています。

Q.今年の紅葉は?

A.現時点では、まだ予想できないというのが正直なところです・・・申し訳ございません。
毎年多くのお客様からお問い合わせをいただき、私共も自信を持ってお客様にお答えしたい気持ちでいっぱいなのですが、カナダでは日本のように「桜前線予想」や「紅葉予想」といったものは発表されていないのが現状で、さらに気候条件によって毎年見頃の時期はまちまちです。
予想がつけられるようになるのは、夏が終わってからになってしまいます。参考までにここ数年の見頃の時期を上記一覧表に記載しました。紅葉の予想は自然相手のため毎年難しい状況です。しかし、紅葉ツアーのポイントのひとつ、メープル街道は南北に全長800キロメートルもありますので、道を走っている間のどこかでピークの紅葉に出会える可能性が高いです。

▲紅葉のメープル街道旅行・ツアー・観光の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員