バルカン半島旅行・ツアー・観光 バルカン半島旅行・ツアー・観光

基本情報・よくあるご質問

よくあるご質問

Q.気候と旅行中の服装は?

A.各都市間で気温差がございます。内陸部は大陸性気候で夏は暑く乾燥し、沿岸部は寒冷で湿度があり雪も降ります。
また山岳部は夏はさわやかですが、冬は寒さが厳しく、多雪にみまわれます。海岸部は地中海性気候で、夏は暑く乾燥し、冬は穏やかでほとんど雪は降りません。観光中は、一部足場の悪いところがあったり、石畳みの旧市街徒歩観光などが多くなりますので、歩きやすい靴と服装でご参加ください。

セルビア・モンテネグロ・サラエボ・コソボ

セルビア・モンテネグロ・サラエボ・コソボ 平均最高気温と降水量

  • セルビア・モンテネグロ・サラエボ・コソボ 平均最高気温と降水量

アルバニア

アルバニア 平均最高気温と降水量

  • アルバニア 平均最高気温と降水量

マケドニア

マケドニア 平均最高気温と降水量

  • マケドニア 平均最高気温と降水量

Q.ツアーでの飛行機やバスの移動時間はどれくらい?

(イメージ)

A.基本的に乗継便となります。
飛行時間としては、ヨーロッパの乗継空港まで12〜13時間ほど、乗継地からバルカン半島各国の空港まで1〜3時間ほどかかります。
バルカン半島の移動は、バスが中心となります。バルカン半島は大変広いため、移動時間も長くなります。なお、バスでの移動中には約2時間〜2時間半おきにお手洗い休憩をお取りしますのでご安心ください。

Q.出入国の書類は必要?

(イメージ)

A.バルカン半島各国への入国に際して、ビザや出入国の書類は不要です。
パスポートの残存期間は出国時6ヶ月以上必要となります。

Q.旅行での両替は?

(イメージ)

A.モンテネグロ・コソボ:ユーロ
ボスニア・ヘルツェゴビナ:マルク
マケドニア:デナル
アルバニア:レク
セルビア:ディナール
ユーロの両替は日本出発までにお済ませいただきますが、ユーロ以外の現地通貨への両替は日本でできないため、現地にてご案内いたします。
ユーロのままで支払いをできるところも多いですので、ユーロを多めにご用意ください。一日あたりお一人2,000円+お土産代が目安です。
ツアー中にお支払いいただくチップは、主に枕チップとトイレチップです。枕チップは一晩お一人につき1ユーロが目安です。お気持ち程度に枕元に置いておきましょう。トイレチップはトイレを利用する際のチップです。50セント〜1ユーロが目安です。
現地通貨は日本では両替できませんので現地にてご案内いたします。
また、クレジットカードがご利用になれるところが増えておりますが、ICチップのついているクレジットカードはご利用の際、暗証番号の入力が必要な場合がございます。予め、ご自身で暗証番号のご確認をお勧め致します。

Q.ホテルはどんなところ?

(イメージ)

A.ご存知の通り、旧ユーゴスラビアに所属していた国が多く、内戦も経験したため観光地化されて間もないこともあり、ホテルの数が少なく、近郊都市泊となる場合がございます。また地域柄、旧共産主義時代の歴史あるホテルが多く、バスタブなしでシャワーの部屋、空調設備のないお部屋、グループ内でお部屋の大きさや景観が異なる場合がございます。
お部屋の備え付けのアメニティは、シャンプー・石鹸・タオルはほとんどのホテルにございますが、パジャマ・スリッパ・歯ブラシ・ポット・髭剃りなどはついていないことがほとんどです。またドライヤーは備え付けてあるホテルもありますが、ない場合もございます。必要な洗面具などはご自宅からお持ちくださいますようお願いします。

Q.お水は飲める?

(イメージ)

A.お水は石灰分が多い「硬水」です。一方で、私たち日本人が普段飲んでいるのは「軟水」です。そのため、歯磨きや洗顔に使う分には問題ありませんが、水道水を飲むとお腹をこわしてしまうことがございます。お水を飲まれる際には、ペットボトルに入ったミネラルウォーターをお買い求めください。バスのドライバーさんが用意していることもございますし、街中のお店やお手洗い休憩で寄るサービスエリアなどでも売っております。なお、ミネラルウォーターにはガス入りのお水とガスなしのお水がございますのでご注意ください。

Q.治安が心配・・・。

(イメージ)

A.治安は観光に際しては問題ございません。
しかし観光地や繁華街、レストラン、マーケットなどの人が集まる地域での置き引き、ひったくり、スリなどの被害が増えております。朝食会場で席をとるために置いていたカバン、食事中に足元に置いていカバンが無くなるというケースもあります。貴重品の管理には十分ご注意ください。特にパスポートは貴重品袋をお使いいただくなど、肌身離さずお持ちいただきますようお願いします。

バルカン半島の現地事情

  • バルカン半島諸国は観光地化されて間もない地方のため、他の西欧諸国と比べて観光施設が完備されておりません。
  • ホテルはランクにかかわらずバスタブの無いシャワーのみのお部屋がほとんどです。また、水回りがよくないことがございます。
  • 道路の舗装状態が悪いところがあります。心配な方は酔い止め薬などご持参ください。
  • バルカン諸国では観光箇所に事前に予約を入れていても、点検等の現地事情により、急遽閉鎖する可能性がございます。

▲バルカン半島旅行・ツアー・観光 基本情報・よくあるご質問の先頭へ

決定