ナミビア旅行・ツアー・観光 ナミビア旅行・ツアー・観光

観光地情報

ナミビアの魅力

南アフリカMAP

国土の殆どは砂漠に覆われた最後の秘境。
世界最古の大砂丘が連なるナミブ砂漠と月面のような景観が広がるムーンランドスケープ、「奇想天外」と言われるウィルウィッチア観測など、ナミビアでは大自然をたっぷりと堪能することができます!また、今なお昔ながらの生活を続けるアフリカ一美しい部族・ヒンバ族との交流も心に残ること間違いなしです!!

担当おすすめ観光地

  • ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠は、世界で一番古く、美しい砂漠と言われ、ナミビアの大西洋側に幅50〜140km、長さ1,500km以上細長く続く砂漠です。アプリコット色の赤い砂漠として知られています。高さ200〜300mにも達する砂丘群が連なる様は圧巻です。2013年に世界遺産に登録されました。

ウェルウィッチア

イメージ

(イメージ)

ウェルウィッチアはアフリカのナミビア共和国にあるナミブ砂漠に自生する非常に珍しい植物で、1億年ほど前に出現したと考えられています。また、寿命が長いことでも知られており、最も長寿なものは2000年以上生きていると考えられています。名前の「ウィッチ」から魔女を連想する人も多いですが、実は発見者である探検家・植物学者フリードリッヒ・ウェルウィッチにちなんで命名されたものです。

ムーンランドスケープ

イメージ

(イメージ)

ナミビアに広がる岩砂漠の一角にある、まるで月面のように見えることからその名がついたムーンランドスケープ。
ビューポイントからの広大な景色は、ナミビアの自然活動のダイナミックさを感じることが出来ます。

セスリウム

イメージ

(イメージ)

ナミブ砂漠の奥地までの拠点となる町がセスリウムです。最も美しいナミブ砂漠が見られるナミブ・ナウクルフト国立公園の入り口となっています。

ヒンバ族の村

イメージ

(イメージ)

ヒンバ族は、ナミビア北部のクネネ州に住んでいおり、アフリカでも最も伝統的な暮らしをしている民族の一つです。1990年のナミビア独立以降、ヒンバ族は政府の保護政策の下で放牧のほか、野生生物の保護や観光客向けに自然保護で生計を立てて生活しています。

▲ナミビア旅行・ツアー・観光 観光地情報の先頭へ

決定