アフリカ(マダガスカル)旅行・ツアーアフリカ(マダガスカル)旅行・ツアー

担当スタッフより

イメージ
担当 佐川

ここでしか見られない固有種の宝庫・マダガスカルは毎日がハイライトでした。堂々と大地に佇むバオバブ。お客様の参加目的にも「バオバブを抱きしめたい」という方がいるほど、憧れている方は多いのではないでしょうか?並木道での幻想的な朝日・夕日鑑賞は格別でした。またかわいらしいキツネザル達はとても無邪気に姿を見せてくれます。中には頭や肩に乗ってくる子もいて、その姿に癒されました。この機会に是非マダガスカルへ!

見どころマップ

インド洋に浮かぶ不思議の島マダガスカル

イメージ

  • モロンダバ
  • ベレンティ自然保護区
  • ペリネ自然保護区
  • ベマラハ・ツィンギー厳正保護区
  • レッド・ツィンギー
  • ディエゴ・ス・アレス
  • アンバー山国立公園
  • アンカラナ国立公園
  • レミュールパーク
  • レミュールアイランド
  • ベタニア漁村

インド洋に浮かぶマダガスカルは、世界第4位の大きさを誇る島。
約1億6,000万年前に、ゴンドワナ大陸を離れ、遺伝子や種の固有水準が高いまま、独自の進化を遂げた生物が数多く生息する島です。

レミュールパーク

  • イメージ

    (イメージ)

  • イメージ

    (イメージ)

マダガスカル全国から珍しいキツネザルなどの動物が集められた動物園です。通常の動物園とは異なり、自然に近い状態でほぼ放し飼いにされているので可愛らしいキツネザルを間近でご覧頂く事ができます。

レミュールアイランド

  • イメージ

    (イメージ)

  • イメージ

    (イメージ)

エリマキキツネザル、ブラウンキツネザルなどの可愛らしいキツネザルが生息している島です。渡し舟で島に入るとたくさんの人懐っこいキツネザルが近寄ってきます。餌をあげたり、肩に乗せたり、直接触れ合うこともできます。

バオバブの並木道(モロンダバ)

  • イメージ

    3月はバオバブに葉がつくシーズン(イメージ)

  • イメージ

    まるで恋人達が寄りそうような
    「愛しあうバオバブ」(イメージ)

童話『星の王子様』に出てくる一風変わった巨木。それがマダガスカルのシンボルにもなっているバオバブの木です。バオバブの種類は諸説ありますが、世界に約10種あり、それにはマダガスカルの固有種も含まれています。モロンダバは、その群生地として有名、バオバブの並木道は一生に一度は行ってみたい不思議な景観が広がります。

イメージ

青い空とのコントラストが美しい(イメージ)

ペリネ自然保護区

  • イメージ

    インドリ(イメージ)

  • イメージ

    ミニハイキングサファリ(イメージ)

首都のアンタナナリボから車で約2時間30分。ペリネの森には、最大種のキツネザルであるインドリが棲息しています。インドリがお互いに会話している独特の鳴き声は「インドリ・コーラス」と呼ばれ、そのコーラスが森に響き渡る朝にミニハイキングサファリにご案内します。

ベレンティ自然保護区

  • イメージ

    ワオキツネザル(イメージ)

  • イメージ

    ワオキツネザル(イメージ)

ベレンティには3種の昼行性キツネザルと2種の夜行性キツネザルが生息しており、自然保護区内のウォーキングサファリをお楽しみいただきます。人気の横っ飛びのシファカが棲息している場所です。

イメージ

ベローファシカ(イメージ)

ベマラハ・ツィンギー厳正保護区

  • イメージ

    大ツィンギーの吊橋(イメージ)

  • イメージ

    針山(イメージ)

マダガスカル北西部の広大な地に鋭利な岩山が果てしなくひしめく絶景があります。その名は「ツィンギー」。ツィンギーとは、マダガスカル語で「先の尖った」という意味。ここでは石灰岩が何万年もかけて風雨によって侵食され剃刀の刃の様になっており、深い所では120mの谷や洞窟が広がった世界有数の土地です。「大ツィンギー」「小ツィンギー」に分かれ、前者は往復4〜5時間の行程で展望台から大パノラマを満喫でき、後者は2時間程度の行程で観光できます。

レッド・ツィンギー

イメージ

(イメージ)

「ツインギー」とは現地の言葉で「先の尖った」という意味。泥灰土、ラテライト、石灰岩などを含む砂岩が長い年月をかけて侵食されてできた紅とオレンジの鮮やかな色のツインギーは世界的にも珍しい驚異的な景色。

  • イメージ

    (イメージ)

  • イメージ

    (イメージ)

北部・ディエゴ・ス・アレス近郊の見どころ

イメージ

アンカラナ国立公園(イメージ)

アンカラナ国立公園では、石灰岩が雨水などにより侵食されて形成された迫力あるツインギーが見られます。展望台までは1時間ほどのハイキングで辿り着けます。

  • イメージ

    アンバー山国立公園(イメージ)

  • イメージ

    北部でしか見られない
    T字バオバブ(イメージ)

海外旅行説明会

▲マダガスカル旅行・ツアー 観光地案内の先頭へ

     

クリア

決定