北陸新幹線ツアー・旅行

北陸新幹線ツアー・旅行 北陸新幹線ツアー・旅行

クラブツーリズムの北陸新幹線で行く北陸ツアー!北陸新幹線は、2024年3月に金沢~敦賀が延伸。東京からより身近になった北陸へ!グリーン車、グランクラス利用ツアーもご用意。各県の観光地やカニなどのグルメ…北陸新幹線に乗って北陸へ行こう。

北陸新幹線 運行区間MAP

  • 所在地や運行ルートは実際の位置と異なる場合がありますので、目安としてご参照ください。

祝!2024年3月16日北陸新幹線延伸開業!

延伸区間の金沢~敦賀区間内も乗車するおすすめツアー 

※片道利用のツアーも含みます

丹後半島・越前若狭をじっくり巡るツアー

おすすめポイント

  • 福井県に北陸新幹線延伸開業!往復北陸新幹線(東京~福井間)に乗車
  • 若狭湾を望む温泉宿にゆったり2連泊
  • 個人ではめぐりにくい越前若狭・丹後半島を効率良くご案内
  • 若狭牛やふぐ料理、アワビ・ノドグロなどグルメを堪能

福井県をじっくり巡るツアー

おすすめポイント

  • 1名1室同旅行代金!
  • 越前きたまえ寿司や若狭牛などグルメもお楽しみ
  • 永平寺・三方五湖・恐竜博物館、まるごと10景ハイライト3日間

おすすめポイント

  • 2023年夏リニューアルオープンの福井県立恐竜博物館にもご案内
  • 東尋坊は夕陽鑑賞や遊覧船からお楽しみ
  • 北陸で現存する唯一の天守閣を持つ「丸岡城」ではプロジェクションマッピングを上映
  • ズワイガニやアワビなど2泊6食付きで福井グルメもお楽しみ
  • 2泊とも福井の名湯の温泉ホテルに宿泊

ロイヤル・グランステージ四季の華 おすすめツアー

おひとり参加限定の旅



北陸新幹線で行く! 

立山黒部アルペンルートに行くおすすめツアー


北陸新幹線で行く!

北陸のカニを楽しむおすすめツアー


北陸新幹線で行く!

越中おわら風の盆に行くツアー


ワンランク上の旅

プレミアムステージ おすすめツアー


クラブツーリズムの最上級国内旅行

ロイヤル・グランステージ四季の華 おすすめツアー


おひとり参加限定の旅


大人のゆるり旅


サイクリング



魅力溢れる観光地をご紹介

石川県

石川県では城下町の面影を残す古都・金沢や日本の原風景を思わせる能登半島、
加賀百万石の栄華を受け継ぐ街並みや伝統工芸に触れることができます。

兼六園

(イメージ)

(イメージ)

白米千枚田

(イメージ)

(イメージ)

ひがし茶屋街

(イメージ)

(イメージ)

富山県

北アルプスの雄大な自然が織り成す絶景は圧巻!
世界遺産に登録された五箇山の合掌集落など古くからの伝統が今なお息づいています。

立山黒部アルペンルート

(イメージ)

(イメージ)

黒部峡谷鉄道トロッコ電車

(イメージ)

(イメージ)※紅葉の見頃は例年10月下旬~11月中旬

五箇山

(イメージ)

(イメージ)

雨晴海岸

(イメージ)

(イメージ)

福井県

永平寺や東尋坊など人気の観光地を有する福井県。
高級ブランドである「越前がに」の産地としても知られ、海と山の幸の宝庫です。

東尋坊

(イメージ)

(イメージ)

一乗谷朝倉氏遺跡

(イメージ)

(イメージ)

永平寺

(イメージ)

(イメージ)

福井県立恐竜博物館

(イメージ)

(イメージ/画像提供:福井県立恐竜博物館)

三方五湖

(イメージ)

(イメージ)

京都府

日本三景のひとつ、幅約20~170m、全長約3.6kmの砂浜で、天に舞う架け橋のように見えることからその名がついた「天橋立」や、丹後半島の東端にある伊根町「伊根の舟屋」など魅力あふれるスポットがあります。

天橋立

(イメージ)

(イメージ)

伊根の舟屋

(イメージ)

(イメージ)

滋賀県

滋賀県にある、日本最大の淡水湖「琵琶湖」や、
「琵琶湖」に浮かぶ周囲約2km・0.14平方kmの小島の「竹生島」など、多くの観光スポットがあります。

琵琶湖

(イメージ)

(イメージ/写真提供:(公社)びわこビジターズビューロー)

竹生島

(イメージ)

(イメージ)写真提供:(公社)びわこビジターズビューロー

メタセコイア並木

(イメージ)

(イメージ)



北陸新幹線のご紹介

和の伝統美と最新技術の機能美を融合した「和の未来」をコンセプトにした車両は、日本の伝統美である「和」のエッセンスが散りばめられています。外観のデザインを始め、車内の細部にまで施されたこだわりをご紹介します。

360度見渡せる!Googleのインドアビューで北陸新幹線の車内を見てみよう

北陸新幹線 4タイプの列車・停車駅

停車駅

北陸新幹線(E7系・W7系)車両のご紹介

車体の色

車体(イメージ)
車体の色(イメージ)

260kmの高速で走る為の造形と日本の伝統工芸である銅器や象嵌をイメージした「銅色」、沿線に広がる空の青さを表現した「青色」、日本的な気品を表現した「アイボリーホワイト」を中心とした伝統色を使用しています。

普通車

普通車(イメージ)
収納式の大型テーブルと全座席分のコンセント(イメージ)

旅のわくわくを感じながら、少しシックで大人の雰囲気を楽しんで頂けるよう演出を施した内装。シートピッチも従来までの長野新幹線に比べゆとりを持った内装に仕上がっています。

グリーン車

グリーン車(イメージ)
ドリンクホルダーと読書灯(イメージ)

大人の琴線に触れる「洗練さ」と心と体の「ゆとり・解放感」をコンセプトに、日本の伝統的な様式美とモダンな感覚とを取り入れる事で落ち着きや気品を感じて頂けるよう演出しています。




個人で行く旅(近畿日本ツーリスト主催)

北陸新幹線の旅

北陸特集

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!