クラブツーリズム TOP日本全国 温泉ツアー・旅行新潟県貝掛温泉

日本全国温泉特集

かいかけおんせん

貝掛温泉

(新潟県南魚沼郡湯沢町)

貝掛温泉へのご旅行をお考えの方はクラブツーリズムの貝掛温泉ツアーがおすすめ!貝掛温泉の効能・魅力をご紹介いたします。

ツアーを探す

貝掛温泉(イメージ)

温泉データ

効能:
白内障、眼底出血、ドライアイ、眼精疲労、やけど、切り傷、神経痛、腰痛、冷え性、五十肩、病後回復
泉質:
ナトリウム・カルシウム−塩化物泉

観光地情報

快眼の滝やブナ原生林、三国街道の日向の石畳・二居峠、山鳥原遊歩道、フィッシング二居パークが散策向き。

おすすめポイント

江戸時代より「日本三大目の温泉」として知られる。ぬる湯ならではの「長湯」入浴法がある。

※この地図は「貝掛温泉館」を示しております

  • 温泉の名物

    目によい食材の料理も宿の人気

    貝掛温泉では、旬の山の幸を中心とした郷土会席料理を提供している。地元の山菜や、イワナなど川魚を用いており、玄米やクコの実・にんじん・とうもろこし・さつまいも・かぼちゃ・いんげん・小豆・ごまなどを使った「薬膳玄米粥」や、目によいとされる紅鱒、ヨーグルトのブルーベリーソースがけなど、気を配ったオリジナルメニューもいただける。関西風の薄味で、体に優しい味付けもうれしい。

  • 温泉のあれこれ

    いにしえより効能あらたかな目の温泉

    貝掛温泉の開湯は、約700年前の鎌倉時代、白雲禅師が発見したと伝わる。やがて湯の効能を伝え聞いて湯治客が増え、信仰の対象となり、薬師如来や石灯籠も建てられた。戦国時代には上杉謙信が将兵の傷を癒したとされ、江戸時代には眼病治療の湯治場として人気となる。明治時代から昭和初期までは、「貝掛の目薬」も販売されていた。現在でも、白内障や眼底出血、ドライアイなどに効く目の温泉として知られている。

ツアーを探す

※出発地によって、ツアーを取り扱っていない場合もございます。

  • 関東発
  • 東海発
  • 関西発
  • 北海道発
  • 東北発
  • 九州発

貝掛温泉の観光地情報はこちらから!貝掛温泉の効能・魅力をご紹介。クラブツーリズムのサイトではツアーの検索・ご予約も簡単です。

≫温泉特集TOPへ

▲貝掛温泉 新潟県 日本全国 温泉ツアー・旅行の先頭へ

決定