クラブツーリズム TOP日本全国 温泉ツアー・旅行宮城県鎌先温泉

日本全国温泉特集

かまさきおんせん

鎌先温泉

(宮城県白石市)

鎌先温泉へのご旅行をお考えの方はクラブツーリズムの鎌先温泉ツアーがおすすめ!鎌先温泉の効能・魅力をご紹介いたします。

ツアーを探す

鎌先温泉(イメージ)

温泉データ

効能:
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、慢性消化器病、冷え症、慢性皮膚炎、創傷、リウマチ性疾患、切り傷、病後の回復、高血圧、更年期障害、胃弱、慢性湿疹、動脈硬化症、運動器障害、角化症、やけど、むちうち症、手術後の回復、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、疲労回復、健康増進、慢性婦人病、虚弱児童
泉質:
ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉(暖和性低張泉)、ナトリウム−塩化物泉(低張性・硫酸・アルカリ性温泉)

観光地情報

南蔵王の山麓に位置し、弥治郎こけし村は散策エリア。遠刈田温泉や白石の城下町へもほど近い。

おすすめポイント

「傷に鎌先」と地元の人々にいわれ、傷ややけどなどに特効があるとされてきた「薬湯」の温泉。

※この地図は「最上屋旅館」を示しております

  • 温泉の名物

    参勤交代の時代の茶屋まんじゅう

    「伊達藩足軽まんじゅう」は、小豆餡を独自のタレでのばした皮で包んで蒸し上げた、素朴な蒸しまんじゅうで、鎌先温泉でも人気のお土産。参勤交代の道中、伊達藩の足軽たちが峠の茶屋でこのまんじゅうを食べたところ足が軽くなったといわれ、仲間うちで評判となり、いつしか「足軽まんじゅう」と呼ばれるようになった。そしてそのおいしさから伊達藩の名物と認められ、「伊達藩足軽まんじゅう」の名が許されたと伝わっている。

  • 温泉のあれこれ

    弥治郎こけしの工人集落

    弥治郎こけし村は、全国に知られた弥治郎こけしの工人集落。鎌先温泉から約2kmほど山間に入ったこけし橋を渡った場所にある。弥治郎という人がこの地に住みついたのが集落の始まりとされる。弥治郎こけしの特徴は、ろくろ模様が多用された大きな頭と胴体にあり、仙台藩内で最初に木地挽きが行われた七ヶ宿の流れを汲む。この辺りではそうした伝統を守りながら、今もこけしが作られていて、こけしの絵付け体験などもできる。

ツアーを探す

※出発地によって、ツアーを取り扱っていない場合もございます。

  • 関東発
  • 東海発
  • 関西発
  • 北海道発
  • 東北発
  • 九州発

鎌先温泉の観光地情報はこちらから!鎌先温泉の効能・魅力をご紹介。クラブツーリズムのサイトではツアーの検索・ご予約も簡単です。

≫温泉特集TOPへ

▲鎌先温泉 宮城県 日本全国 温泉ツアー・旅行の先頭へ

決定