クラブツーリズム TOP日本全国 温泉ツアー・旅行福島県高湯温泉

日本全国温泉特集

たかゆおんせん

高湯温泉

(福島県福島市)

高湯温泉へのご旅行をお考えの方はクラブツーリズムの高湯温泉ツアーがおすすめ!高湯温泉の効能・魅力をご紹介いたします。

ツアーを探す

高湯温泉(イメージ)

温泉データ

効能:
高血圧症、動脈硬化症、末梢循環障害、リウマチ、糖尿病、慢性中毒症、にきび、しもやけ、やけど、切り傷、婦人病、不妊症、水虫、あせも、胃腸病、神経痛、慢性湿疹、便秘、脱肛、皮膚病、手足多汗症、アトピー性皮膚炎
泉質:
酸性・含硫黄−アルミニウム・カルシウム−硫酸塩泉(硫化水素型)

観光地情報

磐梯吾妻スカイラインの入口に湧き、不動滝へは遊歩道が続く。足をのばせば浄土平、吾妻小富士などもある。

おすすめポイント

硫黄成分濃度の高さで知られ、その温泉中の含有量は万座、月岡温泉に次ぐ。露天風呂の共同浴場を持つ。

※この地図は「高湯温泉観光協会・高湯温泉旅館協同組合」を示しております

  • 温泉の名物

    温泉水で渋を抜いた「温泉柿」

    渋柿を干し柿(あんぽ柿)にせず、温泉に浸した柿が「温泉柿」。使うのは先端がとがった渋柿の「蜂屋柿」。これを硫黄泉に12時間ほど浸けた後、ビニール袋で密封すると、温泉成分の作用で1週間ほどで渋が抜ける。さらに温泉水に塩を混ぜると、旨味も増すという。渋柿を干し柿ではなく、生食に近い形で食べる感覚は新鮮。高湯温泉の各旅館で、デザートやスイーツに加工されて提供されている。

  • 温泉のあれこれ

    吾妻連峰に望郷の思いを詠んだ茂吉

    明治の文人斎藤茂吉は高湯を愛した一人で、1916年に1週間ほど滞在した。磐梯吾妻スカイラインの桶沼畔には「五日ふりし雨はるるらし山腹の吾妻のさぎり天のぼり見ゆ」の歌碑が立つ。これは福島の友人と吾妻屋に逗留した際に読んだ歌。ほかにも「山の峡 わきいづる湯に人通ふ 山とことはに たぎち霊し湯」や、高湯を去る道中の「吾妻山 くだりくだりて聞きつるは ふもとの森のひぐらしの声」など吾妻山にちなむ20数首を残している。

ツアーを探す

※出発地によって、ツアーを取り扱っていない場合もございます。

  • 関東発
  • 東海発
  • 関西発
  • 北海道発
  • 東北発
  • 九州発

高湯温泉の観光地情報はこちらから!高湯温泉の効能・魅力をご紹介。クラブツーリズムのサイトではツアーの検索・ご予約も簡単です。

≫温泉特集TOPへ

▲高湯温泉 福島県 日本全国 温泉ツアー・旅行の先頭へ

決定