クラブツーリズム TOP日本全国 温泉ツアー・旅行福島県東山温泉

日本全国温泉特集

ひがしやまおんせん

東山温泉

(福島県会津若松市)

東山温泉へのご旅行をお考えの方はクラブツーリズムの東山温泉ツアーがおすすめ!東山温泉の効能・魅力をご紹介いたします。

ツアーを探す

東山温泉(イメージ)

温泉データ

効能:
リウマチ性疾患、運動器障害、慢性皮膚疾患、創傷、虚弱児童、慢性婦人科疾患、更年期障害、動脈硬化症、高血圧症、痛風及び高尿酸血症
泉質:
カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉

観光地情報

湯川沿いの東山四大滝と院内御廟は、温泉の見どころスポット。会津若松の観光とセットで楽しむのが定番。

おすすめポイント

いにしえより歴史上の人物を癒してきたお湯は熱めで、じんわり体に浸み込んでゆく。湯上りの肌はすべすべ。

※この地図は「会津東山温泉観光協会」を示しております

  • 温泉の名物

    江戸末期創業のようかんの老舗

    創業1819年、松本家の「水ようかん」は東山温泉土産の人気商品。温泉街に店を構え、湯治客や行商人の休憩所として、生活用品を商いながら和菓子を出していた。そして2代目の時代から水ようかんを本格的に作るようになり、それが評判となってようかん一筋となった。1粒1粒厳選された地元会津産と北海道産の小豆と、厳しい寒さの信州で作られた極上品の寒天を使った水ようかんは、昔から変わらぬ風味で、甘さを抑えた上品な味わい。

  • 温泉のあれこれ

    会津藩の藩湯であった歴史ある温泉

    約1300年前、行基によって発見されたと伝わる東山温泉。藩政時代は「天寧寺の湯」と呼ばれ、湯治場として栄えた。会津藩の指定保養所となっていた「きつね湯」は、明治になって平田家が引き継ぎ「向瀧」となり、建物は、国の登録有形文化財となっている。ほかにも会津藩主松平氏の別荘だった「新瀧」など、歴史ある旅館が湯川沿いに建ち並ぶ。幕末には、新選組副長・土方歳三が傷の湯治に訪れたことでも知られる。

ツアーを探す

※出発地によって、ツアーを取り扱っていない場合もございます。

  • 関東発
  • 東海発
  • 関西発
  • 北海道発
  • 東北発
  • 九州発

東山温泉の観光地情報はこちらから!東山温泉の効能・魅力をご紹介。クラブツーリズムのサイトではツアーの検索・ご予約も簡単です。

≫温泉特集TOPへ

▲東山温泉 福島県 日本全国 温泉ツアー・旅行の先頭へ

決定