〜まだ見たことのない〜 春の北海道 〜まだ見たことのない〜 春の北海道

浦臼(うらうす)神社のエゾエンゴサク

(イメージ)

(イメージ)

〜可愛いエゾリスに出会えるかも?!北海道に春を告げる可憐な青い花〜

エゾエンゴサクは、花の色がとても特徴的。花弁の色は変異が多く、淡い青から紫、赤紫、ピンクや純白など多様な色合いを見せます。浦臼神社では運が良ければエゾリスにも出会えるかも!?

タウシュベツ川橋梁

〜湖に残された美しき「幻の橋」〜

美しくももの悲しい。北海道上士幌の糠平湖にたたずむタウシュベツ川橋梁は、見る者をそんな気持ちにさせます。
1937年、旧国鉄士幌線に建設された橋で「幻の橋」と呼ばれる所以は、季節によって湖底に沈むからだけではなく、一時代の産業を支え、やがて忘れられていった歴史が美しいその姿と相まって幻のように心に刻まれるからとも言われています。

もっと詳しく!
秘境・絶景ツアー特集はこちら

  • 秘境・絶景ツアー特集

ニセコ春紅葉

(イメージ)

(イメージ)

〜北国ならではの感動の景色!紅・黄・新緑が彩る春紅葉〜

春の訪れの遅い北海道では、まるで秋の紅葉と見間違えるばかりの木々の色づきが見られます。広く澄んだ景色が広がるニセコの山々は雪をかぶり、野にはタンポポやチューリップ、桜が咲いている中、茶色や黄色、オレンジ、赤に色づいた木々が点在する不思議な絶景をご覧いただけます。ニセコの雄大な景色とともに、ぜひこの「春紅葉」が創り出す絶景をお楽しみください。桜の開花時には、春紅葉と桜の珍しいツーショットを見ることができます。

静内二十間道路桜並木

(イメージ)

静内二十間道路桜並木(イメージ)

〜約7kmに渡ってつづく圧巻の桜並木〜

北海道日高地方・静内にある、2,200本の桜が直線7kmに渡って咲き誇る日本屈指の桜並木。二十間道路は、左右の並木の幅がちょうど二十間(約36m)あることから、呼ばれるようになったと言われ、「さくら名所100選」にも選ばれる名所として知られています。例年5月上旬〜5月中旬に見頃を迎えます。

ライラック

〜「札幌の木」にも選ばれ、市民にも親しまれる白と紫の花々〜

札幌では、昭和34年から「ライラックの花が咲き揃う季節に文化の香り高い行事を行う」という文化人の呼びかけにより、「ライラックまつり」が開催されています。ライラックは昭和35年に札幌の木にも選ばれ、今では市民にも親しまれる木となっており、この「ライラックまつり」は、今では札幌に初夏の訪れを告げる、札幌を代表する春のイベントへと成長しました。札幌のメイン通り大通公園には、白・紫の花をつける約400本のライラックが咲き誇ります。

礼文島 レブンアツモリソウ群生地

〜必見!世界中で礼文島にしか咲かない花〜

アズキ色などの濃い花色が多いアツモリソウのなかで、島の特産種であるレブンアツモリソウだけがクリーム色の淡い色の花をつけます。国内では礼文島でしか見られない希少な花で天然記念物に指定されています。5月下旬から6月中旬にかけて見ごろを迎え訪れる人々の目を楽しませてくれます。

こちらもおすすめ!

  • 利尻島・礼文島ツアー特集

五稜郭公園

(イメージ)

(イメージ)

〜桜の時期限定で見られるピンク色に染まる星形の城郭〜

五稜郭公園は特別史跡として有名ですが、函館のお花見スポットでもあります。星型の土塁に植えられた約1600本のソメイヨシノが咲き誇る様は見事です。すぐ隣りの五稜郭タワーの展望台から眺める星型の桜も見応えがあります。

こちらもおすすめ!

  • 北海道三都ツアー特集

阿寒湖砕氷帯遊覧

〜春の訪れを感じる日本唯一の「湖砕氷帯遊覧」〜

それは4月中〜下旬の一時期だけ楽しめる、清らかな阿寒湖の氷を割って進む期間限定の遊覧船クルーズ。氷を砕きつつ進むクルーズは、あまりに透明な美しい氷を割って進む、湖面に浮かびきらきらと光り輝くアイスキャンドルの中に居るかのような、この時期ならでは幻想的な体験を得ることができるのです。冬と春の境目を感じることができる、1年間の中でも貴重な阿寒湖の体験に是非お越し下さい。

アスパラ

〜全国NO.1の収穫量を誇る甘みが濃厚なアスパラガス〜

アスパラは、秋から冬にかけて根に蓄えた養分を利用し、春に芽を伸ばすため出始めが一番甘くて美味しい。とれたてのアスパラガスは水分が滴るほど新鮮で、生のまま食すことも可能。北海道は全国でもNO.1の栽培量を誇り、肥沃な土壌のもと育つため、本州のものと比べてもとても大きく、濃厚な味わいがあります。鮮度重要になってくるアスパラガスは和えてよし、炒めてよし、茹でてよしです。是非現地に行ってお召し上がりください。

海明けの毛ガニ

〜1年で1番旨い時期に食す名物「海明けの毛ガニ」〜

冬の間、中表に覆われるオホーツク海。その海の中では良質な植物性プランクトンが育ち、多くの生物たちの絶好の餌場となっています。
そして、流氷が去った漁場にはたくさんの栄養に満たされたカニがいます。
これが「海明けのカニ」と呼ばれ、地元でも大変珍重され、濃厚な旨みと甘みが大変人気な春を代表する北海道グルメです。

こちらもおすすめ!

  • カニカニ特集

春の北海道 平均気温・服装について

以下の情報は、目安です。気温など事前に確認の上ご準備ください。

※横にスクロールしてご覧ください

  東京 札幌 旭川 網走
最高 最低 最高 最低 最高 最低 最高 最低
4月 23.4 5.3 16.4 -1.5 16.9 -6.3 18.6 -2.8
5月 28.5 10.5 27.6 2.2 30.5 -0.4 32.1 -0.2
6月 30.2 14.7 29.2 9.7 31.3 6.5 25.4 4.8
7月 35.4 21.0 33.1 15.9 32.6 13.1 28.6 13.1
8月 38.3 20.3 31.7 14.9 33.5 12.2 32.4 13.4
9月 35.7 15.7 28.6 6.6 26.7 1.6 29.5 7.2
10月 31.3 12.0 24.6 3.7 24.1 -0.7 22.8 2.1
11月 21.5 5.9 16.4 -3.0 15.9 -6.4 17.3 -3.8
12月 17.6 0.5 11.0 -5.6 8.2 -14.5 11.8 -9.4
1月 14.4 -1.4 2.7 -12.2 0.0 -20.1 0.6 -17.8
2月 20.9 -0.5 7.6 -11.3 7.1 -21.2 7.9 -14.9
3月 25.3 3.2 9.0 -7.8 13.2 -16.9 11.2 -11.0

春 4月〜6月

気温にあわせて、体温調節しやすい服装がオススメです♪

(イメージ)

[4月]

雪解けが始まり、湿地ではミズバショウが咲き始めます。軽いコートか上着を羽織る程度の気温です。

[5月]

日光は暖かいですが、風はまだ冷たく、本州の4月くらいの気候です。上着はあったほうが良いでしょう。

[6月]

良い天気が続き、様々な花が一斉に咲き始めます。半袖で良い時もあるが、日によって異なります。

▲春の北海道 風物詩・基本情報の先頭へ

決定