基本情報

基本情報
国名 パプアニューギニア
首都 ポートモレスビー
時差 日本との時差は+1時間。パプアニューギニアの方が進んでいます。
サマータイム制は実施されていません。
出国手続き

【ビザ(査証)】
必要:観光査証の滞在可能日数は60日。

【パスポート】
入国時6ヵ月以上必要。

【出入国カード】
必要。税関申告書も必要

言語 英語(公用語)、ピジン語、モツ語等(その他、約800の言語)
気候

パプアニューギニアは、1年を通じて、蒸し暑さはあまり感じず、夜も気温が下がるので快適にお休みいただけます。気候は熱帯モンスーン気候で、雨季(11月〜4月)と乾季(5月〜10月)に大別できますが、地域によって気温が異なります。気温は年間を通して、ポートモレスビーで27℃、ハイランド地方では夜間になるとは10℃近くまで冷え込むこともあります
雨季・乾季に分かれていますが、地域によって雨の時期がずれており、年間降雨量も地域によって1200〜9000mmと極端に差があります。

気候グラフ

  • 気候グラフ
服装・持ち物 1年を通して半袖半ズボンという動きやすい夏服で十分です。昼間は気温が高く、日差しも強いため、帽子、サングラス、日焼け止め、ミネラルウォーター等を用意する事をお勧めします。高地では早朝、夜間に急激に冷え込もこともあるので、長ズボンやセーター、ジャケットの用意もお勧めします。常用の薬の他、蚊取り線香、蚊除けスプレーなどご持参になられるとよいでしょう。
お金
通貨

【通貨単位】
キナ

【換算レート】
1キナ=約32円
紙幣は50・20・10・5・2キナで、硬貨は1キナと50・20・10・5・2・1トヤがあります。

両替

日本から米ドルの小額紙幣をご用意下さい。現地通貨への両替は現地の空港またはホテルにて可能です。なお、現地では日本円から現地通貨または米ドルへの両替はできませんのでご注意下さい。

生活情報
飲み物 生水は口にしないでください。飲料にはミネラルウォーターをご利用ください。
ミネラルウォーターは、ホテルやレストランで購入できます。
電圧

プラグO-2型

【電圧】
240V、50HZ

【プラグ】
三穴ハ型(プラグO-2型)
日本から電化製品を持っていく場合は、変圧器とアダプターが必要です。

習慣・マナー
チップ それほどチップは習慣化していませんが、観光客が多く利用するホテルでは枕銭(1部屋0.5〜1米ドルくらい)を置くと良いでしょう。

国別基本情報のご紹介〜オセアニア〜

世界の国々の情報をクラブツーリズムがご案内いたします!ぜひ旅のプランのご参考に!

▲パプアニューギニアの基本情報の先頭へ

決定