基本情報

基本情報
国名 パキスタン・イスラム共和国
首都 イスラマバード
時差 日本との時差は-4時間。
パキスタンの方が遅れています。サマータイム制は実施されていません。
出国手続き

【ビザ(査証)】
必要:観光査証の滞在可能日数は90日。

【パスポート】
入国時6ヵ月以上必要。

【出入国カード】
必要

言語 国語は、ウルドゥー語。公用語は、英語となります。
気候

3月〜10月は、夏にあたりその中の5〜6月が最も気温が高くなります。11月〜2月は、冬にあたり日中は比較的暖かくなりますが、朝・夕は結構冷え込みます。

気候グラフ

  • 気候グラフ
服装・持ち物 ◆春から秋は夏服のほかに長袖シャツやカーディガンなど重ね着のできるものが必要となります。また、日差しが強いので帽子、サングラス、日焼け止めは必要です。
◆ポケットティッシュ・ウエットティッシュを多めにあると役立ちます。非常に乾燥しているのでクリームの類もお持ちいただくと良いでしょう。
◆長時間のドライブでは、休憩所が少ないため青空トイレとなる場合があります。女性の方はポケットティッシュ、ビニール袋、ウエットティッシュが便利です。
お金
通貨 【通貨単位】
パキスタン・ルピー

【換算レート】
1米ドル=約85.5ルピー
お札/5,10、50、100、500、1000ルピー コイン/1、2ルピー

両替 日本からは米ドル現金をお持ち下さい。(US1、5、10ドルなどの少額紙幣が多い方が便利です。日本円のレートは米ドルに比べ低い上、地方では日本円からのルピーの両替が難しくなっております。)ホテルの土産物屋などでは、米ドルがそのまま使えます。両替はイスラマバード空港内の両替所、市内銀行、ホテルなどでできます。また、両替をする時、必ずレシートをお受け取りください。余ったパキスタンルピーを再両替するために必要となります。但し、再両替のレートはあまり良くないので、ルピーは使い残さない程度に両替する事をお勧めします。
生活情報
飲み物 生水は口にしないでください。飲料にはミネラルウォーターをご利用ください。ミネラルウォーターは、ホテルやレストランで購入できます。
電気製品

プラグB型

プラグC型

【電圧】
標準電圧は230〜240V、50Hz。

【プラグ】
プラグタイプはB、Cタイプ。日本の電化製品を使用する場合は、変圧器とプラグアダプタが必要。たまにある停電のあとは、入電時の高電圧に注意。

習慣・マナー
チップ チップは習慣化しつつあります。ホテルのポーターには荷物1個につき、10〜20ルピー程度です。ホテルの枕チップは特に必要ございません。また、特別に何か依頼した場合などには10〜20ルピーを目安に渡しましょう。
注意点 ◆パキスタン国内へのお酒の持ち込みは禁止されております。軍の施設や橋の撮影、相手の許可無しに女性を撮影することはお控え下さい。ラマダン(断食)の時は、外国人でも昼間はパキスタン人の前で食事をしないほうが良いでしょう。
◆モスク(寺院)に入る時は裸足になります。(靴下でも可)また、男女ともにショートパンツや肌を出した服装はお控え下さい。長ズボンや長いスカート、また女性の方は頭にスカーフが必要です。
◆初めて会う人とは握手をするのが普通ですが、男性は絶対に女性と握手をしてはいけません。

▲パキスタンの基本情報の先頭へ

決定