基本情報

基本情報
国名 ネパール連邦民主共和国
首都 カトマンズ
時差 日本との時差は-3時間15分。
ネパールの方が遅れています。サマータイム制は実施されていません。
出国手続き

【ビザ(査証)】
必要

【パスポート】
入国時6ヶ月以上必要。

【出入国カード】
必要

言語 ネパール語
気候

■大きく分けると、6〜9月前半が雨期、9月後半〜5月が乾期となります。特にベストシーズンといわれる乾期は空気が澄み渡り、観光にも最適。ヒマラヤの見える確率が高いのは乾期で、一年を通してもっとも美しい山々をご覧いただけます。
■12〜2月は日中は20度近くまで気温が上がりますが、朝・晩はかなり冷え込みます。3月に入ると日中は、日本の初夏のように暖かくなります。

気候グラフ

  • 気候グラフ
服装・持ち物 ◆日本出発の服装と変わらず、ウインドブレーカーやセーター、カーディガンなどをお持ちになるとよいでしょう。日中は、重ね着をして調節してください。歩きやすい靴・服装をご準備下さい。
◆乾燥しているのでマスクやリップクリーム、飴玉などがあると良いでしょう。
◆観光地でのお手洗いに備えてティッシュペーパー・ウェットティッシュがあると役立ちます。
◆ホテルでは、スリッパ・サンダル、目覚まし時計、ドライヤー、髭剃りなど基本的なものは持参すると良いでしょう。
◆日差しが強いのでサングラス、日除けの帽子は必需品です。
お金
通貨 【通貨単位】
ネパールルピー

【換算レート】
1ネパールルピー=約1.16円

両替 ホテルにて米ドルより現地通貨へ両替可能です。米ドルがそのまま使えるところもございます。小額の米ドルをお持ちいただくと様々な場面で役立つので、米ドル(1〜10ドル)を多めにご用意いただくといいでしょう。観光・食事はすべて含まれておりますので、飲み物やお土産を購入する程度で充分です。両替は現地に到着後、日本円から両替可能です。
生活情報
飲み物 生水は口にしないでください。飲料にはミネラルウォーターをご利用ください。
ミネラルウォーターは、ホテルやレストランで購入できます。
電気製品

プラグB型

プラグC型

【電圧】
220V 50HZ

【プラグ】
プラグBタイプとCタイプ 日本から電化製品を持っていく場合は、変圧器とアダプターが必要です。

その他 ◆ネパール料理は、いろいろな種類のカレーとライス、チベット料理「鍋ギャコック」「モモ」、中華、日本食などバラエティに富んでいます。
◆お土産は、紅茶が有名です。ダージリンに近い、東ネパールのイラム産の紅茶が人気があります。木箱やポーチにパッケージされて可愛いので、お土産に最適。他にもいろいろ、手編みのセーターや小物、ストールなどもあります。
習慣・マナー
チップ それほどチップは習慣化していませんが、観光客が多く利用するホテルでは枕銭(1部屋0.5〜1米ドルくらい)を置くと良いでしょう。
注意点 ◆現地の観光地のトイレは、紙を使わずに水を使うアジア式なので、ホテルやレストラン以外のトイレを除いて備え付けのティッシュがございません。ポケットティッシュ・ウェットティッシュを多めにお持ちください。

▲ネパールの基本情報の先頭へ

決定