基本情報

基本情報
国名 モンゴル国
首都 ウランバートル
時差 日本との時差は-1時間。
モンゴルの方が遅れています。サマータイム制は実施されていません。
出国手続き

【ビザ(査証)】
不要:30日以内の滞在は査証不要。

【パスポート】
入国時6ヵ月以上が望ましい。

【出入国カード】
必要

【税関申告書】
不要。※注)免税範囲を超える品物を持ち込む場合、税関申告書の提出が必要。

言語 国家公用語は、モンゴル語。他にロシア語、カザフ語が通用します。
気候

モンゴル国全体はほぼ同じ気候区分に属し、亜寒帯もしくはステップ気候です。年平均降水量は東京の1/4以下であり、乾燥しています。ただし夏は夕立のような雨が降る事も多く、郊外に出る時は雨具がある方が良いでしょう。気温は年較差が非常に大きく、夏は40℃近くまで上がり、冬は-30℃以下まで下がります。一日の中での気温変化も大きく、日中は汗ばむ陽気でも、夜には0℃近くまで下がる事もめずらしくありません。

気候グラフ

  • 気候グラフ
服装・持ち物 ◆春季(3月〜5月)
モンゴルの春季は、お天気の良い日中でも気温0℃程しか気温が上がりません。日が落ちてからは-10℃以下まで気温が下がることがあります。基本的に日本の冬の服装となりますが、手袋・マフラーに加え、カイロがあると重宝します。ダウンジャケットや厚手のコートなどの上着や、フリースや厚手のトレーナーなど、十分な防寒対策をご用意ください。
◆夏季(6〜9月)
夏季は、お天気の良い日中は30〜40℃近くまでなりますが、日が落ちてからはどんどん気温が下がり、朝晩は夏でも10℃位まで下がります。基本的に日本の夏と同じ服装で大丈夫ですが、ジャンパーやウィンドブレーカーなど風を通さない上着や、フリースなどの厚手のトレーナーなど1枚ご用意ください。
お金
通貨

【通貨単位】
トゥグリク

【換算レート】
1トゥグリク=約0.07円

両替 米ドルをそのままお使いいただけます。日本で小額紙幣の米ドルを用意しておくのがおすすめです。日本から現地通貨への両替は困難です。トラベラーズチェックやクレジットカードは利用できない場合が多いです。
生活情報
飲み物 生水は口にしないでください。飲料にはミネラルウォーターをご利用ください。
ミネラルウォーターは、ホテルやレストランで購入できます。
電気製品

【電圧】
220V 50HZ

【プラグ】
プラグの形状はB、B3、Cタイプ。日本から電化製品を持っていく場合は、変圧器とアダプターが必要です。

  • プラグB型

  • プラグB3型

  • プラグC型

習慣・マナー
チップ それほどチップは習慣化していませんが、観光客が多く利用するホテルでは枕銭(1部屋0.5〜1米ドルくらい)を置くと良いでしょう。
注意点 ◆ゲルは男女別3〜4名様で一つのゲルにお泊りいただきます。
◆ゲル内は土足です。サンダルがあると便利です。

▲モンゴルの基本情報の先頭へ

決定