基本情報

基本情報
国名 インド
首都 デリー
時差 日本との時差は-3時間30分。
インドの方が遅れています。サマータイム制は実施されていません。
出国手続き

【ビザ(査証)】
必要

【パスポート】
(東京)査証申請時6ヵ月以上必要。(大阪)入国時6ヵ月以上必要。

【出入国カード】
税関申告書と共に必要。

言語 ヒンドゥー語(公用語)、英語(準公用語)
ヒンドゥー語が公用語で、主に北インドで使用されています。ほかに17の言語が公用語として憲法で認められており、例えばムンバイではマラーティー語、コルカタではベンガル語、チェンナイではタミル語が話されています。
気候

インドには冬、夏、モンスーン(雨期)の3つの季節があります。
3月末〜6月が夏にあたります。特に5、6月は日中の気温が40℃以上となり、湿度も高くなります。10月から温度が下がり始め、3月までは快晴が続き、観光のしやすいベストシーズンとなります。12月〜2月は朝晩冷え込むこともあります。

気候グラフ

  • 気候グラフ
服装・持ち物 4〜9月:日中は40℃近くまで気温が上がります。基本的に夏服で結構ですが、日差し対策に薄手の長袖を羽織りましょう。バス・機内の冷房対策に上着も必要です。
10〜3月:日中は20℃を越える日もありますが、朝晩は10℃を下回る日も。天候によって体感温度が大きく変わるので、重ね着で調整しましょう。
お金
通貨 【通貨単位】
インドルピー

【換算レート】
1インドルピー=約1.85 円
*紙幣は1、2、5、10、20、50、100、500、1,000ルピーの9種類。
*硬貨は5、10、20、25、50パイサと1、2、5ルピーの8種類。

両替 ホテルにて、ドルから両替可能。円から両替できるところもある。米ドルが使える所も多いので、小額紙幣でご準備いただくと便利です。
生活情報
飲み物 生水は口にしないでください。飲料にはミネラルウォーターをご利用ください。
ミネラルウォーターは、ホテルやレストランで購入できます。
電気製品

【電圧】
120/127/230V 50HZ

【プラグ】
プラグB3、BF、B、Cタイプが主流。日本から電化製品を持っていく場合は、変圧器とアダプターが必要です。

  • プラグB3型

  • プラグBF型

  • プラグB型

  • プラグC型

注意点 ◆生野菜・生フルーツは食べない。火の通ったものを食べるようにしましょう。インド料理は見た目以上に油を使用していますので、食べすぎによる体調不良にも注意しましょう。水や食べ物の違いから、おなかを壊すこともあります。胃腸薬、整腸剤などは必ずご用意下さい。
◆バス移動が長いので、少しでもゆったりするためにスリッパやひざ掛けなどがあると便利です。
習慣・マナー
チップ それほどチップは習慣化していませんが、観光客が多く利用するホテルでは枕銭(1部屋0.5〜1米ドルくらい)を置くと良いでしょう。

▲インドの基本情報の先頭へ

決定