基本情報

基本情報
国名 カナダ
首都 オタワ
時差

6つの時間帯がある。主な3つの観光地は
(1)バンクーバー・ビクトリア:-17時間(サマータイムは-16時間)
(2)バンフ:-16時間(サマータイムは-15時間)
(3)トロント・ナイアガラ:-14時間(サマータイムは-13時間)

出入国手続き

【ビザ(査証)】不要: 6ヶ月以内の観光は査証不要

【パスポート】有効残存期限は滞在日数プラス1日以上

【eTA(電子渡航許可登録)】
カナダへの入国にあたり、eTA(渡航許可登録)の取得が義務づけられました。
カナダ政府のウェブサイトより各自取得手続きを行ってください。
クレジットカード決済(7カナダドル)が必要となります。
http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-start-ja.asp
申請後72時間以内にメールでの回答となり、時間を要しますので早めにご取得ください。
(弊社では申請内容のお問合せにはお答えできかねます)
弊社にて代行取得も承っております。(別途取得手数料)詳細はお問合せください。

【出入国カード】不要 ※ただし、税関申告書の提出が必要

言語 公用語は英語とフランス語
気候

《太平洋沿岸(バンクーバー・ビクトリアなど)》

● 春…晴れの日が多いが雨の日は肌寒くなります。同時期の東京よりも暖かいこともあります。ウィスラーやロッキーなどの山岳地帯では降雪もあります。

● 夏…日中は暑くなる時もありますが蒸し暑くなく、爽やかな日が多くなります。早朝・夜間は冷え込む事もあります。

● 冬…バンクーバーは雨天・曇天が多いですが、ビクトリアは比較的晴天が多くなります。両都市ともそれほど寒くなく雪は滅多に降りません。ウィスラー・ロッキーなど山岳地帯では降雪量も多くなります。

バンクーバー 月別気温(Vancouver, British Columbia Temperature)

ブリティッシュ・コロンビア州。カナダ第3の都市で、カナダ西部の観光拠点。

気候グラフ

  • 気候グラフ

《カナディアンロッキー(バンフ・レイクルイーズ・ジャスパーなど)》

● 春…5月上旬までは冬の気候が続きます。降雪を見ることもあり、5月中旬に遅い春が訪れます。冬服が必要です。

● 夏…1年中で1番さわやかな季節。晴れた日は紫外線が強いのでサングラスが必要。雨の日や夜間、早朝などはかなり冷え込むので真夏でもセーターやコ−トは必要。まれに降雪を見る事もあります。山岳気候なので天気が変わりやすく、雨具は必需品です。

● 秋…秋の訪れは早く、9・10月でも積雪を見る事があります。10月上旬には「インディアン・サマー」と呼ばれる、さわやかな晴れの日が約一週間ほど続きます。

● 冬…10月下旬には冬が訪れます。雪も比較的多く真冬には−20℃〜−30℃位まで下がることもあるので完全防備が必要です。時として「シヌーク」と呼ばれるフェーン現象に見舞われることもあります。

バンフ 月別気温(Banff, Alberta Temperature)

カナディアンロッキーの観光の拠点

気候グラフ

  • 気候グラフ

《中部平原・湖岸地方(トロント・ナイアガラなど)》

● 春…春は遅く、厚手のセーターやコートが必要。5・6月には夏日もあります。

● 夏…比較的爽やかな気候。トロントなどの湖岸地方では湿度も高く、高温になる事もあります。

● 秋…爽やかな日が多く、湖岸地方やアルゴンキン周辺では9月下旬から10月上旬にかけて紅葉が最も美しくなります。

● 冬…南部は比較的雪は少ないが、寒さは相当厳しくなります。北部は寒さも厳しく降雪も多くなります。

トロント 月別気温(Toronto, Ontario Temperature)

オンタリオ州。カナダ最大の都市。五大湖によってアメリカの大都市と結ばれている。

気候グラフ

  • 気候グラフ
お金
通貨

【通貨単位】カナダドル(C$)とセント(¢)

【換算レート】
1C$=約80円(2019年1月現在)

【硬貨】
5セント、10セント、25セント(クォーター)
1カナダドル(ルーニー)、2カナダドル
※1セント硬貨は2013年2月4日をもって廃止とされました。

【紙幣】
5カナダドル、10カナダドル、20カナダドル、50カナダドル、100カナダドル、(500カナダドル、1000カナダドル)

両替

日本ご出発までに、カナダドルへの両替をお済ませください。

生活情報
飲み物 水道水は飲む事ができます。水質は日本のものとは異なりますので、飲料用にはミネラルウォーターをおすすめします。
電気製品

プラグA型

【電圧】
110V(日本は100V)。
短時間のご使用であればそのままご使用頂けます。

【プラグ】
プラグはA型、日本と同じです。

習慣・マナー
チップ

枕チップ:1カナダドル/1ベッドあたり

飲食:合計金額の15〜20%、伝票に記載されていない場合は上乗せします。

バイキング:基本的にはチップは不要ですが、後片付けするウェイトレスに$1〜2をチップとして残すのもマナーです。

タクシー:料金の10〜15%程度

※ 添乗員同行のツアーにご参加の場合、ホテルで荷物を運ぶポーターへのチップは弊社にてお支払いします。ツアーに含まれているお食事でのお飲み物代は、添乗員がチップ込みの金額をご案内させていただきます。

注意点

マナー
近年、空港、駅、オフィスビルなどの公共の場では一部の喫煙場所を除いて禁煙となっている所が多いです。

国別基本情報のご紹介〜北アメリカ〜

世界の国々の情報をクラブツーリズムがご案内いたします!ぜひ旅のプランのご参考に!

ツアーを探す

  • カナダ特集
  • プリンス・エドワード島特集
  • 感動の瞬間を味わう オーロラ特集

▲カナダの基本情報の先頭へ

決定