観光情報

主な観光地

【アンコールワット】

12世紀前半にスーリヤヴァルマン2世が建立したヒンズー教寺院。後に仏教寺院に。
寺院を囲む濠(東西1.4km、南北1.3km)と参道、3つの回廊、5基の塔からなる。

【アンコールトム】

クメール王朝最盛期の12〜13世紀にかけて、ジャヤヴァルマン7世によって構築された都市跡。クメール語で「大きな都市」を意味する。アンコールワットの北に位置し、3km四方もの広さのある内部には王宮や寺院など80を越える遺跡がある。

【バンテアイクディ】

10世紀にラージェンドラヴァルマン2世が立てたヒンズー教寺院をジャヤヴァルマン7世が仏教寺院として再建した寺院。

【タ・プロム】

12〜13世紀にジャヤヴァルマン7世が母親を弔うために建立した仏教寺院。19世紀後半に発見されるまでは密林に埋もれていた。今現在も巨大なガジュマルの樹が根を張っている。

【バンテアイスレイ】

アンコールトムから北に約40kmに位置する、10世紀後半に建立された「女の砦」とも呼ばれる寺院。精緻な彫刻はアンコール遺跡一とも言え、特に中央神殿の女神像は「東洋のモナリザ」と称されている。

【プノン・バケン】

アンコール聖山の一つ。高さ60mほどの小高い丘で、頂上からはアンコールワット全景が一望できる。

▲カンボジアの観光情報の先頭へ

決定