南国ビーチリゾート旅行・ツアー(ハワイ・グアム・パラオ・タヒチ・モルディブ・パプアニューギニアやプーケット・サムイ島・バリ島・ランカウイ島・セブ島・ペナン島などのアジアビーチ)

ビーチリゾートを選択

セブ島・ボホール島(フィリピン)

一年中温暖なアジア随一のビーチリゾート

どこまでも続くホワイトサンドビーチ、青く透き通った美しい海。日本からたった4時間のフライトで行けるフィリピンは、7,107もの島々から成り立っており1島に1ビーチリゾートがあると言われております。 ダイビングスポットとして知られているセブ島、手乗り猿のターシャで有名な神秘のボホール島など、様々な観光客のスタイルに合わせた島があり、何度行ってもお楽しみいただける場所です。魅力たっぷりのフィリピンのビーチリゾートに是非一度行ってみませんか?

関東発

セブ島へ行くツアー

ボホール島へ行くツアー

中部発

フィリピンの観光地・見どころ

セブ島

セブビーチ(イメージ)

セブビーチ(イメージ)

フィリピンの第2の都市・セブ島は、日本人に人気の高いフィリピンのリゾートです。高級リゾートホテルが多くあり、真っ白なビーチ、クリスタルブルーの海だけでなく、周囲を取り囲む珊瑚礁の美しさがとても評判が高いです。市内には歴史的な建造物が残されているのも魅力です

マクタン島

マクタンビーチ(イメージ)

マクタンビーチ(イメージ)

セブ島と大きな橋でつながれた小島で、マゼランがキリスト教の布教を行った島としても知られます。

ボホール島

ボホールビーチ(イメージ)

ボホールビーチ(イメージ)

フィリピンで10番目に大きな島。約1200個の円錐形の小丘「チョコレートヒル」や、世界最小のメガネザル「ターシャ」など見所たくさんの島であります。またボホール島と橋で結ばれた「パングラオ島」のビーチの美しさはフィリピンでも随一で、透き通る海の青さは言葉では例えられない風景です。

チョコレートヒル

チョコレートヒル(イメージ)

チョコレートヒル(イメージ)

ボホール島にある「チョコレートヒル」では、高さ30mほどの円錐形の小丘が約1200個も連なる珍しい風景を見ることができます。乾季になると草が枯れ、丘がチョコレート色になることからこのように呼ばれています。

基本情報

正式国名
フィリピン共和国 〜Republic of the Philippines〜

首都
マニラ

言語
フィリピン語、英語

日本との時差
日本と-1時間(日本が正午の時、タヒチは同日午前11時)

日本からの飛行時間
約4時間 (直行便利用の場合)

ビーチリゾートのご紹介

関連特集