南国ビーチリゾート旅行・ツアー(ハワイ・グアム・パラオ・タヒチ・モルディブ・パプアニューギニアやプーケット・サムイ島・バリ島・ランカウイ島・セブ島・ペナン島などのアジアビーチ)

ビーチリゾートを選択

パラオ(パラオ共和国)

時差のない親日国

「パラオ」はミクロネシア最西端に位置し、ロックアイランドと呼ばれる大小200以上の島々で構成されます。2012年には世界自然遺産にも登録され、注目を集めるリゾートです。透明度抜群のコバルトブルーの海や潮の干満によって現れるロングビーチ・緑豊かなジャングルなどの自然が溢れ、のんびりとした時間が流れています。 また、第2次世界大戦中は日本の委任統治下だったということもあり、現地には親日家の方も多く、日本文化が色濃く残っています。

ツアーのご案内

成田発

担当者おすすめツアー

関西発

担当者おすすめツアー

パラオの観光地・見どころ

ロングビーチ

ロングビーチ(イメージ)

ロングビーチ(イメージ)

パラオのベストビーチ5選にも選ばれたことがあり、潮が引いたときのみ姿を現す神秘のビーチです。どこまでも続く純白の砂浜、両側から打ち寄せる波、クリスタルブルーの透き通る海など、パラオならではの風景をお楽しみください。

ミルキーウェイ

ミルキーウェイ(イメージ)

ミルキーウェイ(イメージ)

海に溶け込んだ石灰岩が泥になり海底に溜まって、乳白色独特のブルーの景観を生み出している「ミルキーウェイ」。ミルキーウェイ名物の、美白・保湿効果のある泥を用いた、全身泥パックも現地で是非お試しください。

ペリリュー島

ペリリュー島(イメージ)

ペリリュー島(イメージ)

第2次世界大戦の激戦地として知られる「ペリリュー島」。島内には数々の戦跡や世界平和を祈願するスポットがたくさんあり、パラオの戦争の歴史を知ることができます。島内には、素朴で美しい村やジャングルが広がっており、ペリリュー島ならではの自然味あふれる雰囲気をご堪能ください。

ロックアイランド

ロックアイランド(イメージ)

ロックアイランド(イメージ)

2012年6月に世界自然遺産に登録され、約10万ヘクタールの海に点在する445の無人島から成り立つ「ロックアイランド」。コバルトブルーの美しいラグーンと、マッシュルームの形をした島のコントラストは、ここパラオでしか見られない絶景です。

ジャーマンチャネル

ジャーマンチャネル(イメージ)

ジャーマンチャネル(イメージ)

ジャーマンチャネルと呼ばれる内海と外海を繋ぐ、水路出口付近の砂地とサンゴ礁のポイント。左右が浅瀬になっており、美しい透き通った水色がキラキラと輝いているので、南国リゾートの雰囲気を味わえます。

基本情報

正式国名
パラオ共和国 〜Republic of Palau〜

首都
ダオブ島マルキョク州

言語
英語、パラオ語

日本との時差
日本との時差はありません

気候と服装

1年を通して平均気温27度と安定した気温です。
日中の日差しがきついので、帽子やサングラスを、また車内、室内は冷房が効いていますので、羽織るものがあると便利です。ほぼ毎日スコールが降りますので、必ず雨具をお持ちください。

通貨・両替

【基本通貨】
US$(アメリカドル)

【両替】
出発前に日本にて両替していただくことが一番確実な方法です。
また、現地では主要ホテルにて両替ができますが、手数料は割高となります。概して現金の在庫が少ないため、高額の両替は断られることがあります。

【その他】
現地ではクレジットカードが使えます。国際カードを1枚お持ちすることをオススメ致します。
トラベラーズチェックは、小さなお店では使えないこともありますので、ご注意ください。

チップ

パラオではチップの習慣がありませんが、大手のホテルであれば「チップ」を渡すこともあります。
サービスがよければ多めに、悪ければ少なめに渡しても結構ですが、コインは失礼にあたるので、ご使用はお控えください。

【チップの目安】
ルームメイド:1日あたりUS$1〜2 (おひとりさまにつき)

飲料水

水道水は飲まないこと。ホテルの水道も同様です。ミネラルウォーターをおすすめします。

電圧・プラグ

110〜120V、プラグの型はAタイプまたはCタイプ。
短時間のご利用でしたら、お持ちになった日本製品でも使用可能ですが、高価なものはご利用にならないほうが無難です。もし利用される場合は、変圧器をお使いください。

ショッピング

商店は10時から18時(もしくは19時)。デパートやスーパーなどは平日は20時、金曜日は21時、日曜日は18時までというのが一般的ですが、観光客の多い地区になる免税店等は22時まで営業しているところもあります。

治安

比較的安全です。ただし、油断は禁物。パラオといえど外国です。特に夜、裏道で向こうから声をかけてくる人等にはご注意ください。貴重品はホテルの金庫へ預けておきましょう。

ビーチリゾートのご紹介

関連特集