歴史を感じる温泉郷・草津温泉の楽しみ方11選

更新日:2020年08月31日

(イメージ)

(イメージ)

草津温泉での楽しみ方もいろいろあります。草津最古の湯を楽しめる奈良屋で歴史を感じたり、町の中心を歩きながら楽しむ湯畑散策コース、源頼朝にゆかりがあるとされる御座之湯…行く度に新発見がありそうですね。

No.01 草津温泉 奈良屋

創業は明治十年。草津温泉のシンボル「湯畑」に隣接した名旅館。草津温泉のなかでも最古の源泉とされる「白旗の湯」が楽しめるお風呂は、湯畑で湧出した湯を自然の傾斜を利用した引湯で導き、温泉を管理する職人「湯守」によって、まろやかな湯へと仕上げられたもの。泉質は酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉。神経痛やリウマチ、婦人病、糖尿病、病後回復、美肌作用などに効能があるといわれています。日帰り入浴は、12:30~14:00にできます(湯ノ花採取などにより休業日あり)。

基本情報

草津温泉 奈良屋
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津396
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/YPsTRfsWTujxh249A
■バスでのアクセス
 草津温泉バスターミナルより徒歩5分
■車でのアクセス
 碓氷軽井沢I.Cより約80分
■駐車場
 あり
■電話番号
 0279-88-2311

No.02 草津湯畑

(イメージ)

(イメージ)

有馬温泉、下呂温泉と並び日本三名泉のひとつとされる草津温泉。そのシンボルともいえる存在が温泉街の中心にある「湯畑」です。いつ訪れても湯けむりがもうもうと舞い上がり、その湯量は毎分約4000リットルが湧き出ています。周辺は瓦を敷きつめた風情たっぷりの歩道に囲まれており、温泉情緒漂う中、湯上がりの散策も楽しめます。夜は幻想的な姿にライトアップされ、昼とはまた違った表情に。「天下の名湯」と呼ばれる草津温泉にふさわしい必見スポットです。

基本情報

草津湯畑
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/TJBwWnKGqB4xTrx26
■車でのアクセス
 碓氷軽井沢I.Cより約80分

No.03 御座之湯

(イメージ)

(イメージ)

江戸時代から明治にかけて、草津温泉の湯畑周辺には「御座之湯」「綿の湯」「かっけの湯」「滝の湯」「鷲の湯」という5つの共同浴場がありました。「御座之湯」はそのひとつを再建した入浴施設です。かつて源頼朝が付近に狩りに来た際、腰をかけた石がこの地にあったことから、その名が付いたといわれています。館内は「木之湯」「石之湯」という趣の異なるふたつのお風呂があり、日替わりで男女交代するので2日間あれば、どちらのお風呂も楽しめます。

基本情報

御座之湯
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津421
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/ZyxE1VEuKGcCxHcr8
■営業時間
 4/1~11/30 7:00~21:00(最終入館は20:30まで)
 12/1~3/31 8:00~21:00(最終入館は20:30まで)
■入場料
 大人600円
■アクセス
 草津温泉バスターミナルより徒歩5分
■駐車場
 なし
■電話番号
 0279-88-9000

No.04 西の河原露天風呂

草津温泉の西側、いたる所から温泉が噴き上がる西の河原公園の奥にある、日帰り入浴が楽しめる広大な露天風呂。上信越高原国立公園の特別地域に指定された美しい森に囲まれており、四季折々の自然を360度の大パノラマで感じながら、開放感たっぷりの湯あみが楽しめます。泉質は酸性塩化物硫酸塩温泉。神経痛や関節痛、慢性消化器病、美肌、慢性婦人病などに効能があるといわれています。毎週金曜日(特定日を除く)17:30~20:00には男性露天風呂が混浴になるイベントも開催(湯あみ着着用)。

基本情報

西の河原露天風呂
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津521-3
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/aTztqR4rcUDRNvRw9
■営業時間
 4/1~11/30 7:00~20:00(最終入館は19:30まで)
 12/1~3/31 9:00~20:00(最終入館は19:30まで)
■入場料
 大人600円
■アクセス
 湯畑から徒歩12分
■駐車場
 天狗山第一駐車場 無料
■電話番号
 0279-88-6167

No.05 草津温泉 ホテル一井

草津温泉のシンボル・湯畑のすぐそばにある「湯畑からいちばん近いホテル」。その近さから「一番井戸の一井」として親しまれるこのホテルは、江戸時代中期に「一井旅館」として創業以来、300年以上の歴史を誇ります。館内は「本館」「別館」「西館」の3館から構成されており、「本館」の25室では客室から湯畑を眺めることができます。草津温泉6つの源泉のうち2つの源泉を引湯しており、源頼朝ゆかりの湯畑前白旗源泉と、白根山で湧出する白根山万代源泉が楽しめます。

基本情報

草津温泉 ホテル一井
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津411
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/DVqvDBAL9fw8Txh57
■バスでのアクセス
 草津温泉バスターミナルより徒歩5分
■車でのアクセス
 碓氷軽井沢I.Cより約80分
■駐車場
 あり
■電話番号
 0279-88-0011

No.06 熱乃湯

(イメージ)

(イメージ)

草津温泉の源泉は約50度近くの熱さで、そのまま入浴するには不適切。低温化のために加水すると効能が薄れるため考え出されたのが「湯もみ」。熱い源泉の中に六尺板を入れて湯をもみ、入浴に適切な温度まで下げる行為は草津温泉の名物となり、1960年(昭和35年)からは「湯もみショー」として多くの観光客に披露されるようになりました。ここ「熱乃湯」では、1日6回「湯もみと踊りショー」が公演されるほか、毎週 土・日・祝日の11:30~14:00には「湯もみ体験」も楽しめます。

基本情報

熱乃湯
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津414
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/MnYebzNpR9L6wDnE8
■湯もみと踊りショー公演時間
 9:30、10:00、10:30、15:30、16:00、16:30(1日6回公演)
■観覧料金
 大人600円
■アクセス
 草津温泉バスターミナルより徒歩5分
■駐車場
 なし
■電話番号
 0279-88-3613

No.07 草津温泉 ホテル櫻井

和風情緒あふれる、草津温泉を代表する巨大な日本旅館。温泉は草津6つの源泉のうち、「万代鉱源泉」「西の河原源泉」「わたの湯源泉」3つの源泉を引きこんでおり、野趣あふれる露天風呂や草津温泉最大級の大浴場でゆったりとくつろぐことができます。露天風呂付客室など9つのバリエーションがある客室や、旬の食材を用いた食事も大きな魅力。また、館内の「お祭り広場」では、連日櫻太鼓や湯もみショーが開催されており、大人から子供まで幅広く楽しめます。

基本情報

草津温泉 ホテル櫻井
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津465-4
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/fFQ9oFDYUdFxcgbx8
■バスでのアクセス
 草津温泉バスターミナルより徒歩5分
■車でのアクセス
 碓氷軽井沢I.Cより約80分
■駐車場
 あり
■電話番号
 0279-88-1111

No.08 草津ホテル

洋館の「ホテル」として大正2年に創業。昭和27年ごろに純和風の日本旅館へと改装されましたが、「草津ホテル」の名は現在もそのまま継承されています。温泉は「西の河原源泉」を引湯しており、それぞれ大浴場と露天風呂を完備した「琥珀の湯」と「賽泉の湯」は、男女入れ替え制で宿泊客はどちらの湯も楽しめます。本館の客室は純和風の造りで天井が高く、木製のサッシが付いた伝統的な仕上がり。群馬県産の調味料、食材を主に使用した夕食は絶品です。

基本情報

草津温泉 草津ホテル
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津479
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/qCVZfoAXBZ3PitJs8
■バスでのアクセス
 草津温泉バスターミナルより徒歩5分
■車でのアクセス
 碓氷軽井沢I.Cより約80分
■駐車場
 あり
■電話番号
 0279-88-5011

No.09 ての字屋

気品高い料亭の風格がただよう、草津温泉を代表する老舗宿。自慢は草津温泉唯一の「天然岩風呂」。岩盤から直接湧出する乳白色の湯が、江戸末期の創業以来、今日まで旅人の心と身体を癒してきました。淡いランプの輝きが幻想的な館内は、歴史の重みを感じさせる落ち着いた佇まい。数寄屋造りの客室は日本情緒にあふれており、和みとくつろぎの空間を演出しています。夕食は高級食材を用いた懐石料理。「温かいものは温かいうちに」をモットーに、おもてなしと共に味わえます。

基本情報

草津温泉 ての字屋
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津360
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/eE4Fx6xasEmDpLYa6
■バスでのアクセス
 草津温泉バスターミナルより徒歩5分
■車でのアクセス
 碓氷軽井沢I.Cより約80分
■駐車場
 あり
■電話番号
 0279-88-3177

No.10 地蔵の湯

(イメージ)

(イメージ)

地元の人々が生活のために利用している草津温泉の共同浴場のひとつ。草津温泉ならではの白濁した良質のお湯を、観光客でも無料で楽しむことができます。あくまで地元の人々が利用する共同浴場であるため、鍵付きのロッカーなどは設置されていません。貴重品の管理は自己責任で。また、午前中は清掃のため、入浴できないこともあるので要注意。清掃などの管理・運営も地元の人々が行っているため、観光客が利用する際は、くれぐれもマナーにご注意を。

基本情報

地蔵の湯
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津299
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/VsJPjLVttCbYvCmK7
■営業時間
 8:00~22:00
■入場料
 無料
■アクセス
 草津温泉バスターミナルより徒歩5分
■駐車場
 なし
■電話番号
 0279-88-0800

No.11 草津ナウリゾートホテル

山のふもと、緑あふれる自然に囲まれた温泉リゾートホテル。湧出量豊富な「万代鉱源泉」を引いており、広々としたした露天風呂や大浴場でのんびりとくつろぐことができます。客室は和室からスイートルームまで12タイプ全154室を用意。用途やお好みにあわせて選択することが可能。夕食は「和洋中ビュッフェ」「フランス料理」「日本料理」「中国料理」4つのレストランから選択でき、どちらも群馬地産の名産を中心とする旬の食材を用いたホテル自慢の味が楽しめます。

基本情報

草津温泉 草津ナウリゾートホテル
■住所
 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町白根750
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/FmQjDf4AaoXuaiBCA
■バスでのアクセス
 草津温泉バスターミナルより送迎シャトルバス約15分
■車でのアクセス
 碓氷軽井沢I.Cより約80分
■駐車場
 あり
■電話番号
 0279-88-5111


日本三名泉のひとつに数えられる草津温泉の魅力12選。名宿や共同浴場で歴史ある名泉の湯をお楽しみください。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2020.08.31 国内旅行

温泉を満喫!湯けむりを楽しむ草津の観光スポット12選

草津温泉のシンボル・湯畑。豊富な量の温泉が湧き出て湯けむりを舞い上げます。湯もみの光景を楽しめる熱の…

2020.07.31 国内旅行

温泉と自然と歴史を楽しむ!群馬の観光地12選

群馬県は温泉をはじめ、魅力的な観光スポットが充実!温泉だけでも草津・伊香保・四万・万座など有名所がた…

2020.07.10 国内旅行

歴史と自然を満喫!高崎観光地15選

都心からも1~2時間でアクセスできる群馬県の高崎市は、実はパワースポットや縁結びスポット、絶景が堪能…

2020.08.31 国内旅行

老若男女に喜ばれる!箱根お土産12選

箱根で温泉や観光を楽しんだら、お土産も買っていきましょう。「湯もち」は竹の皮につつまれた白玉の餅生地…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!