クルージングもドライブも!おすすめ琵琶湖観光11選

更新日:2020年06月17日

(イメージ)

(イメージ)

琵琶湖観光といえば、やはり船でのクルージング!船の中で食事ができたり、夏場はビアガーデンも。京都から近い大津駅から向かうのがおすすめです。琵琶湖の周りをドライブするのも、とても気持ちがよいですよ。

No.01 びわ湖バレイ びわ湖テラス

(イメージ)

(イメージ)

山麓駅からロープウェイに乗って山頂まで約5分。琵琶湖の絶景を大パノラマで楽しめるリゾートです。ソファやチェアでくつろぎながら眼下の琵琶湖を眺められる「びわ湖テラス」では、「古株牧場の牛乳で作ったジェラート」や「近江ほうじ茶ラテ」がおすすめ。大人から子供まで楽しめる「ジップライン」「スカイウォーカー」「サマーランド」などのアクティビティも魅力たっぷりです。冬は本格的スキーリゾートとして、スキーやスノーボードが初心者から上級者まで楽しめるフィールドが完備されています。天然のアルカリ温泉でくつろげる「おごと温泉街」はこちらから車で約20分です。

基本情報

■住所
 〒520-0514 滋賀県大津市木戸1547-1
■電話番号
 077-592-1155
■バスでのアクセス
 JR志賀駅からバス約10分
■車でのアクセス
 名神「京都東IC」出口、西大津バイパス、湖西道路「志賀IC」出口、一つ目信号右折、1㎞先のびわ湖バレイの大きな看板とガソリンスタンドのあるT字路を右折
■駐車場
 1700台(有料)
※2020年4月現在の情報

No.02 彦根城

(イメージ)

(イメージ)

姫路城、松本城、犬山城、松江城と並び、天守が日本に5城しかない国宝に指定されている名城のひとつ。国内の他のお城と同様に明治時代に解体の危機に瀕しましたが、明治11年10月に北陸巡行を終えられた明治天皇が彦根を通られたときに、保存するようにと大命を下されたことによって、天守や重要文化財の各櫓、名園・玄宮園、中堀・内堀などが当時の姿を残しています。城内では毎日3回、全国的に知名度の高い彦根市のマスコット「ひこにゃん」が登場し、観光客をお出迎えしてくれます。お堀から屋形船で彦根城の姿をゆったりと楽しめる「彦根城お堀めぐり」(有料)もおすすめです。

基本情報

■住所
 滋賀県彦根市金亀町1-1
■電話番号
 0749-22-2742
※2020年4月現在の情報

No.03 琵琶湖汽船クルーズ

(イメージ)

(イメージ)

琵琶湖の絶景が湖上から楽しめる琵琶湖汽船の「びわ湖クルーズ」。船内で音楽やパフォーマンス、そして軽食からブッフェ料理まで多彩なお食事も楽しめる外輪船「ミシガンクルーズ」と、びわ湖の歴史・文化・自然が満喫できる「ぐるっとびわ湖島まぐり」。パワースポット・竹生島への上陸がハイライトの「竹生島クルーズ」など、多彩なクルーズコースが用意されています。乗船場所や出航時間はコースによって異なりますので、事前にホームページやお電話でご確認を。桜やゴールデンウイーク期間などに実施される「イベントクルーズ」も、その季節に応じた美景が楽しめて、魅力たっぷりです。

基本情報

■住所(大津港)
 〒520-0047 滋賀県大津市浜大津5丁目1-1
■電話番号(大津港)
 077-524-5000
■バスでのアクセス(大津港)
 JR「大津駅」から(京阪バス、江若バス、近江鉄道バス)バスで約5分(浜大津バス停下車)徒歩約3分
■車でのアクセス(大津港)
 大津ICから約10分
■駐車場(大津港)
 あり(有料/乗船の場合、施設により割引あり)
※2020年4月現在の情報

No.04 竹生島

(イメージ)

(イメージ)

琵琶湖北部の沖合約6kmに浮かぶ周囲2kmあまりの小島で、「深緑竹生島の沈影」として琵琶湖八景のひとつに数えられています。島内にある日本三弁財天のひとつ・宝厳寺と都久夫須麻神社(竹生島神社)には、国宝や重要文化財など歴史的価値の高い建築物や仏像が数多くあることから、琵琶湖随一のパワースポットとして、毎年大勢の観光客が訪れています。平家物語ゆかりの都久夫須麻神社拝殿では、素焼きの土器(かわらけ)に願いを書いて湖面に突き出た鳥居に投げる「かわらけ投げ」ができ、鳥居をくぐれば願い事が叶うといわれています。島へのアクセスは長浜港または今津港から運行している琵琶湖汽船か、彦根港から運行しているオーミマリンの定期船が便利です。

No.05 海津大崎

(イメージ)

(イメージ)

琵琶湖八景のひとつ「暁霧・海津大崎の岩礁」として知られる海津大崎は、琵琶湖北部にせり出した岩礁地帯の景勝地です。特に有名なのは「日本さくら名所100選」(公益財団法人日本さくらの会選定)にも選ばれた桜で、約800本もの美しいソメイヨシノがびわ湖岸約4kmにわたり続きます(見ごろは例年4月上旬)。お花見シーズンは咲き誇る桜と琵琶湖随一の岩礁、そして遠くに浮かぶ竹生島が、まるで一幅の絵画のような幻想的な姿を見せ、必見です。ピーク時はお花見客でたいへん渋滞・混雑しますので、電車やバスなどの公共交通機関やバスツアーなどで訪れるのがおすすめです。

No.06 近江八幡の街並み

(イメージ)

(イメージ)

「売り手よし、買い手よし、世間よし 三方よし」の精神を受け継ぐ近江商人のふるさと・近江八幡。その街並みは、天正13年(1585年)に豊臣秀吉の甥、豊臣秀次が八幡山に城を築いたことがはじまりです。秀次による楽市楽座制などの商工業の発展政策で碁盤目状の整然とした街並みがひろがり、それが近江商人たちの発展へとつながりました。旧市街地の新町や永原町には、かつての近江商人の住居や八幡堀に面した土蔵群などが残り、その風情あふれるたたずまいは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。「八幡堀めぐり」や「水郷めぐり」などの遊覧船もおすすめです。

No.07 沖島

(イメージ)

(イメージ)

滋賀県近江八幡市から琵琶湖の沖合約1.5kmに浮かぶ琵琶湖最大の島。約250人が居住しており、湖沼の島に人が住む世界的にもめずらしい島です。漁業と農業が主産業の島内は、自動車がほとんどなく後ろに荷台がある三輪自転車が主な交通手段。また「猫の島」としても知られ、町中を散策していると人懐っこい猫に出会えるかもしれません(餌を与えるのは禁止です)。のどかな島時間をめいっぱい楽しむのなら、島内の漁家旅館に宿泊することもおすすめ。湖国を代表する珍味「ふなずし」は絶品、ぜひご賞味いただきたい名物です。日曜日を除く1日約12往復の連絡船でアクセスできます。

No.08 唐崎神社

(イメージ)

(イメージ)

滋賀県大津市にある唐崎神社は日吉大社の摂社のひとつ。境内には巨大な松が四方いっぱいに枝を伸ばしており、対岸には近江富士の絶景が臨めます。その松は歌川広重の「唐崎の夜雨(やう)」でも描かれており、近江八景のひとつに選ばれ、琵琶湖屈指の景勝地として多くの観光客が訪れています。持統天皇11年(697年)の創建という長い歴史を誇り、女別当命(わけすきひめのみこと)が祭神。婦人病などにご利益があるという便所(トイレ)のお守り「ちの輪守」や、家内安全や厄除けにご利益があるという「みたらし団子守」といった、ここにしかないめずらしいお守りもおすすめです。

基本情報

■住所
 〒520-0106 滋賀県大津市大津市唐崎1-7-1
■電話番号
 077-578-0009
■バスでのアクセス
 江若交通バス 大津駅・浜大津駅より「堅田駅行き」
 堅田駅より「大津駅行き」乗車、唐崎停留所下車、徒歩3分
※2020年4月現在の情報

No.09 長浜城跡

(イメージ)

(イメージ)

昭和58年(1983年)に安土桃山時代の城郭を模して復元され、現在は歴史博物館として公開されている長浜城。天正元年(1573年)に浅井長政攻めの功で織田信長から浅井氏旧領を拝領した羽柴秀吉(豊臣秀吉)が築城しました。戦国時代末期も秀吉が城主として長年過ごした名城です。現在見られる天守は、1983年に犬山城や伏見城をモデルに模擬復元したもの。館内は「市立長浜城歴史博物館」となっており、湖北・長浜の歴史や、秀吉と長浜のかかわりについて詳しく学ぶことができます。黒壁スクエアや長浜別院大通寺、長浜港などの名所へも、徒歩10~15分で訪れることができます。

基本情報

■住所
 〒526-0065 滋賀県長浜市公園町10-10
■電話番号
 0749-63-4611
■車でのアクセス
 北陸自動車道 長浜ICから車で15分
■駐車場
 あり(3時間以内無料)
※2020年4月現在の情報

No.10 比叡山ドライブウェイ

(イメージ)

(イメージ)

滋賀県大津市の田ノ谷峠から延暦寺東塔(根本中堂)、比叡山頂までを結ぶ「比叡山の玄関口」ともいえる約8kmのドライブコースです。絶景が連続する「夢見が丘」や、非日常的なカジュアルリゾートホテル「ロテルド比叡」、陶板に再現された名画と季節ごとの花が咲く庭園が美しい「ガーデンミュージアム比叡」、天台宗総本山「比叡山延暦寺」など、コース内には魅力あふれる名所が点在しています。「ロテルド比叡」では京都の川床から着想を得た「山床カフェ」で、琵琶湖を眺めながらランチやティータイムが楽しめます。「夢見が丘」から見る琵琶湖と大津市街の夜景や、比叡山を彩る秋の紅葉は必見です。

No.11 滋賀県立琵琶湖博物館

(イメージ)

(イメージ)

日本一の湖・琵琶湖の魅力をたっぷりと楽しめるミュージアム。湖南部につきだした烏丸半島の中に位置し、湖の生い立ちから生態系、人々の暮らしや歴史まで、幅広く学ぶことができます。琵琶湖の底に潜った感覚が味わえる「トンネル水槽」や、屋外展示の森をめぐる「樹冠トレイル」は圧巻。手に取って観察できる標本も多数展示されており、大人でも子供でも楽しめる工夫が随所に凝らされている博物館です。古代生物の標本などを展示するA展示室と、琵琶湖の自然と暮らしの歴史を展示するB展示室は、現在リニューアル工事中。2020年夏以降、装いも新たに公開される予定です。

基本情報

■住所
 〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091
■電話番号
 077-568-4811
■バスでのアクセス
 JR草津駅「西口」2番バス乗り場から、近江鉄道バス、びわこ博物館行き(約25分)、「びわこ博物館」下車。徒歩すぐ
■車でのアクセス
 名神「栗東IC」から約30分、名神「瀬田西IC」または新名神「草津田上IC」から約35分
■駐車場
 普通車:420台 観光バス:40台(有料)
※2020年4月現在の情報


  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2020.07.10 国内旅行

自然と歴史の魅力が楽しめる滋賀の観光スポット12選

琵琶湖のイメージが強い滋賀県。風情を感じられるスポットもたくさんあるのでご注目。国宝の彦根城や世界文…

2020.07.10 国内旅行

風情ある街並みを感じる!近江八幡の観光地15選

八幡堀や水郷めぐりで有名な近江八幡市。白壁土蔵や豪商たちが築いたお屋敷、石垣の景色など、まるで数世紀…

2020.08.31 国内旅行

観光に疲れたら温泉!大阪おすすめ温泉12選

グルメで有名な大阪。実は温泉も色々楽しめます。関西空港周辺の関空温泉は、食とお湯が楽しめる日帰り温泉…

2020.08.31 国内旅行

実は温泉も豊富!兵庫のおすすめ観光地12選

姫路城や神戸のイメージの強い兵庫ですが、ゆったりと過ごせる温泉地もあります。文人たちに愛された歴史あ…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!