スイーツも酒の肴も…充実の鹿児島おすすめ土産12選

更新日:2020年06月17日

(イメージ)

(イメージ)

特産品であるさつまいもを使ったスイーツの印象が強い鹿児島のお土産。配りやすく誰にも喜ばれたいなら、かすたどんが定番。ふわふわで弾力のある生地と。鹿児島県産卵をたっぷり使ったカスタードの相性が絶品です!

No.01 しろくまプリン

 鹿児島発祥のスイーツ「しろくま」をモチーフにした、やさしい練乳味のプリン(製造:有限会社鹿児島ユタカ)。「かき氷のしろくまを手軽に持って帰ってもらいたい」という製造元の思いから誕生した商品は、ひと口サイズで食べやすく、ぷるんとなめらかな食感が好評です。プリンにはかき氷に使われているフルーツや小豆味など色とりどりのゼリーが入っていて、見た目も鮮やかでとても涼しげ。さっぱりとした味わいなので、夏におすすめのスイーツです。常温でも保存できますが、冷蔵庫で冷やせばさらにおいしくいただけます。しろくまのイラストがあしらわれたパッケージもかわいく、子供へのお土産にもおすすめです。

基本情報

有限会社鹿児島ユタカ
■住所
 〒899-4301 鹿児島県霧島市国分重久2751-4
■電話番号
  0995-46-2361
※鹿児島中央駅改札前 さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.02 さつまあげ

(イメージ)

(イメージ)

イワシ・サメ・カツオなどの魚肉のすり身を丸形や角形に成形して油で揚げた、鹿児島県を代表する郷土料理。地元では「つけ揚げ」や「てんぷら」とも呼ばれています。シンプルにすり身だけのものから、タマネギや紅ショウガなどの野菜、イカやタコなどの魚介類を入れたものもあり、味のバリエーションは様々。チーズやサツマイモ入りのさつま揚げが女性に人気のようです。鹿児島には専門店がたくさんありますが、中でも知名度が高いのは、無添加にこだわる「揚立屋」、オリジナルメニューが人気の「月揚庵」、大正元年創業の「有村屋」など。鹿児島市内の繁華街・天文館では、さつま揚げの食べ歩きも楽しめます。

基本情報

揚立屋(本店)
■住所
 〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町3-13
■電話番号
 099-224-7796

月揚庵
■住所
 〒890-0053 鹿児島中央駅みやげ横丁店 鹿児島県鹿児島市中央町1-1-1 JR改札前
 〒899-6404 鹿児島空港内売店(ANA FESTA[1F・2F]、BLUE SKY[1号店・2号店]、Dream Garden、ROYAL) 鹿児島県霧島市溝辺町麓822
■電話番号
 鹿児島中央駅みやげ横丁店 099-298-1800(売店直通)

有村屋(本店)
■住所
 鹿児島市郡元2-18-4
■電話番号
  099-251-0339
※鹿児島中央駅改札前 さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.03 かるかん饅頭

(イメージ)

(イメージ)

江戸時代から300年以上愛されてきた鹿児島の銘菓「かるかん(軽羹)」は、原料となる自然薯・米粉・砂糖の3つを混ぜ、ふっくらと蒸し上げた上品なお菓子。きめ細かな生地の白さが特徴です。「かるかん饅頭」は、その生地で餡を包んだお菓子のこと。やさしい味わいでとても食べやすく、ほかのお菓子と比べてカロリーも控えめなので女性にもとても人気があります。「かるかん」の考案者とされる明石出身の菓子職人、八島六兵衛が創業した菓子舗・明石屋、「かるかん饅頭」のほかにも「かすたどん」や「銅鑼殿(どらどん)」など品ぞろえ豊富な薩摩蒸氣屋が有名です。

基本情報

明石屋(本店)
■住所
 鹿児島県鹿児島市金生町4-16(山形屋北筋)
■電話番号
 フリーダイヤル:0120-080-431

薩摩蒸氣屋(JR鹿児島中央駅店)
■住所
 鹿児島県鹿児島市中央町1-1 鹿児島中央駅(みやげ横丁)
■電話番号
 099-256-6480
※鹿児島中央駅改札前 さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.04 薩摩焼酎

(イメージ)

(イメージ)

薩摩焼酎とは、鹿児島県産のサツマイモを使い、鹿児島県内で製造・容器詰めされるなど、いくつもの基準をクリアした本格焼酎のこと。「ボルドーワイン」や「スコッチ」のようにWTO(世界貿易機関)から地理的表示が認められた産地指定銘柄の一つで、世界的に認知された焼酎のブランドです。鹿児島県内には80超もの蔵元があり、サツマイモの品種や蒸留法などの違いによって、さまざまな香りや味わいの焼酎が造られています。自分好みの薩摩焼酎を探すには、鹿児島の本格焼酎が集められた焼酎専門店「薩摩焼酎蔵」などがおすすめです。

基本情報

焼酎専門店 薩摩焼酎蔵
■住所
 鹿児島県鹿児島市中央町1-1 鹿児島中央駅(みやげ横丁)
■電話番号
 099-298-1188

※2020年4月現在の情報

No.05 あくまき

(イメージ)

(イメージ)

鹿児島に古くから伝わり、地元では「ちまき」とも呼ばれ親しまれる「あくまき」。主に端午の節句に作られる郷土菓子で、一晩灰汁に漬けたもち米を竹皮に包み、灰汁で3~4時間炊き上げます。保存性が高く、その昔薩摩の兵が兵糧として携帯したという伝承も。食感はぷるぷるしており、例えていうなら「もち米のゼリー」でしょうか。ほとんど味がないため、砂糖やきな粉、黒蜜、蜂蜜などをかけるのが一般的。とても柔らかいので切る時に包丁は使わず、竹皮を縛った糸が使われます。生ものですが常温でも5~7日間程度は保存できるので、ちょっと変わった鹿児島土産としておすすめです。創業90年の老舗、梅木屋が有名ですが駅や空港の売店でも販売されています。

基本情報

有限会社 梅木商店
■住所
 〒897-0215 鹿児島県南九州市川辺町平山6794
■電話番号
 0993-56-0126

さつまあくまき本舗 梅木商店(ネットショップ)
■URL
 https://umekiya.jp/

※鹿児島中央駅改札前 さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.06 唐芋レアケーキ ラブリー

「ラブリー」は、製造元が営む大隅半島の農場で栽培された唐芋(サツマイモ)だけが使われたレアケーキ。口の中でとろけるような滑らかな舌触りと濃厚な味わいがクセになるとして人気が広がり、発売以来、30年もの間愛され続けているロングセラーです。原料の栽培から製造、販売まで徹底した商品管理が行われており、できたてを瞬間冷凍することで鮮度をキープ。サツマイモ本来の風味を楽しめます。また、防腐剤や着色料が使われていないので小さなお子さんから年配の方までが安心しておいしくいただける、お土産に最適なスイーツです。季節限定商品もありますので、旅行前にチェックしておくとよいでしょう。

基本情報

鹿屋フェスティバロ(本店)
■住所
 鹿児島県鹿屋市西原4-12
■電話番号
 0994-43-3948

※鹿児島中央駅改札前 さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.07 さつまぼっけもん

「ぼっけもん」とは、大胆、怖いもの知らずといった意味の鹿児島弁で、鹿児島県人の気質を表した言葉。パッケージに幕末・明治の偉人、西郷隆盛が大きく描かれたこのお菓子は、厚手のクッキー生地に香ばしい落花生をたっぷり乗せて焼き上げた洋風せんべいです。ほどよい甘さで、思わずもうひと口食べたくなります。個包装の袋にも西郷さんが描かれており、鹿児島土産としてのインパクトは十分過ぎるほど。お手頃な価格でたくさん入っているので学校や職場へのお土産にも最適です。

基本情報

菓匠 香月
■住所
 鹿児島県鹿児島市中央町1-1 鹿児島中央駅(みやげ横丁)
■電話番号
 099-256-2056

※鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.08 薩摩芋タルト

「薩摩芋タルト」は指宿市山川産の紅さつまと紫芋を使った、ひと口サイズの洋風タルト。サツマイモの餡はしっとりした柔らかな口どけで、タルトのサクサクした食感との相性が絶妙。レトロでかわいい見た目も相まって老若男女に人気です。鹿児島土産の代表格といった存在で、2008年に開催された第25回全国菓子大博覧会では最高賞の名誉総裁賞も受賞しています。お手頃な価格でたくさん入っているので学校や職場へのお土産にも最適。サツマイモの魅力を堪能できるお菓子です。

基本情報

山福製菓有限会社(さつまち鹿児島中央駅)
■住所
 鹿児島県鹿児島市中央町1-1 鹿児島中央駅(みやげ横丁)
■電話番号
 099-286-4630
※鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.09 薩摩きんつば

熟練の菓子職人がサツマイモを練り上げ、四角く型を取ったのち、ていねいに手焼きを繰り返して焼き上げられる「薩摩きんつば」。本場のサツマイモを原料とした焼き菓子で、黄金芋、隼人芋、紫芋、安納芋など、特徴の異なる芋の味を楽しめます。明治43年創業の老舗、馬場製菓の「薩摩きんつば」は、1998年に開催された第23回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞した逸品。添加物や防腐剤を使わないこだわりの製法で、サツマイモの風味を損なうことなく仕上げられた上品な甘味が魅力です。

基本情報

有限会社 馬場製菓(鹿児島本店)
■住所
 鹿児島県鹿児島市錦江町8-1
■電話番号
 099-805-1331
※鹿児島中央駅改札前 さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.10 かすたどん

カスタードクリームをふわふわ食感の生地で包んだ人気の洋菓子「かすたどん」。鹿児島県産の厳選した卵が使われており、生地は卵の風味が広がる繊細な口当たり、カスタードクリームは甘さ控えめで飽きのこないおいしさ。お子さんにも年配の方にも喜ばれる、やさしい味の蒸し菓子です。夏には冷たく凍らせてもおいしくいただけます。「かすたどん」のほかにも「かるかん饅頭」や「銅鑼殿(どらどん)」など、バラエティーに富んだ品ぞろえで人気がある薩摩蒸氣屋の看板商品です。

基本情報

薩摩蒸氣屋(JR鹿児島中央駅店)
■住所
 鹿児島県鹿児島市中央町1-1 鹿児島中央駅(みやげ横丁)
■電話番号
 099-256-6480
※鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.11 黒ぶた侍

鹿児島グルメといえば「黒豚料理」が有名。その黒豚をモチーフにした愛嬌たっぷりの肉まんが「黒ぶた侍」です。竹炭が練り込まれた黒い生地はもっちりとした食感が特長で、中にぎっしりと詰められた餡には黒豚のミンチがたっぷり。生の肉を生地に入れてから蒸すので、ひときわジューシーな味わいに仕上がります。鹿児島の黒豚専門店「くろかつ亭」がプロデュースしたその味は、2009年開催の「かごしまの新特産品コンクール」で最優秀賞である県知事賞受賞というお墨付き。賞味期限は冷凍で3カ月間で、食べる時は電子レンジで約3分間温めればオーケーという手軽さも評判です。インパクトがある鹿児島土産がほしいという方におすすめです。

基本情報

鹿児島銘品蔵
■住所
 鹿児島県鹿児島市中央町1-1 鹿児島中央駅(みやげ横丁)
■電話番号
 099-812-7662
※鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報

No.12 げたんは

その形が下駄の歯に似ていることから名付けられた鹿児島の郷土菓子「げたんは」。その名の通り、下駄の歯のような平たい二等辺三角形をしたお菓子です。県の特産品のひとつ、黒砂糖を使ったお菓子はたくさんありますが、「げたんは」はその代表格。生地にたっぷり染み込んだ黒砂糖の甘い香りと柔らかな食感が、古くから県民に親しまれてきました。昔、庶民にとって貴重品であった下駄とお菓子を結び付けた発想は、いかにも薩摩らしいと言われています。黒砂糖の独特の風味がクセになる、お茶請けにうってつけの商品です。価格は10枚入りで300~350円程度。

基本情報

株式会社 南海堂(製造元)
■住所
 鹿児島県鹿児島市伊敷4-13-15
■電話番号
 099-229-2333
※鹿児島中央駅改札前 さつまち鹿児島中央駅みやげ横丁、鹿児島空港売店などでもお買い求めいただけます
※2020年4月現在の情報


今回ご紹介した内容を参考に、ぜひみなさんも鹿児島県のお土産選びを楽しんでみてくださいね♪

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2020.08.31 国内旅行

西郷隆盛も癒された!?霧島の温泉地12選

霧島には日常を忘れられるような絶景を楽しめる温泉がたくさんあります。妙見温泉は新川渓谷温泉郷の中心的…

2020.07.31 国内旅行

鹿児島が誇る自然と歴史の観光スポット12選

江戸時代には西郷隆盛でおなじみの薩摩藩の元で栄えた鹿児島県。温暖な気候で過ごしやすいうえに、桜島や屋…

2020.07.10 国内旅行

絶対食べて帰りたい!美味しい鹿児島グルメ15選

雄大な自然を誇る鹿児島県。世界自然遺産の屋久島や、シンボルの桜島に加え、温泉の源泉数は全国2位!その…

2020.08.31 国内旅行

ソウルフードも高級食材も美味!福岡グルメ12選

九州の中でも、絶品グルメが有名な福岡。サバ定食をはじめ、ごぼう天うどんやとんこつラーメンなどさっと食…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!