クラブツーリズム TOP テーマ旅行を探す世界遺産屋久島ツアー・旅行よくある質問

屋久島旅行(ツアー)特集

屋久島ツアーの全体的な質問

屋久島はどんな気象ですか?

年間降水量は平地部で4,000〜4,500mm、山間部で8,000〜10,000mmほどと東京が1,500mmに比べるとかなり多いことがわかります。
この豊かな水が素晴らしい自然を育んできたのです。
下表の通り年間を通して降水量は多いですが特に6月中旬〜7月中旬の梅雨の時期は特に多いことがわかります。

<月間降水量・気温(平地部)>※データは気象庁のHPを参考にしております。

屋久島にはどんな花が咲くのですか?

林道や登山道などで様々な草花に出会えますが、代表的な2つをご紹介します。

イメージ
サクラツツジ

屋久島では最も広い範囲で見られる花。
花が桜色に近いことからサクラツツジと呼ばれているが、色の濃いものから白いものまで様々。
花の咲く時期は5月〜6月にかけて里から山の高い方へ移っていきます。

イメージ
ヤクシマシャクナゲ

ヤクシマシャクナゲは屋久島固有種である。
5月〜6月に白やピンクの美しい花をつける。標高1000m前後から山頂までみることができ、分布区域は数千haにも及ぶ。
特に宮之浦岳登山歩道の周辺に多く、開花時期に見る山頂からの眺めはとても綺麗です。

服装・持ち物はどうしたらいいですか?(トレッキングをしない観光中心のコース)

雨が多い場所になりますので必ず「傘」や「雨具」はいつの時期でもご用意ください。
白谷雲水峡やヤクスギランドに行くコースはスニーカーなど「歩きやすい靴」でお越しください。

お土産など名産品は何ですか?

トビウオや芋焼酎、ヤクスギの廃材をつかった工芸品などが有名です。
中でも芋焼酎の「三岳」は女性でも飲みやすいと好評で地元の方でも購入に制限がある貴重な焼酎です。

トレッキングツアーの質問

屋久島のトレッキングシーズンはいつですか?
3月〜11月が登山におすすめのシーズンです。

6月中旬〜7月中旬は梅雨のため特に雨が多い時期になります。
新緑は4月下旬〜5月下旬、シャクナゲは5月下旬〜6月下旬頃が例年の見頃です。
比較的天候 が安定している時期は3〜5月と10〜11月ですがいつの時期でも必ずしっかりとした雨具はご用意ください。
冬季は標高800m付近から積雪が見られま す。雪は湿性のベタ雪で濡れやすく、ワカン・アイゼン・ピッケルが必要なこともあります。
山岳部で氷点下10〜15℃と下がりますので冬季の装備は十分に お気をつけください。

装備について心配です
登山やハイキングツアーではしっかりとした装備をご用意ください。

装備について、詳しくはこちらをご参照下さい。 装備・レベルについて
また説明会でも装備についてご説明しております。 説明会はこちらから

私にも縄文杉に行けますか?
ご心配な方はぜひ説明会にご参加ください。

説明会についてはこちら

ページTOPへ
海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員