クラブツーリズム TOPテーマ旅行を探す尾瀬旅行・ツアー尾瀬基本情報

尾瀬旅行・ツアー

尾瀬基本情報

尾瀬国立公園 2007年8月、国内では20年振りに29番目となる国立公園として、尾瀬国立公園が誕生。群馬県・福島県・新潟県にまたがる広大な面積を誇る尾瀬ヶ原周辺は初夏を迎えるとミズバショウなどの花々が咲き、夏にはニッコウキスゲなど、そして秋には一面黄金色に広がる草紅葉など、尾瀬は四季を通じてさまざまな風景に変わります。さわやかな風を感じながら、尾瀬ならではのハイキングを楽しみましょう!

尾瀬見頃カレンダー

ミズバショウっていつ見られるの?湿原に咲く花ってどんなのがあるの?紅葉の時期はいつごろ?尾瀬の見どころをご紹介します。

尾瀬ルートマップ

尾瀬のあるきかた

尾瀬を楽しむ一般的なルートを紹介します。

  • 出発! 標高約1600メートル 尾瀬の玄関口鳩待峠! 入口で靴をキレイにして出発!

    入口

  • 木道 約1時間、小鳥のさえずりや川の水音、木々の季節感を味わいながら、階段や木道を下ります。

    1時間ほど下ります

  • 山の鼻 山の鼻に到着!ベンチもありひとやすみ。ビジターセンターで情報集めも!!約2キロの散策コース尾瀬研究見本園もおすすめです。

    山の鼻へ到着(尾瀬ビジターセンター)

  • 燧ヶ岳 尾瀬を代表する燧ヶ岳(ひうちがたけ)を正面に見ながら木道を歩きます。

    ひうち岳を正面に木道を歩きます

  • 中田代ミズバショウ 5〜6月が見ごろ。ポスターや雑誌などでも紹介される下ノ大川沿いの水芭蕉の群落。

    中田代 ミズバショウ

  • ニッコウキスゲ 7〜8月が見ごろ。大江湿原が有名です。

    ニッコウキスゲの群落

  • 草紅葉 9月下旬・10月中旬が見ごろです。

    秋には草紅葉(9月下旬〜10月中旬)

  • 見晴地区山小屋に到着 (写真は桧枝岐小屋)夜は満点の星空、早朝は朝もやを楽しめます。

    山小屋へ(写真は桧枝岐小屋)

山小屋について

尾瀬の中に泊まってみたいけど、どんなところなのか不安…という方も多いのでは?
そんな不安を吹き飛ばす、快適な尾瀬の宿の内外を「檜枝岐小屋」を例に詳しくご紹介します。

檜枝岐小屋 外観 尾瀬のど真ん中・見晴にたたずむ山小屋。「ひげくま」の愛称を持つオーナーをはじめ、あたたかいおもてなしが自慢の小屋です。|尾瀬の朝焼け 尾瀬の中に泊まるからこそ出会える尾瀬の朝・夕の幻想的な風景や満点の星空をじっくりとお楽しみください。

尾瀬でのマナー

尾瀬保護財団からのメッセージ

~尾瀬に入山される皆さまへ~

四季折々、美しい姿を私たちに見せてくれる尾瀬の貴重な自然を守るためには、一人ひとりが、
マナーを守りながら自然と触れ合うことが大切です。
また、尾瀬は標高の高い山岳地帯であり、遭難事故も起こります。
十分な事前の学習や準備をお願いします。

尾瀬に関するご質問等は当財団までお気軽にお問い合わせください。
(財) 尾瀬保護財団
TEL:027-220-4431

尾瀬でのマナー
  • 湿原や森林内には立ち入らずに、木道や登山道を歩きましょう。
  • 動植物を採取しないようにしましょう。落枝を杖にするのもやめましょう。
  • 自分のゴミは家まで持ち帰り、気がついたらゴミも拾いましょう。
  • 野生生物を守るため、犬などのペットの持ち込みはやめましょう。
  • 木道は右側通行です。また、木道ではたばこは吸わないようにしましょう。
  • たばこを吸う人は、必ず携帯灰皿を利用しましょう。

尾瀬旅行・ツアーなら、クラブツーリズム!安心で快適な添乗員付きプランもご用意。
ハイキングツアーや登山ツアー、シャトルバスや夜行列車を利用するプランなど、おすすめの尾瀬ツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

▲ 尾瀬基本情報 尾瀬旅行・ツアーの先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員