クラブツーリズム TOPテーマ旅行を探すお参り・巡礼の旅(こころの旅)よくあるご質問

  • 関東発
  • 他のエリアはこちら
  • 名古屋出発
  • 関西・中国出発
  • 北海道出発
  • 仙台出発
  • 静岡・遠州出発
  • 九州出発

お遍路 旅行・ツアー こころの旅

  • TOP
  • 四国八十八ヶ所
  • 西国三十三観音
  • 坂東三十三観音
  • 秩父三十四観音
  • 全国の霊場めぐり

このページの先頭へ

身じたくおよび巡拝用品について

服装、持ち物は白いものでないといけませんか?
そのようなことはございませんが、クラブツーリズムのお客さまは、ベージュ、グレー、アイボリーといった淡い色の服装を着ている方が多くいらっしゃいます。
以前、四国八十八ヶ所(ないしは観音)巡りに参加したことがあります。そのときに使った数珠、輪袈裟、ローソク、線香、杖、白衣を使っても良いでしょうか?また、家族や知人の物を使っても良いでしょうか?
ご自身が使用された物であれば、引き続きご使用になれます。ただし、ご本人様以外の方が使用された物をお使いになるのはお勧めしておりません。
短い数珠(じゅず)(念珠)でも大丈夫ですか?
もちろん、大丈夫です。
輪袈裟(わげさ)、数珠(じゅず)は自分の宗派のものを使ってもよいでしょうか?
もちろん、お使いいただけます。
巡礼中に帽子を被ってよいでしょうか?
もちろん、かまいません。
ただし、一般的に菅笠以外は、勤行(ごんぎょう)中は脱帽が通例であると言われております。(諸堂内は、菅笠も含め脱帽です)
線香、ローソクの長さについて教えてください。
とくに決まりはございません。弊社で取り扱っているのは、ローソクは小指くらいの長さで、お線香は一般的なものです。なお、お線香の香りについてはどのようなものでもかまいません。
お賽銭はどのくらい用意すればいいですか?
日帰りコースについては、その日にお参りするお寺の数分をご用意ください。
宿泊コースについては、2〜3日分ご用意していただければ大丈夫です。それ以降については宿泊施設で両替することもできます。
納札(おさめふだ)とは何でしょうか?
納札とは、参拝者の願い事を書くものです。

このページの先頭へ

納経(ご朱印)について

お納経(ご朱印)とは何でしょうか?
納経とは、お参りをした証として寺院から頂戴するお印(しるし)です。一般的には、宝印や寺号を押印し、その上に墨書きしたものとなります。
お納経(ご朱印)はいくつまでもらえますか?
霊場で指定されている種類のお納経(ご朱印)は、お一人様につき各1点ずつ合計3点がいただけます。
四国八十八ヶ所ならびに観音めぐりでも、お一人様につき、納経帳(朱印帳)、白衣、納経軸の各1点ずつ、合計3点までとさせていただきます。
※注意事項
①ご持参の納経帳(朱印帳)や白衣は、札番順ではなく、参拝順に宝印をいただきます。
②特定の寺院だけいただくといった部分的なご朱印はいただけません。
③参拝日を記入されない霊場もございます。
お納経(ご朱印)代の支払い方法は?
事前入金制となります。ご出発2週間前までにご依頼いただき、お送りしているご希望の方は、お振込み用紙にてお手続きをお願いします。
お納経(ご朱印)とは何でしょうか?
納経とは、お参りをした証として寺院から頂戴するものです。一般的には、宝印や寺号を押印し、その上に墨書きしたものになります。

このページの先頭へ

その他、よく頂くご質問

相部屋でないといけませんか?
そのようなことはございません。弊社のコースでは、お客さまのご希望に合わせて個室もご用意しておりますので、空室状況などはお気軽にスタッフまでお尋ねください。
ただし、お部屋数の関係で、お申込み先着順にてご予約をお受けしております。個室が満室の場合もございますのでお早めにお手続きをお願いいたします。
自由時間はありますか?
お参り後、バス車内に戻るまでが自由時間です。 霊場巡りでは、基本的に集合時間は設けておりません。
写真やビデオ撮影のできる場所はありますか?
写真やビデオ撮影は、寺院が許可している場所に限られますが、一般的に、境内において寺院の外観を撮影することは可能です。
ただし、内陣やご本尊様、お納経所、寺院の方(住職さんなど)の撮影はお控えください。
足が悪くて正座することができません。参拝に差し障りがあるのではと心配です。
無理のない姿勢でお座りいただいてかまいません。椅子が設置されている場所では、椅子を借りられます。同行の先達や添乗員に、その旨をお申し付けください。
体力に自信がありません。大丈夫でしょうか?
体力的に厳しい場合には、無理をなさらず車内でお休みいただいたり、途中まで歩いて休憩をお取りになるなどされてください。参拝については、同行の先達や添乗員が代理参拝をすることもできます。
また、境内近くまでバス等の乗り物で皆様をご案内しておりますが、それでも坂道や階段などの多い、いわゆる“難所”と呼ばれる場所があります。
事前に荷物を送ることはできますか?
はい、可能です。
弊社よりお送りする「旅のしおり」(出発のご案内)がお手元に届いてから、宿泊施設にご連絡いただき、ご送付ください。
問い合わせは各旅行センター宛で良いですか?
「カルチャー旅行センター・こころの旅」までご連絡お願いします。
クラブツーリズムではさまざまなコースがありますが、一番効率よく安価で参加できるのは?
全周コースです。
百観音巡りを始める際、どの霊場から始めるのが良いでしょうか?
お時間が取れて、体力的にも問題ない方でしたら、比較的難所の多い西国から始められることをお薦めしています。
また、お仕事やご家庭の事情で、時間調整が難しい方へは、日帰りの多い坂東観音や秩父観音から始められることをお薦めしています。

このページの先頭へ

歩きへんろ(四国・秩父)に関するご質問

歩きへんろ旅は体力にかなり自信がないと参加は難しいですか?
日頃から、ウォーキングやハイキング、登山など、努めて歩いていらっしゃる方であれば、ご参加になれます。
しかしながら、日頃、なかなか歩く機会が少なく、脚力に自信のない方は、事前に歩く習慣をつけてからのご参加をお薦めしています。
旅行日数によって身体への負担は変わってきます。宿泊日数が短いほど身体にかかる負担は軽く、宿泊 日数が長いほど、難度は高くなるとお考えください。
歩く道の特長は以下の通りです。

【四国札所】 固いコンクリートでできた国道や、山道などさまざまです。日頃から登山などで脚力に自信のある方も、平坦なコンクリートの道を歩くことはきついとお感じになる方もいらっしゃいます。
【秩父札所】ほぼコンクリートでできた平坦な道です。 ただし、30番〜31番へ向かう道は峠越えになります。
歩く速度はどれくらいですか?
1km(15分)が一般的なペースです。弊社のコースも、この速度を基準に組まれています。
山登りの場合には、この倍の時間(30分で1km)をかけて歩いていきます。
途中で歩けなくなったら、どうすればいいですか?
“伴走車”で次の寺院までご案内します。
安全で快適にお参りをしていただくために、弊社の 《歩きへんろ》では、伴走車をお付けしています。体調の変化はどなたもあることです。ツアーの途中で、異変をお感じになったら、気兼ねなく、同行の先達や添乗員にご相談ください。

このページの先頭へ

条件からツアーを探す

このページの先頭へ

  • 他のエリアはこちら
  • 名古屋出発
  • 関西・中国出発
  • 北海道出発
  • 仙台出発
  • 静岡・遠州出発
  • 九州出発

四国八十八ヶ所めぐり旅(ツアー)なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員・ガイド同行プランもご用意。よくあるご質問を紹介しています。ツアーの検索・ご予約も簡単。

▲お参り・巡礼の旅(こころの旅) よくあるご質問 の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員