クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパバルト3国旅行・ツアーエストニア旅行・ツアー

まだ見ぬヨーロッパの旅
  • アイルランド
  • マルタ共和国
  • バルト3国
  • キプロス島
  • コーカサス3国
  • アイスランド・グリーンランド
  • ポーランド
  • バルカン半島

バルト3国(エストニア・ラトヴィア・リトアニア)旅行・ツアー

観光地情報

【エストニア・ラトヴィア・リトアニア「バルト3国」ってどんな国?】中世の薫りを色濃く残し、いつの時代にも、時に激しく、時に穏やかに風が吹き続けてきたエストニア・ラトヴィア・リトアニアのバルト3国。バルト海の東岸に南北に並ぶこの3つの国には、深い森・清らかな湖などの自然が広がり、古城や教会が点在し、美しい風景を織りなしています。中世の息吹を感じることができる街並みへ1歩足を踏み入れれば、3ヵ国の歴史や伝統に出会うことができます。四季折々の美しさを魅せるバルト3国へ是非皆様もお越しください。

エストニア・ラトヴィア・リトアニア「バルト3国」の位置関係

エストニア・ラトヴィア・リトアニアで独立運動の一環として行われた「人間の鎖・バルトの道とは?」1989年ロシア(旧ソ連)からの独立を求めるバルト3国の人々は、手と手を握り、ヴィリニュス〜リガ〜タリンを結ぶ「人間の鎖」を作りました。人々の独立への呼びかけにより、ヴィリニュスの大聖堂の広場〜タリンの歌の原まで約600kmにわたって人間の鎖は伸びました。参加者はおよそ200万人。人々が連帯して世界に訴え、そして歴史を変えた記念すべき場所です。

  • エストニア
  • ラトヴィア
  • リトアニア
エストニア観光地マップ
  • タリンの旧市街(世界遺産)
  • キヒヌ島
  • ラトヴィアの観光地を見る
  • リトアニアの観光地を見る
  • ポーランド特集

エストニアおすすめ観光地

タリンの旧市街(イメージ)
タリンの旧市街(イメージ)

タリンの旧市街(世界遺産)

中世の面影が残る、タリン旧市街のシンボルはラエコヤ広場と旧市庁舎。旧市庁舎は14世紀半ばに建てられた、北ヨーロッパに唯一残るゴシック様式の市庁舎です。
広場の周辺はレストランやカフェが並びにぎわっています。トームペアこと山の手の展望台からは、世界遺産に指定されているタリンの旧市街が見下ろせます。塔が立ち並ぶ様子は、まさに「絵葉書」の様です。

この観光地へ行くツアー

タリン旧市庁舎

タリン旧市庁舎(イメージ)
タリン旧市庁舎(イメージ)

ニット製品の露天セーターの壁

セーターの壁(イメージ)
セーターの壁(イメージ)

風情あふれる旧市街の街並み

タリンの旧市街(イメージ)
タリンの旧市街(イメージ)

キヒヌ島の女性たちの心温まる笑顔

キヒヌ島の女性(イメージ)
キヒヌ島の女性(イメージ)

キヒヌ島(無形文化遺産)

バルト海に浮かぶエストニアのキヒヌ島は周囲15キロメートル。200人が暮らす小さな島です。この島で男たちは、昔から船乗りとして遠洋に出かけていました。その間、農作業から冬の雪かきまで、すべてを担うのは女性たち。女性たちが、何百年にもわたり受け継いで来た独特の文化が無形文化遺産に指定されています。赤ん坊から年寄りまですべての女性がはくスカートは、人生の節目ごとに色を変えていく、まさに女性の一生を象徴するもの。厳しい島の生活を支える女性たちの誇りです。生活の知恵として母から娘へ受け継がれる歌は500以上、そしてすべて女性たちの手で執り行われる葬儀等。船乗りの男性が島に帰省するまで島を守り抜く、島の女性たちの想いに迫ります。

この観光地へ行くツアー

  • ツアーはこちら
  • ラトヴィアの観光地情報
  • リトアニアの観光地情報

エストニア旅行・ツアーの観光地情報をご案内!ラエコヤ広場とタリン旧市庁舎、トームペアこと山の手の展望台からは、世界遺産に指定されているタリンの旧市街が見下ろせます。塔が立ち並ぶ様子は、まさに「絵葉書」の様なタリン旧市街。バルト海に浮かぶ周囲15キロメートルの小さなキヒヌ島のおすすめ観光地をご紹介しています。

↑エストニア旅行・ツアーの先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員