クラブツーリズム TOP国内旅行を探す北海道流氷ツアー・旅行2018流氷について詳しく知る

流氷街道(知床〜雄武(おうむ) 間)

流氷街道MAP

  • ガリンコ号
  • 流氷砕氷船「おーろら」
  • 流氷ウォーク
  • 根室海峡クルーズ
  • 流氷ヘリクルージング
  • 流氷列車

〜楽しみ方いろいろ!流氷探訪へ!〜

  • ガリンコ号(紋別)

    紋別から出発するガリンコ号は、船の先端部にスクリューを装備。
    音を立てて流氷をがりがりと砕き進む様子は、ガリンコ号ならではの醍醐味です!

    イメージ

    ガリンコ号に乗るツアーを見る

    • 関東発
    • 東海発
    • 関西発
    • 北海道発
    • 中国発
    • 九州発

    流氷砕氷船「ガリンコ号」の動画を見る

  • 流氷砕氷船おーろら(網走)

    流氷砕氷船「おーろら」は、普通船の倍の厚さの船底を持ち、その重力で氷を割り前に進みます。氷が船体にぶつかる音が聞こえ、迫力満点です。

    イメージ

    流氷砕氷船おーろらに乗るツアーを見る

    • 関東発
    • 東海発
    • 関西発
    • 北海道発
    • 中国発
    • 九州発

    流氷砕氷船「おーろら」の動画を見る

  • 根室海峡クルーズ(羅臼)【リピーターに大人気!】

    さいはての街、羅臼にも流氷は訪れます。遊覧船で流氷の海に飛び出せば、そこは天然記念物のオオワシ・オジロワシが舞いアザラシが泳ぐ原始の世界。オオワシ・オジロワシの遭遇率は99%!極寒の地で力強く生きる、野性動物たちの姿に心奪われます。(遭遇率は知床ネイチャークルーズの調べ/2015〜2016年)

    イメージ

    根室海峡クルーズを楽しむツアーを見る

    • 関東発
    • 東海発
    • 関西発
    • 北海道発
    • 中国発
    • 九州発

    「羅臼流氷と野生動物」の動画を見る

  • 流氷列車(網走)

    JR網走駅〜知床斜里駅間を走る列車です。中でも北浜駅はオホーツク海に面した駅で思わずカメラのシャッターを押したくなるほどです。その他にもオホーツク海の流氷や知床連山の美しい風景を眺めることができます。

    イメージ

    流氷列車に乗るツアーを見る

    • 関東発
    • 東海発
    • 関西発
    • 北海道発
    • 中国発
    • 九州発
  • 流氷ヘリクルージング(網走)

    網走の海岸沿いのヘリポートでは、流氷を空から眺める遊覧飛行を実施。
    窓が大きく視界が広く眼下の景色が一望できる絶景を味わう事が出来ます。海岸から眺めるだけではわからない、海を埋め尽くす広大な流氷の姿をぜひお楽しみ下さい!

    イメージ

  • 流氷ウォーク(知床ウトロ)

    アムール川付近からオホーツク海を南下してきた流氷は、知床半島にぶつかって沿岸によって来るため、知床は流氷に出会える確率が最も高い地域といわれています。

    イメージ

※出発地によってツアーのお取り扱いがない場合もございます

知床半島は流氷が到達する最終地点

知床半島全体の形が流氷を受け止める役割をしており、知床の沿岸部にどんどん流氷が集まるため、他の地域よりも流氷が密着し、留まる期間が比較的長く、流氷の観光名所となっています。

知床ツアー特集はこちら

イメージ

流氷まめ知識

流氷はどうやってできるの?

流氷が誕生するのは北海道から約1,000km離れた遥かロシアのアムール川の河口付近。風に吹かれ海流に乗って、次第に成長しながらオホーツク海沿岸に押し寄せます。
ではなぜ海が凍るのでしょう?!

オホーツク海は海面から50mまでは塩分の薄い海水、その下に塩分の濃い重い水がある二重構造の海になっているため、海水の凍る温度の-1.8度に短時間で達し、毎年流氷を見ることができるのだそうです。水深の深い日本海では海水が対流する時間が長く、-1.8度になる前に春が訪れるため流氷が生まれないとのことです。

イメージ

流氷ってしょっぱいの?

流氷に含まれる塩分は0.5%前後で、海水の1/6以下です。海水が凍ってできた流氷は思ったほど塩辛くありません。
氷の結晶が次々にくっつき合って大きくなる時、凍りにくい塩分の多い海水が残されます。氷の結晶化が進むと体積が増えるので流氷の塩分そのものはだんだん少なくなっていくのです。流氷の中にはたくさんの「塩の穴」があいているので、普通の氷よりもわれやすいそうです。

イメージ

クリオネ 〜氷の妖精〜

クリオネは、学名である「クリオネ・リマキナ」からこのように呼ばれていますが、日本語では「ハダカカメガイ」と呼ばれています。クリオネは貝殻を持たないカメガイ(カメの甲羅のような貝殻を持った巻貝)の仲間なのでハダカカメガイと呼ばれるのです。
生まれたばかりの赤ちゃんの頃は、他の貝と同じように貝殻を持っているのですが、しばらくすると退化して消えてなくなってしまうそうです。
たまにペットショップなどで売られていますが、飼育は難しいようですよ。

イメージ

過去の流氷記録 ※網走地方気象台、紋別市調べ

【流氷初日】

気象台で初めて流氷を目視した日

  2014年 2015年 2016年 2017年
網走 1/21 1/12 1/28 1/31
紋別 1/23 1/15 1/27 1/26
【接岸初日】

流氷が接岸し、船舶が運航できなくなった最初の日

  2014年 2015年 2016年 2017年
網走 2/9 1/19 2/22 2/2
紋別 2/17 2/3 2/24 2/2
【流氷終日】

視界内の海面で流氷が見られた最後の日

  2014年 2015年 2016年 2017年
網走 4/30 3/8 3/18 4/24
紋別 4/6 3/15 3/8 4/11

流氷砕氷船に乗る予定だけど・・・天気が悪かったり、流氷がいないときはどうなるの?

  • 悪天候で船が欠航した

    ご旅行期間中に振り替えが可能かどうか判断し、もしご乗船いただけない場合は、近郊の代替観光地へご案内いたします。

  • 流氷がいない・・・

    海上遊覧船としてご乗船いただきます。沖に流氷帯がある場合、運行時間内で行けるところまで追いかけますので、見られる可能性もあります!

  • 流氷がありすぎる

    流氷が押し寄せ、港から船が出られないというケースもございます・・・。
    その場合は欠航となり、悪天候の場合と同様です。

流氷写真館

※小さい写真にマウス(ポインタ)を乗せると大きい写真が入れ替わります

イメージ

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

流氷を見に行くツアーの流氷について詳しく知るなら、クラブツーリズム!添乗員付きならしっかりサポート!流氷を見に行くおすすめ観光ツアーのご案内や、北海道(網走・紋別・知床・羅臼など)の流氷情報、動画、流氷砕氷観光船「ガリンコ号」や「おーろら」についてご紹介。ツアーの検索・お申し込みも簡単です。

▲流氷ツアー・旅行2018 流氷について詳しく知るの先頭へ

ページTOPへ
海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員