クラブツーリズム TOP海外旅行を探すアジア韓国(ソウル)旅行・ツアー・観光観光地情報

韓国(ソウル)観光旅行・ツアー

観光地情報

地図

  • 水原
  • ソウル
  • 安東
  • 扶余
  • 海印寺
  • 慶州
  • 釜山
  • 済州島

四季を通じて楽しめる韓国

韓国は、日本と同じように四季がはっきりしています。少し違う点は、日本よりも北側にあるため、四季がよりはっきりしていること。そのため、全く別の風景が1年中広がります。花が咲き乱れる春、渓谷や海が爽やかな夏、紅葉色に染まる秋、雪と氷で覆われる冬。
クラブツーリズムでは、ソウルだけの滞在コースや韓国の世界遺産を巡る周遊コース、あったか済州島のコースまで四季折々の韓国をお楽しみいただけるツアーをご用意しています。

イメージ
※画像はイメージです

ソウル

昌徳宮(しょうとくぐう)

1997年12月に世界遺産に登録された昌徳宮は、1405年(朝鮮3代太宗5年)に景福宮の離宮として造営された宮殿。13代、約270年間にわたり政務がとられた王の御所。
正殿である仁政殿(インジョンジョン)、韓国を代表する美しい庭園で、人気韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』のロケ地でもある秘苑などが見どころ。

イメージ

宗廟(そうびょう)

李氏朝鮮歴代の王と王妃の位牌を祀り、遺品も収められている。
儒学に基づき祭礼を執り行うための廟で、現在も5月第1日曜に雅楽が鳴り響く中、おごそかに祭礼が行われる。

イメージ

明洞(みょんどん)

洋服、化粧品などファッションアイテムなら何でも揃い、かつ安さが人気のショッピングエリア!

イメージ

清渓川(ちょんげちょん)

1960年〜70年代に時代の流れとともに埋められていた川を復元。川沿いには散策に適した遊歩道があり、夜はライトアップされるなど、観光名所になっている。

イメージ

南大門(なんだいもん)

南大門市場は服や雑貨だけでなく、食料品も豊富!日本では高価な高麗人参なども安価で手に入る。また、市場のすぐ近くにある崇礼門は、現存する李氏朝鮮最古の木造建造物で、国宝第1号に指定された。

イメージ

東大門(とうだいもん)

昔ながらの市場と、最新のファッションビルが混在し、明け方近くまで多くの若者でにぎわっている。

イメージ

この都市に行くツアーを探す

済州島(ちぇじゅとう)

漢拏山(はるらさん)

漢拏山は三神山の一つで高さ1,950mを誇る韓国最高峰。天の川に手の届くほど高い山という意味を持つこの山は昔から神仙が住んでいるということで「瀛州山(ヨンジュサン)」とも呼ばれる。また、2007年には、「済州の火山島と溶岩洞窟」の主要部分として、ユネスコの世界遺産にも登録された。

イメージ

城山日の出峰(しろやまひのでみね)

10万年前の海底噴火によってできた巨大岩山であり、済州島(チェジュド)を代表する景勝地の1つ。その頂上から眺める美しい日の出は、済州島の10絶景に数えられている。
99個の岩峰が噴火口を城のように取り囲んでおり、その内側は3万坪の広大な草原を作りだしている。

イメージ

城邑民俗村(じょうゆうみんぞくむら)

島内には伝統的な暮らしを紹介する民俗村がいくつかある。城邑民俗村は、村自体が政府の援助によって保存されていて、今でも昔ながらの家屋に人が住んでいる。

イメージ

三姓穴(さむそんひょる)

高乙那(コウルナ)、良乙那(プウルナ)、夫乙那(ヤンウルナ)の3人の男性がこの穴から現れて狩猟生活をはじめ、やがて船に乗って島にやってきた女性たちと結婚した、という済州島民の発祥伝説がある。

イメージ

龍頭岩(よんどぅあむ)

約200万年前に漢拏山の溶岩によってできた高さ10mほどの奇岩。龍の頭に似ていることから、この名がついた。

イメージ

済州島に行くツアーを探す

釜山(ぷさん)

チャガルチ市場

地下鉄南浦洞駅からチャガルチ駅にかけて海沿い一帯は、魚を並べた露店でにぎわう。
少し先には、1,400もの店がひしめきあう国際市場もあり、買い物が楽しめる。

イメージ

釜山(ぷさん)タワー

慶州の仏国寺にある塔を模した約120mのタワー。晴れた日には遠く対馬まで望むことができる。

イメージ

この都市に行くツアーを探す

慶州(けいしゅう)

仏国寺(ぶっこくじ)

慶州の街の東南にある「雲を飲んで吐く」という意味の「吐含山」の麓にある。
かつては壮大な伽藍を誇った寺院だが、16世紀末の「文録の役(壬辰の倭乱)」でそのほとんどを焼失、再建された現在の規模は当時の10分の1程度だという。
統一新羅時代(8世紀中葉)に建立され、隆盛を誇った韓国仏教文化の片鱗を垣間見る事ができる。

イメージ

石窟庵(せっくつあん)

慶州の名刹仏国寺と同時代に築かれたといわれる人工の石窟寺院。本尊の釈迦如来像は花崗岩から掘り出されたもので約3メートルの高さがあり、威厳を備えた輝くばかりのその美しさは韓国を代表する仏教美術のひとつ。本尊の周囲には釈迦の弟子像が、背後には十一面観音が浮き彫りになっており、通路の左右に彫られた仁王像や四天王像とともに本尊を守っている。

イメージ

慶州(けいしゅう)歴史遺跡地区(天馬塚)

7基の王陵を含め、23基の古墳群がある広大な公園。天馬塚は約1万2千点もの副葬品が発見された古墳で、唯一内部を見学できる。

イメージ

この都市に行くツアーを探す

水原(すうぉん)

水原華城(すうぉんかじょう)

1974年建造。長さ5.5kmの城壁がある世界遺産。アーチ型の水門がある華虹門や4つの楼閣、市内が一望できる西将台など、見どころが点在している。

イメージ

この観光地へ行くツアーを探す

海印寺(かいいんじ)

海印寺(かいいんじ)

新羅時代、802年に創建された世界遺産に指定されている韓国最大の寺院。
韓国三宝寺のひとつで、蔵強殿には民族の信仰の終結でもある八万大蔵経(はちまんだいぞうきょう)が保管されている。

イメージ

この観光地へ行くツアーを探す

安東(あんどん)

河回村(はふぇまうる)

李氏朝鮮時代の貴族階級、両班を多く排出した地方。昔ながらの伝統家屋に今も人々が暮らす河回村(はふぇまうる)や、安東民俗村、儒学の学校だった陶山書院などがある。

イメージ

この観光地へ行くツアーを探す

扶余(ぷよ)

白馬江(ぺんまがん)

扶余のまちを流れる錦江。日本史に登場する白村江の戦い(はくすきのえのたたかい)の舞台。当時百済と深い交流があった日本が、ここで唐と新羅の連合軍と戦った地。現在は、この白馬江を船で観光することもできる。

イメージ

扶蘇山(ぷそさん)

百済後期の538年から660年まで122年間、都であった扶余の中心部にある扶蘇山は標高106メートル。山というよりなだらかな丘。百済滅亡の時に官女3,000人が身を投げたといわれる悲しい物語の舞台、落花岩から白馬江のパノラマが楽しめる。

イメージ

この都市に行くツアーを探す

韓国(ソウル)旅行・ツアー・観光の観光地情報なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。ソウル、釜山、慶州などの観光地や、おすすめの韓国ツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

▲韓国(ソウル)旅行・ツアー観光地情報の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員