クラブツーリズム TOP海外旅行を探すアジアインド旅行・ツアー・観光同行日誌(北インドを巡るコース)

同行日誌

担当からのメッセージ

インドMAP

【注意】時間・観光地順等は一例であり、内容をお約束するものではございませんので予めご了承ください。

担当:中川友実

世界第7位の広大な国土と約12億の人口を持つインド。世界遺産の数も32個(現在)と見所たくさんの国です。その中でも世界遺産が集中するゴールデントライアングルルートとガンジス河の沐浴を見ることができるベナレスは日数が限られているご旅行の中でも押さえておきたい名所です。こちらでは今回弊社おすすめのコース番号13017・8「【添乗員同行・往復直行便利用】聖なるガンジス河とインド8つの世界遺産めぐり7日間」のツアーをモデルに添乗員同行ツアーの様子をご紹介させていただきます。(※現地にてコース番号13017と13018は共同催行となります。)

このページの先頭へ

1日目 直行便で首都デリーへ

9:00

成田空港第2ターミナルにてご集合

集合は出発の2時間半前となります。(※詳細はご出発1週間〜10日前にお送りする旅のしおりをご覧ください。)添乗員は出発の成田空港から帰着の成田空港まで同行します!搭乗口までの流れも添乗員からの説明があるので安心です♪

らくらく直行便♪
11:30

所要時間はおよそ10時間です。機内では機内食が1回でてきます。機内にてインド入国に必要な書類が配られますのでご自身で記入される方はあらかじめご準備ください。不明点があっても添乗員がおりますので気軽にお声かけください!

日本より3時間30分遅れ

16:50

デリー空港到着

空港到着後、添乗員のもとに集合。添乗員より入国からスーツケース受取りまでの流れをご案内します。

全都市デラックスクラスホテルに宿泊!
18:00

デリーのホテル到着

デリーの日本語ガイドさんと合流し、車内でインドの説明を聞きます。インド観光中は添乗員と日本語ガイドのダブルサポートでご案内しますので、より安心できます。そして、初日は早めにホテル到着。明日からの観光に備えてゆっくりとホテルにてお休みください。

このページの先頭へ

2日目 首都デリーからベナレスへ

8:00

ホテル出発

イメージ
(イメージ)
10:00

デリー空港出発

飛行機にてベナレスへ向けて出発!

11:30

ベナレス空港到着後、サルナートへ

ベナレス空港に到着後、日本語ガイドさんと合流します。そしてまずはブッダが初めて説法をした初転法輪の地で仏教徒の聖地サルナートへご案内!しようとすると…なんと!牛や象が悠々と道を歩いていました!これもインドならではの光景です♪

イメージ
(イメージ)
12:30〜13:30

レストランにて昼食

ホテルビュッフェをお召し上がりいただきました。

14:15〜17:00

ブッダ説法の地サルナート観光スタート!

考古博物館→ダメーク・ストゥーパ→ムルガンディ・クティ寺院を見学。
※途中、インドシルク店にてお買い物

イメージ
(イメージ)
17:30

ベナレスへ戻ります

18:30〜19:00

ガンジス河に祈りを捧げる
ヒンドゥー教の儀式「アルティ」を見学

夕方、お天気がいいので今回はリキシャでガンジス河まで向かいました。どこを見ても人・人・人!そして牛!さすが人口12億人のインドです!!車スレスレで走るリキシャで、ベナレスの喧騒を肌で感じることができました♪そしてガンジス河に到着。雄大で美しく神秘的なガンジス河の光景が…☆日没後、祈りの儀式アルティを鑑賞しました。太鼓の音が鳴り響く中、光に照らされたステージで僧侶たちがガンジスに向かって祈りを捧げる様子は、とても幻想的で神秘的な光景です。

イメージ
(イメージ)
19:30

ホテル到着

20:00

ホテルにて夕食

通常はレストランでの夕食がメインですが当コースでは宿泊ホテル内での夕食をメインに取り入れております。そのため、ご夕食後は、そのままお部屋に戻ってお休みいただけます!

このページの先頭へ

3日目 国内線にてアグラへ、到着後アグラ市内観光へご案内

5:30

ホテル出発

6:00〜7:30

ボートに乗り
朝日に染まるガンジス河で沐浴見学

朝日を浴びながら神に祈りを捧げる…信仰とは?生命とは、生きるとは何か…神秘的な感慨深い光景です。

イメージ
(イメージ)
8:00

ホテルに戻り、朝食

12:30

ベナレス空港出発

14:00

アグラ空港到着

アグラ空港到着後、日本語ガイドと合流し観光スタートです。昼食はお弁当をご用意しておりますので、お好きなお時間に各自お召し上がりください。

15:00〜18:00

アグラ市内観光スタート!

このツアーのハイライトであるタージ・マハルはまるで真珠のように美しく輝いていました☆そしてヤムナ川を挟んでタージ・マハルの対岸に位置するアグラ城も迫力満点でインドに来た!と改めて実感しました。しかし、14年しか続かなかった都、その理由は暑さや水不足と言われていますが、やっぱり暑い!水分をとりながらゆっくり観光しました。

※途中、大理石店にてお買い物もしました。

イメージ
アグラ城(イメージ)

  • イメージ
    タージ・マハル(イメージ)
  • イメージ
    タージ・マハル内部(イメージ)
  • イメージ
    タージ・マハル内部(イメージ)

タージ・マハルの中心で愛を叫ぶ

皇帝が亡き妻に永遠の愛を誓ったロマンティックな世界遺産タージ・マハル。
かの有名なタージ・マハルにこんな伝説があるのをご存知でしょうか。
後に皇帝になるシャー・ジャハーンは15歳の時に、3つ年下のムムターズ・マハルに、出会い恋に落ちました。皇帝でありながらシャー・ジャハーンはハーレムも第二婦人もなく、妻の死後も再婚することなく想いを貫いたのです。そして妻の墓として美しいタージ・マハルを築き、その愛を封じこめました。
なんともロマンティックですね。長い間寄り添ったお二人で、愛の世界遺産を訪れてみてはいかがでしょうか。

イメージ

18:30

ホテル到着

19:30

ホテルにて夕食

このページの先頭へ

4日目 アグラからピンクシティと呼ばれるジャイプールへ

8:00

ホテル出発

8:30〜8:45

ヤムナ川対岸より
朝の【世界遺産】タージマハル鑑賞

昨日とはまた違ったタージ・マハルを見ることができ、とても感動しました。

イメージ
(イメージ)
9:00

砂漠の州ラジャスターンの州都、
別名ピンクシティとも呼ばれるジャイプールへ

11:00〜12:00

レストランにて昼食

インド料理をお召し上がりいただきました。

イメージ
(イメージ)
12:30〜13:00

途中、【世界遺産】ファテープル・シクリへ
立ち寄り

16世紀頃にムガール帝国第三代皇帝アクバルが築いた都城であるファテ−プル・シクリ。要塞、大門、宮廷などが、完全な状態で今もなお残っておりとても感動しました。

イメージ
(イメージ)
16:00〜16:30

神秘的なアバネリの階段井戸へもご案内

8〜9世紀の間にたてられたといわれるこの階段井戸は、1,000年以上も前から村に住む人々に恵みを与えてきました。深さ30メートル、地下11階建て、3,500段もの階段でつくりだされる幾何学模様にとても圧倒され、感動しました。

イメージ
(イメージ)
18:45

ホテル到着

19:30

ホテルにて夕食

このページの先頭へ

5日目 ジャイプール市内観光へ

8:30

ホテル出発

8:45〜

ジャイプール市内観光スタート!

【世界遺産】アンベール城→シティパレス→風の宮殿(ハワマハール)→【世界遺産】ジャンタルマンタル天文台を見学しました。

  • イメージ
    アンベール城(イメージ)
  • イメージ
    シティパレス(イメージ)
  • イメージ
    風の宮殿(イメージ)
  • イメージ
    ジャンタルマンタル天文台
    (イメージ)

※途中、サダルバザールにて現地の方が実際に利用している市場を見学しました。
※宝石店とインド更紗店へも行きました。特に女性の方はお気に入りのアクセサリーやインドの民族衣装サリーを見つけておられました。

イメージ
(イメージ)

11:45〜13:00

途中、レストランにて昼食

インド風イタリアンをお召し上がりいただきました。いつもと一味違ったインドでだからこそ食べれるイタリアン、ぜひ現地にいって試してみてください♪

17:00

ホテル到着

19:00

ホテルにて夕食

このページの先頭へ

6日目 夜出発なので最終日もたっぷり観光へご案内!

7:00

ホテル出発、首都デリーへ戻ります

12:00〜

デリー市内観光スタート!

【世界遺産】クトゥブ・ミナール→インド門→【世界遺産】フマユーン廟→【世界遺産】レッドフォートへご案内。
※民芸品店と紅茶店にもご案内させていただきます。帰国ギリギリまでインドのお土産を買うことができました。

  • イメージ
    クトゥブミナール(イメージ)
  • イメージ
    インド門(イメージ)
  • イメージ
    フマユーン廟(イメージ)
  • イメージ
    レッドフォート(イメージ)
13:45〜14:45

途中、レストランにて昼食

日本の方のお口にもぴったり!水炊きをお召し上がりいただきました。

18:00

デリー空港到着

添乗員の案内のもと航空会社のチェックインカウンターへ。夕食は機内食となります。空港にてゆっくりお過ごしください。

21:45

空路、直行便にて成田へ

・機内食2回
・所要時間約8時間

このページの先頭へ

7日目 成田空港到着

8:00

成田空港到着

無事成田空港到着!ターンテーブルで荷物を受け取った後は解散となります!大変お疲れ様でした!インドでの思い出と共にお気をつけてご自宅までお帰りください!またお会いできるのを楽しみにしております!

イメージ

このページの先頭へ

インドツアーにご参加頂いたお客様の声を集めてみました!

50〜60代の方が多く参加されると聞いておりましたが、友人と女子2人でとても楽しく観光できました!他のお客様とも仲良くなれ、楽しい1週間でした!(20代女性)現地ガイドの説明がとても上手でわかりやすかったです!添乗員さんの行き届いた心配りでとても楽しく旅行ができました!ぜひまたクラブツーリズムで海外に行きたいです。ありがとうございました。(60代女性)ガンジス河の沐浴は想像と違っていましたが、現地の方が実際に洗顔をしているところが見れてよかったです!(60代女性)ベナレスに行くコースということで申し込みましたが実際に人ごみの中を歩いていくことでインドの一面をみることができました。(40代女性)ガンジス河を朝と夕2回見れたのはとてもよく満足です。また楽しみにしていたタージマハルも観光できて、この旅行を選んでよかったです。(50代男性)いろいろなカレーが楽しめてとてもよかったです。何度も海外旅行には行っていますが、添乗員さんがいてくれたことでより素晴らしい旅行になりました。またぜひ行きたいと思います。(60代女性)インドということで土地柄や治安の面で不安がありましたが、皆様のおかげでとても楽しく旅行ができました。ありがとうございました。(50代女性)短い日程の中で世界遺産を網羅しておりよかったです。国内線利用があることで、移動時間も短くなり快適でした。また、夕食はホテルでのビュッフェが中心でよかったです。(40代男性)

コース番号「13017・13018」のご予約・詳細はこちら

インド旅行・ツアー・観光の同行日誌(北インドを巡るコース)なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。世界遺産タージ・マハル、ムンバイ、デリーなどの観光地や、おすすめのインドツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

▲インド旅行・ツアー 同行日誌(北インドを巡るコース)の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員